カテゴリー「自分を磨く」の12件の記事

2016-10-21

大切にしたいこと~私の価値観~

自分の生き方に大きな影響を与えてくれた本としては『7つの習慣』があるが、今年、それに匹敵するくらいインパクトの大きかった本があった。『TQ』(心の安らぎを得る究極のタイムマネジメント)という本だ。読後感想については改めて書いてみたいと思っている。

その本を読んでから実践していることに、毎朝30分かけて行う行動計画作成がある。

Image1

この写真が今朝書いたプラン表の先頭部分だ。

大きく3つのブロックに分かれていて、
1.私の価値観
2.私の目標
3.そのために今日行うこと
となっている。

「私の価値観」は人生を生きていく上で大切にしようと考えているものだ。7つの習慣で言うところの「人生のミッション」に相当する。企業も「我が社の理念」というようなものを掲げていることが多いが、自分が毎日生活する上での指針と考えれば良い。
それに基づいてもう一段具体的に落としたものが「私の目標」であり、それを実現するためにすぐに行動すべきことが「そのために今日行うこと」となる。

プラン表の詳細についてはいずれ詳しく書きたいと思っているが、私の場合はこれを毎朝30分かけてA4一枚にすべて手書きしている。価値観や目標を決めることはあると思うが、毎日の仕事などに追われてつい忘れ去ってしまいがちだ。毎朝手書きすることによって、
頭に心に体に常にリフレッシュされていく。また内容について毎日考える機会があるので、見直しや追加など日々進化していくことになる。

この中で「私の価値観」は最も大切なもの。

1.貢献できる人生
2.人を理解し、愛し、感謝する
3.妻と幸せに暮らす
4.健康に長生きする
5.自分の楽しみを味わう
6.お金に縛られない
7.良い習慣を身につける
8.思考と言動と行動が一致する

いわば、自分の憲法のようなものだ。

今後、これらのひとうひとつについて、自分の確認もできるので、書いてゆきたいと思う。

| | コメント (0)

2016-06-01

ミッションステートメント

「7つの習慣」を以前読んでいた時に、その演習を行う書籍も合わせて読んでいました。演習結果は記録してあるのですが、今日それを眺めてみました。

Book

当時、朝の通勤電車30分間は必ず座れていたので、毎日毎日この演習をしていたのを覚えています。演習のアウトプットは携帯(ガラケー)で自分あてにメールして、夜自宅でエバーノートに保存していました。

その中から、自己ミッションステートメントを作る、という項目で、自身のミッションステートメント、(つまり人生の自分の使命)を考えるところのアウトプットに非常に関心したので載せてみます。3つあります。

---------------------------------------------------
■みんなの役に立ちたい。
自分が誰かの役に立てればそれに勝る喜びはない。自分ができることで最大限の行動を行い、喜びの毎日を送っていきたい。

■人を理解し愛したい。
自分がここまで生きてこれたのは、父や母、友達、職場の人たちから理解され愛されてきたからだと思う。自分も人を愛していきたい。人の話をよく聞き相手を理解する。

■自分の楽しみを味わいたい。
音楽を聴く、ピアノを弾く、プログラミングを楽しむ、旅行、街散歩、読書、テレビドラマ、映画、やってみたいこと、楽しみたいことは尽きない。
---------------------------------------------------

なんて立派なミッションなんでしょう(笑)

定年を迎え年金生活に入り、今後は新潟の故郷で、社会に参加しつつ、楽しみながら人生を過ごしたいと思っている今。4年前に立てたこのミッションステートメント、そっくそのまま使おうと思います。

2番めの「人を理解し愛したい」っていうのは最近読んだ「嫌われる勇気」「幸せになる勇気」のアドラーの教えそのものでびっくりしました。

| | コメント (0)

2010-11-16

音楽検定終了

以前書いたように音楽検定なるものを申し込んでいましたが、先週末14日が検定日。受けてきました。

私の受験会場は有楽町交通会館にある山野楽器ミュージックスクールの一室。以前ここでウクレレを習っていたことがあって久しぶりでした。

会場に集まったのは10時からの5級受験者が約20人。ほとんどが若い人です。というか小学生も何人か。
会場前方の両側には大きなスピーカーが設置されていて、そこから問題の音楽が流されます。問題の3分の2は音楽を聴いて答える形なので、試験を受けているという雰囲気でなく、楽しい感じ。もちろん緊張感があるのであっという間に時間が過ぎていきました。

次、4級は部屋いっぱいの受験者、およそ30数名でしょうか。
午後から3級洋楽。こちらも20数名と多めでした。年齢はやはり高くなっています。私と同年代と思われる男性もいてちょっと安心。

参考まで、3級の問題のうち問題文を読んで解答する1ページを載せます(いいのかな?)。

101116_onken01

まあ、こんな雰囲気の問題なので受験というよりもリクリエーションっていう感じで過ごすことができて充実した休日でしたよ。

今日、解答がサイトに載っていたので自己採点してみました。
5級、50問中49問正解。
4級、55問中54問正解。
3級、60問中54問正解。

合格ラインは7割と言われていますので、たぶん大丈夫でしょうか。
間違った問題ですが、著作権に関するもの、8ビートやシャッフルなどリズムパターンを聴き取るもの、邦楽楽器に関するもの、そして聴音(楽譜選択)でした。来年は2級に挑戦したいので、このあたりを中心に強化しておかねば。

| | コメント (0)

2010-09-10

音検3級(洋楽)過去問やってみました

「音検受験の手引き3級」に載っている昨年の出題問題をやってみました。全部で60問を60分で解答します。そのうち39問がCDの音声を聞いて答える問題。残りが問題文に解答する形です。

で、結果ですが60問中50問正解。なんと10問も間違ってしまいました。一応合格ラインは7割(42問以上正解)なので合格はするかもしれませんがちょっとがっかり。

間違ってた問題はこんなやつです。(音は出せないので雰囲気だけ)

■音楽を聴いて曲の時代・様式・ジャンルを選ぶ

・ア.新内 イ.長唄 ウ.小唄
(当てずっぽうでアと答えたけどイだった)

・ア.江戸時代 イ.明治時代 ウ.大正~昭和前期
(箏曲が流れて宮城道雄と思いウと答えたけどアが正解)

■音楽を聴いて楽器編成をイラストから選ぶ
(ピアノ三重奏だったのをピアノ五重奏と答えてしまった)

■音楽を聴いて当てはまる楽譜を選ぶ
(ドボルザークの交響曲8番4楽章の主題だったけど、各楽譜間で微妙に音程がずらしてある箇所がある)

■音楽を聴いて楽譜中の空欄小節に当てはまる楽譜を選ぶ
(ベートーベンのバイオリンソナタ「スプリング」のバイオリンがアルペジオを弾くところのアルペジオの音程が楽譜間でずらしてある)

■音楽を聴いてコード進行を選ぶ
(Ⅰ→ⅣとⅠ→Ⅵmを間違えた)

■音楽を聴いてリズムパターンを選ぶ
(8ビートと答えるところを16ビートと答えた。テンポが速いのにだまされた。)

■コードネームの楽譜を選ぶ
(F#m7-5とE♭M7を間違えた。単なる凡ミス)
↓こんなイメージ
Image

■楽譜を長6度低く移調した楽譜を選ぶ
(長6度高くした楽譜を選んでしまった。凡ミス)

■この楽譜はホ短調から始まっているが何調に転調しているか選ぶ
(バッハのインヴェンションだった。ト長調のところをニ長調と答えた)

やはり邦楽系は弱い。いろいろ音源を聴いて慣れておかなきゃ。
聞き取りでは終止形の種類を答えるのが不安。
あと、凡ミス撲滅!

| | コメント (0)

2010-09-04

音楽検定受けようと思います

音楽検定っていうのがあって、音楽の包括的な知識を検定してくれる試験があるようです。

・音楽検定
http://on-ken.jp/

物好きな私は受けることにしました。一番易しい5級から専門家を対象とした1級まであるのですが、この秋の試験で5級、4級、3級を同時に受験することにします。それぞれ時間が重ならないように配分されているので同時受験が可能なんです。

この検定に受かったからといって得することは・・・ないかな。単なる自己満足のような気もします。あえていえばmixi日記やブログのネタができることぐらいか(笑)
だけど物好きな私は受けたいんですね。mixiアプリでいろいろな検定がありますけど、あれの公版みたいな雰囲気でしょう。

とりあえず今年は3級合格を目指してるんですが、3級だけ受ければいいようなものをなんで5級から3級まで同時に受けるのかというとこれこそ自己満足の世界ですね。一応全部つばをつけて「受かってるぞ」みたいな満足感を得たいだけのような気がします。

一応テキストのようなものがあって入手しました。

Image

昨年の問題が載っているのですが、前半はCDの演奏を聴きながら答える問題、後半は知識や楽典を答える問題。3級は全60問を60分で解答。7割の正解で合格です。割とゆるいですよねラインが。

対象は以下のようになっています。
・5級:楽器等が演奏できなくても、音楽を聴くことが好きな方
・4級:簡単な楽譜が読めて、楽器や歌の経験が多少ある方
・3級:幅広い音楽力の向上、基礎的な音楽の指導を目指す方
・2級:より幅広い音楽力を求める方、生涯音楽学習を含めた音楽の指導者を目指す方
・1級:幅広い音楽知識・技能を基に、高度な音楽力・指導力の獲得を目指す方

今年は3級、来年は2級を合格したいな。

| | コメント (2)

2007-07-27

食の検定「食農3級」合格

食の検定「食農三級」の合格証が届いた。

20070727shoku01

今年の春から準備をしていたこの資格。

http://guiter.cocolog-nifty.com/bare/2007/06/post_5dff.html
http://guiter.cocolog-nifty.com/bare/2007/05/post_9a43.html

四択問題が100問出題され、80問以上正解で合格というものだった。合格通知には成績表も添付されていて私は87点だった。

なお、受験者数は2,521人で合格率84%ということだった。受かってあたりまえかぁ。

栄養の話や農業生産の話など、今回の勉強でいろいろと知ることができたことは良かったと思う。

| | コメント (4)

2007-06-17

食の検定「食農3級」受験

以前書いたように
http://guiter.cocolog-nifty.com/bare/2007/05/post_9a43.html
食の検定「食農三級」の受験勉強をしていたのだが、今日が試験日だった。

Shokuken01

会場は世田谷の東京農業大学キャンパス。かなりの数の教室を使用していたようなので、受験者数は2~3千人に上ったのではないだろうか。もちろん全国何カ所かで試験が行われているので全国ではもっと大勢の人たちが受験していると思う。

Shokuken02

試験は四択式の問題が100問出て80問以上正解で合格という非常に明快な基準だ。しかも出題は標準テキストの中からのみ出題されるということだから、受験する側にとって見たらこれ以上勉強しやすいものはない。

今回の食農三級は今年が初めてなのでいわゆる過去問はない。なのでテキストからポイントとなるところを自分で抽出して想定問題集を作った。それを妻と出題し合って今日に備えてきた。

結果は、かなり難しい問題も出たのでなんとも言えないが、手応えは感じた。ちなみに問題は持ち帰り不可なので正確な自己採点はできない。

Shokuken03

試験が終了して、お昼を食べていなかったので農大の向かい側にあるロイヤルホストに入った。メニューをめくっていたら「東京農業大学コラボメニュー かむかむ30」というのがあった。玄米御飯に鳥、豆腐、たけのこ、根菜スープという健康メニューだ。これと小ジョッキでおなかをうるおした後、馬事公苑でポニーを見て用賀駅に向かった。

| | コメント (0)

2007-05-10

食の検定「食農3級」

Shokuken

 「食の検定協会」っていうところが行う食農3級検定が6月に実施される。受けてみようと思う。

「食育基本法」っていう法律があるけど、これに則った食育の一環として行われる検定だ。食農3級というのは、日本の食と農に関する知識と、食を上手に選び消費する知識を問う内容となっている。

 この協会がテキストも出していて、検定は4択問題100問で構成され、このテキストから9割出題されるという。残り1割は受験する地域の農産物に関する問題が出る。8割正解で合格。

 このテキストに書いてある内容は食事と農産物に関する基本的なことがやさしく書いてあるので教養書としてもおもしろい。試験まであと1ヶ月あるのでこの本を50回くらい繰り返し読めば大丈夫かな。

| | コメント (0)

2004-07-04

仕事の優先順位

 会社で仕事をやっていて、いくつもやらなければならないことがたまってくることがある。そんな時にはもちろん優先順位の高いものから片付けていくのだが、この「優先順位が高い」というのをどのように判断するかが問題だと思う。

 重要なこと? はやく結果をださなければいけないこと? いろいろな考え方があると思うが、私は『全体の仕事がうまく回っていくためにやるべきこと』と複合的に考えている。

 それぞれのやるべきことには期限が必ずありそれを守ることは最低条件だが、自分だけの都合でそれらの優先順位を考えても必ずしも全体として仕事がうまく回るとは限らない。自分がはやく解放されたとしても自分の仕事の片付け方が悪かったせいでグループとしての期限が守れなかったりすることは避けなければならないと思う。

 また、違った見方として、こまごまとしたToDoが気になって本来やらなければならない自分の中心課題が手につかないようではこまるので、とりあえずこまごまとしたものを先に片付けるというような場合もある。

 また、もう一つ違った見方になるが、例えば返事を求められているメールなどには(特にすぐ回答できるようなものは)なるべく迅速に返事を出す。そうすれば相手の仕事もスムーズに進むだろう。自分の都合で返事を遅らせていたのでは、それが原因で全体としての効率性が落ちることなり社会人としては失格だと思う。たとえそれが重要度が低いと思われる依頼事項だとしてもその回答を引き延ばしていても何の得にもならない。そのようなものであればなおさらとりあえず回答しておくというものだ。そうすればそのような雑事から身を開放することができるのだから。そして本当にやるべきことをじっくりと取り掛かれる。

 ちょっと外れるかもしれないが、例えば職場の回覧物があったとする。よく「回覧を早くまわそう」というような職場改善のスローガンなどがあると思うが、これは何の小細工もいらない。各自が「早くまわそう」と思えばそれでいい。自分が見終わったら次の人に回すが、隣の人がその日外出で不在だと分かっていてその人の机においておくなんていうのは何にも考えていない証拠だ。どうして在席している人に回さないのだろう。こんなことは少し考えればすぐにわかることだ。でもそれで仕事が回っているのならそんな回覧物なんてもともと必要がないのかもしれないが...

 とにかく仕事における優先度、重要度というのは自分自身の価値・判断だけでなく相手やグループなど全体のことを考慮して効率的に判断するべきだと思っている。

| | コメント (2)

2004-03-13

3時間睡眠は難しいかな

 私は朝型人間になりたいと思っています。

 仕事はみんなが出社する9時までが勝負です。夜、残業するのにくらべて倍くらいの能率が上がるのです。

 それで、それに関する本もいろいろ読むのですが、3時間睡眠の本を最近読みました。入眠を深くすることによって1時間半ごとに繰り返されるノンレム睡眠とレム睡眠の繰り返しの2回目のレム睡眠時に起床してしまおうということです。それを達成するための理論や実践方法などがいろいろと書いてあるのです。

 今週の月曜、たまたま3時半に起きることができました。目が覚めたときに頭が妙にすっきりしていたのです。そのまま布団からでて出社する5時までのあいだに情報処理の参考書を勉強したらびっくりするほど進んだのです。
 これに味を占め、今週は毎日3時半~4時の間に起床してきました。布団に入るのは10時~11時のあいだくらいです。つまり4時間半~5時間という睡眠時間を続けてきたのです。

 ちょっとしんどかったかな。昨日の夜は花粉症で目が痛いのと、眠い目で涙が止まらない状況になってました。
今朝はとうとう6時まで寝てしまって、出遅れちゃいました。
 明日は情報処理の模擬試験だけど、やっぱり3時半に起きよう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧