カテゴリー「ピアノレッスン」の162件の記事

2017-03-23

ピアノレッスン No.141『自信を持って(サウンド・オブ・ミュージックより)』

サウンド・オブ・ミュージックの全曲シリーズ第4曲目
トラップ家へ家庭教師として赴任するよう言われて、不安でいっぱいのまま出かけるマリア。しかし、不安は捨ててこれからのことだけ考えよう、自信を持って向かおう、と気持ちを奮い立たせます。

使用楽譜:「ピアノソロ サウンド・オブ・ミュージック」(ヤマハミュージックメディア)

| | コメント (0)

2017-03-15

ピアノレッスン No.140『マリア(サウンド・オブ・ミュージックより)』

サウンド・オブ・ミュージックの全曲シリーズ第3曲目
礼拝が始まった修道院ではマリアの姿が見えないことについてシスターたちが困ったものだと言い合っています。この曲は劇中に何回か姿を変えて使われていますが、大佐との結婚式の場面で、オルガンの前奏に続いて高らかに歌われる曲が、この礼拝時に歌われる部分と対比してとても胸に迫ります。

使用楽譜:「ピアノソロ サウンド・オブ・ミュージック」(ヤマハミュージックメディア)

| | コメント (0)

ピアノレッスン No.139『朝の賛美歌~ハレルヤ(サウンド・オブ・ミュージックより)』

サウンド・オブ・ミュージックの全曲シリーズ第2曲目です。
映画のオープニングでマリアが高原を満喫している間に、修道院では朝の礼拝が始まります。そのときの音楽で、聖歌~賛美歌~ハレルヤと続きます。

使用楽譜:「ピアノソロ サウンド・オブ・ミュージック」(ヤマハミュージックメディア)

| | コメント (0)

2017-02-07

ピアノレッスン No.138『サウンド・オブ・ミュージック』

10年前にピアノを初めて1年目くらいで、サウンド・オブ・ミュージックの全12曲を練習したのですが、生活環境も変わり、レッスンの先生も替わって、あらためてこの曲集をやってみたくなりました。今年はこの全12曲を再度弾いてみたいと思います。
まずはタイトル曲「サウンド・オブ・ミュージック」。映画の冒頭でアルプスの山々の空撮からズームインしていき、ジュディー・アンドリュース演じるマリアの姿が映し出される印象的なシーンを思い浮かべます。

使用楽譜:「ピアノソロ サウンド・オブ・ミュージック」(ヤマハミュージックメディア)

| | コメント (0)

2016-12-29

ピアノレッスン No.137『モリタート』

新居での初録画曲です。

たまにはリズミックな曲も、ということで、クルト・ワイルが作曲した三文オペラから「モリタート」を弾きました。スタンダートナンバーとしては「マック・ザ・ナイフ」という曲名の方が有名です。

使用楽譜:「やさしく弾けるスタンダード・ジャズピアノ・ソロ・アルバム」(kmp)

| | コメント (0)

2016-12-01

ピアノレッスンNo.136『ホワイトクリスマス』

12月ということでクリスマス曲を1曲。
曲は繰り返していますが、2回目は電子ピアノの音色を「モーニング・ライト」っていうのに替えています。クリスマスのベルっぽいので遊んでみました。

使用楽譜:『おしゃれに弾くソロ・ピアノ スムース・ジャズ・クリスマス』(中央アート出版)

| | コメント (0)

ピアノレッスンNo.135『ムーンリバー』

映画音楽のシンプルアレンジ版です。
「ティファニーで朝食を」という題名は知っていましたが、そのシーンは見たことがありませんでした。ショーウインドウの前で立ち食いだったんですね。

レッスンでは、重音の下降部分を流れるように弾くことにずいぶんと指導をしていただきました。

使用楽譜:「やさしく弾けるピアノソロ オールディーズ スクリーン名曲集」(kmp)

| | コメント (0)

2016-10-22

ピアノレッスンNo.134 『ザ・マン・アイ・ラブ』

今月からまた先生について月に2回のレッスンを受け始めた。一人で練習するのと違い、練習にも緊張感が生まれ、張りが出てくる。先生はクラシックの方なので、またクラシックよりの曲が増えるかもしれない。

最初にレッスンを受けているのがガーシュインの『ザ・マン・アイ・ラブ』(私の彼)だ。3連符が特徴的な曲。

使用楽譜:「やさしく弾けるスタンダード・ジャズピアノ・ソロ・アルバム」(kmp)

| | コメント (0)

2016-09-21

ピアノレッスンNo.133『ブラジルの水彩画』

今夏話題になったブラジルにちなんでの曲です。原題は"AQUARELA DO BRASIL"で直訳すると「ブラジルの水彩画」なのですが、一般的には単に「BRAZIL(ブラジル)」として呼ばれることの方が多いかもしれません。
原曲は特徴的なサンバのリズムで演奏されますが、ここでの宮崎さんのアレンジは同じブラジルでもショーロ風のリズムに仕上げてあり、これもまた趣があると思います。

使用楽譜:ラテンミュージック・ピアノ・コレクション 宮崎幸夫編曲(ドレミ出版)

| | コメント (2)

2016-08-11

ピアノレッスンNo.132 『サマーサンバ』

夏らしい暑さになってきましたね。ここに照準を合わせたこの曲を練習しました。ボサノバ第3弾です。

使用楽譜:ラテンミュージック・ピアノ・コレクション 宮崎幸夫編曲(ドレミ出版)

| | コメント (2)

より以前の記事一覧