カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の141件の記事

2020-04-02

インドレストラン「マンダラ」のカレーとバスの旅

世の中はコロナで静まっている3連休の最終日、実は都響のプロムナードコンサートの今年度最終公演の日だったのだが、中止となった。
それで、前から食べてみたかった神保町のカレー名店「マンダラ」に行ってきた。

Img_20200322_114927679_hdr
地下鉄神保町出口、神保町交差点からさくら通りを入るとすぐ左側のビルの地下にある。

Img_20200322_111227253
店内は広めで、コンクリート打ちっぱなしの壁がちょっとおしゃれ。開店間もない時間に入ったらすでに1組の客がいて、食べ終わる頃には8割くらい埋まる感じだった。

Img_20200322_111555186
注文したのはAランチ。タンドリーチキン、シシカバブ、ナン、サフランライスにカレー(ベジタブルにした)とデザート。
タンドリーチキンはよく焼いてあり、スパイスを楽しめる。一緒に注文したグラスビールによく合う。
カレーもやはりスパイスを活かし本格的で正道派という感じ。とてもおいしい。


Hashi68map
マンダラを出て、この日の後半はバス旅を楽しむ。
まずは三田線で内幸町に行き、新橋から出発した橋63系統、小滝橋車庫行に乗り込む。

Img_20200322_121934201_hdr
この路線は新橋のビジネス街から霞が関の官庁街、国会議事堂の真ん前、永田町と、お堅いエリアを前半に走る。

Img_20200322_122346467_hdr
赤坂見附の交差点をUターン。
この後市ヶ谷駅前を通り、新宿の牛込の狭い道を通り抜ける。牛込柳町バス停で乗り換えのため下車。

Shiro61map
乗り換えたのは新宿駅西口を起点として練馬駅まで結ぶ白61系統。目白駅前行く。

Img_20200322_125409835
10分に1本ほど走っている幹線路線だ。

Img_20200322_130522663_hdr
目白通りに入り椿山荘前を通る。この写真はその向かい側の東京カテドラル。

Img_20200322_131127151_hdr
ほどなく目白駅に到着。

昨日、今日と都バスから東京の街を眺める旅を楽しんだ。歩くよりもスピーディーに、なおかつクルマを運転するよりもゆったりと街を見ることができる路線バスの旅も楽しい。

| | コメント (0)

2020-02-17

ホテルオークラ新潟でランチ&ティー

新潟市の萬代橋のふもとにたたずむホテルオークル新潟。そのレストランでランチビュッフェをいただいてきました。

Img_20200217_113941579
ビュッフェというと多く取りがちなので控えたつもりだったのですが、やはりおなか一杯に。
しかも、チョコレートスイーツフェアというのもやっていて、何種類かのケーキとコーヒーも2杯いただき、満足。

Img_20200217_130548836_hdr
3Fに上がったところ、萬代橋が見渡せるティールームがあったので、ティータイムをしました。
しばしのお上りさん気分。
天気予報は雨だったけど、ご覧のように青空に映えた萬代橋をみることができました。

| | コメント (0)

2020-01-02

寅さんと素盞雄神社初詣

東京の正月は晴天だ。今頃は見附ではかなり雪が降っている事だろう。

■男はつらいよ お帰り寅さん

昔は正月と言えば必ず「男はつらいよ」を見ていたものだ。
今年の正月はその気分を久しぶりに味わえるということで、上野に出かけてきた。

「男はつらいよ/お帰り寅さん」と題されたこの映画。寅さん一家のその後を描いているのだけど、過去の寅さん映像が4Kリマスタリングされて進行する。

Img_20200102_084633777
現在のストーリーは作家として歩みだした満男と高校生の娘が中心となる。「え!あの満男が作家?」とびっくりしたけど、失敗の連続続き、そのたびに寅さんに人生を教えられてきたからこそなのかもしれないと、見ているうちになっとくした。それにしても娘はとてもいい子に育った。診ていて気持ちが良い。

Img_20200102_084711407
それにしても、相変わらず山田洋次の世界は、観ていて涙がじんわりと出てくる。
後藤久美子も久しぶりに見た。
20200102_163837

ラストで娘が父親の満男に「おかえりなさい」と一言いうのがいじらしかった。


この映画は寅さんシリーズ第一作の50周年ということらしいが、可能な限りこの世界を作り続けていってもらいたい。

■素盞雄(スサノオ)神社

Img_20200102_130750954_hdr
上野から日比谷線で南千住へ。10分ほど歩いて日光街道に突き当たると、向かい側に素盞雄神社が見えてくる。

Img_20200102_130802714_hdr
古事記や日本書紀でおなじみのスサノオが由緒とのこと。こんなダイレクトな名前の神社があるとは初めて知ったけど、いとこの親戚にあたるという話を聞き、訪れてみた。

Img_20200102_130903789
なかなかにぎわっていた。荒川区内随一の氏子区域を持つ神社とのことだ。

Img_20200102_131218064_hdr
竜の手水舎

Img_20200102_131502643_hdr
ここまで無事に生きてこれてどうもありがとうございます。

Img_20200102_131837191_hdr
神楽殿では相撲甚句が披露され気分を盛り上げていた。

Img_20200102_132502229_hdr
富士塚 浅間神社

今年も目標に向かって一歩一歩進んでいこう。

| | コメント (0)

2019-12-31

2019年大晦日、スターウォーズとジルベスターコンサート

2019年最後の日、映画とコンサートの一日を過ごした。

■スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

午前中はスターウォーズ最新作。

Img_20191231_091946066
錦糸町オリナスの4階にあるTOHOシネマズ錦糸町オリナス

Img_20191231_092350841
映画も60を過ぎるとシニア料金を利用して、気軽に見に行くことができる。

Img_20191231_092412435
スターウォーズシリーズ完結編という位置づけのこの作品、力が入っているという感じ。戦闘シーン、飛行シーン、回想シーンなど、息もつかせずに次々と繰り広げられる。
そして結末は清々しい。

20191231_210046


私は音楽を堪能した。こんなにオーケストラの迫力を堪能できるとは映画館は大したものだと思う。
スターウォーズの名曲てんこ盛りの2時間だった。ある意味オーケストラのライブコンサート以上の迫力だった。

■COFFEE HOUSE DeliCup

Img_20191231_124633376_hdr
映画を観終わり、錦糸公園を横切ると公園の向かいに重厚な感じの喫茶店があった。
おしぼり、アンティークなテーブルとイス、クラシックのBGMと、「喫茶店」条件満点の店だ。

Img_20191231_125839686
ランチセットのナポリタンをいただいた。

Img_20191231_130944847
ホットコーヒーはすごすすっきりとした飲みやすいコーヒーだった。温度も熱かったのでサイホンで淹れているのだと思う。
自分用にもサイホン用具を揃えたくなってきた。

Img_20191231_125441465
話は少し戻るけど、三田線を水道橋で総武線に乗り換え錦糸町までいったのだけど、錦糸町のホームに小さな自動販売機を見つけた。なんとガチャの自動販売機版のようなもので、そこにコップのフチ子さんもあったので思わず買ってしまった。1個200円という値段もあり、妄想チューというのと盆脳というのも買った。ガチャと同じでどれが出てくるかわからない。
で出てきたフチ子さんが上の写真。喫茶店のコップに腰掛けさせてみた。なかなかかわいらしい☺

Img_20191231_181947682
自宅に帰って広げた3種類。なかなかいい買い物をした(笑)

■コンチェルタンテ・スーパー 超!ジルベスター・コンサート

Img_20191231_141117314_hdr
錦糸町駅から東武ホテル方面へデッキを上がるとスカイツリーがよく見える。
ホテルの隣がすみだトリフォニーホールだ。

Image001_20191231204401
実は本当はテレビで有名な東急ジルベスターコンサートに行こうと計画していた。しかし、事前の抽選に外れ、12月1日の一般発売に10時ちょうどに申し込んだら即時完売状態。チケットの転売サイトでは2倍3倍の値段で取引されていた。行く気が失せる。
その代わりと言っては失礼なのだけど、いろいろ探したところ、こちらの新日フィルのジルベスターコンサートが楽しそうだったので購入した。

Image003_20191231204401
宮川彬良さんがプロデュースし、自ら編曲・指揮を行う。
第1部が往年の映画音楽から始まる。「風と共に去りぬ」「荒野の七人」「シェルブールの雨傘」。もうたまらない。シンフォニックポップス大好きな私としてはこんな贅沢なプログラムはない。新日フィルの演奏はホルンをかなりフィーチャーして聴かせる。特に「荒野の七人」はシンフォニックここに極まれるという感じ。

Img_20191231_142243331
次に「昭和ロマン」ということで「なごり雪」。さらにメロディーの出だしがそっくりというつながりで「いとしのエリー」などが続いた。
その後、立友会合唱団が加わり「明日にかける橋」。盛り上がる。

Img_20191231_142400509
第2部が「パトロネージュの歌」という変わった曲のあと、第3部は宇宙戦艦ヤマトがらみの曲となる。
最後にオリンピックがらみということでスポーツにちなんだ「チャンピョン」「ロッキーのテーマ」。

Img_20191231_171003945
アンコールで「若いってすばらしい」「マツケンサンバⅡ」。
実は「若いってすばらしい」がとても良かった。今日はこの曲を聴いただけで出かけてきたかいがあったと思った。
ぜひ自分でもピアノで弾いてみたい。

最後、素敵なコンサートで締めくくれた2019年だった。



| | コメント (0)

2019-12-11

今年うれしかったこと、お世話になった方々2019

今年もあと3週間で終わろうとしています。64歳として過ごした今年一年間を振り返り、うれしかったこと、お世話になった方々を思い出しました。

■「いまさら聞けないパソコン、スマホ、タブレット」セミナーを毎月開催できた。
 ・毎月10名以上の方が聴きに来てくれた。
 ・Sさん、Sさん、Uさん、Mさんが毎回お手伝いに来てくれた、どうもありがとう。
 ・見附市役所まちづくり課のOさん、Sさんがバックアップしてくれた。
 ・一年間に渡って毎月きちんと内容を企画して継続できた。
■「スマホと友達になろう」セミナーを開催できた。
 ・4回に渡って17名の方が参加してくれた。喜んでいただけたと思う。ありがとう。
 ・ふぁみりあのYさん、Oさんを始めとして皆さんバックアップしてくれた。ありがとう。
■「ホームページ作成講座」を開催できた。
 ・企画してくれたNさん、ありがとう。
 ・丸一日の講座を実行し終えた。
■Uさんのホームページ作成をお手伝いで来た。
 ・自分自身もWordPressを覚えることができた。
■アルカディア合唱団のホームページを作成できた。
 ・日記の更新など、活動のバックアップができた。
 ・担当のOさん、情熱をもって合唱団のことを伝えてくれてありがとう。
■川瀬のり子ギター教室のホームページ作成を継続できた。
 ・ギターと大正琴の発表会の内容掲載を軸に、運営のお手伝いをできた。
■たくさんの方々のパソコン、スマホのお手伝いができた。
 ・ご近所のNさん、Mさん、Uさん、パソコンコミュニティのUさん、Sさん、「いまさら」参加者のHさん、Sさん、古代史のSさん、Tさんなど多くの方のお手伝いができた。頼ってくださってありがとうございました。
■毎月のように東京往復ができた。
 ・東京往復を軽自動車で下道で行く。早朝出発して午前中の早い時間に到着するというパターンを確立した。
■イシキカイカク大学を受けることができた(3期、4期)
 ・さまざまな講師の方々の刺激的なお話を伺えた。
 ・デイリー神谷で毎日話を聞き刺激を受けている。
■ピアノをライフワークとして楽しめている
 ・カワイ音楽教室のS先生、楽しいレッスンをありがとう。
 ・映画音楽シリーズとして19曲を演奏した。
■尾瀬を始めとして山歩きを継続できた
 ・いつも声をかけてくれ、山歩きをプロデュースしてくれているY君、どうもありがとう。
 ・雄国山、雄国沼でニッコウキスゲを堪能した。
 ・初夏の尾瀬沼、三条の滝で身体の過信は禁物と教わった。
 ・秋の尾瀬ヶ原
■県内ロングウォークに挑戦した
 ・やはり街歩きは楽しい。
 ・見附市周遊30km
 ・見附→新潟50km
■古代史が大きな柱として出来上がってきた
 ・古代史講座の連続参加ができた。関根先生にお世話になった。
 ・同好会の立ち上げに協力で来た。ホームページを作成した。
■お互い単身赴任状態のカミさんと毎晩通信できた
 ・基本、毎晩会話したっていうのは結構すごいと思う。カミさんにに感謝。
■高校吹奏楽部時代の仲間
 ・なんだかんだで付き合いを継続してもらっている。40年間続くってすごいと思う。ありがとう。
■大学の仲間
 ・こちらも40年近くを経て、毎年集まっている。
 ・今年はスカイツリーと上野でのお食事。楽しかった。
■さまざまなコンサート
 ・都響プロムナードコンサートは定期会員としてずっと聴いている。
 ・ヴィラ=ロボスギター作品全曲演奏会
 ・日下紗矢子バイオリン
 ・ドゥダメル、ロサンゼルスフィル演奏会
 ・山田和樹・アンセムプロジェクト
 ・大澤美穂ピアノリサイタル
 ・N響名曲コンサート(幻想交響曲)
 ・舘野泉コンサート
 ・船橋洋介 音楽を語る
 ・アマチュアジャズフェスティバルin見附
 ・アルカディア音楽祭
 ・見附市吹奏楽団
■VBAエキスパート合格
 ・昨年から挑戦してきたMOS資格の取得のしめくくりとしてエクセルVBAの資格を合格した。
■3本の映画との出会い
 ・いずれも素敵な映画だった。
 ・グリーンブック
 ・蜜蜂と遠雷
 ・マチネの終わりに
■2回の温泉旅行
 ・風呂ギライの私が楽しみにしている温泉旅行。今年も2回楽しんだ。
 ・上信越ドライブと赤倉観光ホテル
 ・伊豆ドライブ
以上、さまざまな出来事、人々とのつながりで充実した1年を過ごすことができました。
あらためまして、どうもありがとうございました。

| | コメント (0)

2019-10-31

我が家にも秋が来ました

玄関前のハナミズキが赤くなりました。
Img_20191025_160958913effects
早いものですね。ついこのあいだまで「暑い暑い」って言ってたのに・・・

| | コメント (0)

2019-09-05

今年もサギソウが咲いた

一昨年いただいたサギソウ。今年も咲きました。

Img_20190905_091819540_hdr

今年は春の植え替えをちょっと手抜きしたので、昨年より数は少ないけど、あいかわらず真っ白な羽をはばたかせてくれました。

Img_20190905_091836611_hdr

| | コメント (0)

2019-01-15

醤油しぼり体験

埼玉県日高市にある弓削多醤油の「醤遊王国」に行ってきた。

都内から川越街道を北上しておよそ1時間半で到着。

Img_1772

思ったよりこじんまりとした施設。
Img_1774
今日の目的は、まずもろみを自分で絞って醤油を作る体験を行うこと。予約していた時間に少し余裕があったので売店を先に見学した。いろいろな種類の醤油が味見できる。それぞれ微妙な違いがわかりやすい。
Img_1775
そして醤油ソフトクリーム! 醤油が入っているとはいえ、当然甘味もあり、キャラメルのようなさっぱりした味わいだった。結構いけると思う。
Img_1777
さて、自分しぼり体験。
Img_1776
通常のしぼり体験と違うのは、自分専用に熟成させたもろみを購入し、それを絞り、絞った醤油を持ち帰ることができるということ。
Img_1779
もろみを布製の袋にあける。
Img_1780
すでにぽたぽた垂れてくる。これを袋ごとマスの下に置く。
その上に木片を重ね、棒を設置する。
Img_1794
こんな感じで棒に体重をかけて押し下げると、マスの中の袋のもろみから汁が出てくる。
Img_1791それを受け取る。その汁というのが醤油だ。
Img_1798
しばらくしたら工場見学の時間なったので、体重をかける代わりに重しをかけて(笑)まかせる。
 
Img_1800
今日は日曜なので工場は稼働していなかったが設備を見ながら説明を受けた。
まず材料は大豆と小麦と塩、麹菌。大豆はみんな認識していると思うけど、同じくらいの量の小麦粉も使うというのは意外だ。小麦は炒って、大豆と一緒に塩水に入れ、麹菌で発酵させる。1年ほど熟成させるともろみが出来上がる。
Img_1804
これが熟成樽。巨大だ。
Img_1806
見学が終わったころには絞り終わり、瓶詰めされていた。正真正銘のしぼりたて無添加醤油だ。
20190115_104410
 
Img_1807
搾りかすもいただいてきた。野菜などを漬け込むとおいしい漬物ができるという。
Img_1809
お昼時になり、軽食コーナーで卵かけご飯をいただく。
Img_1812
まずご飯にしぼりたて醤油をかけてしみ込ませた後、卵をトッピングし、かきまぜる。うまい!
Img_1810
それと焼きおにぎり2種。
大きな醤油工場もいいけれど、小規模なこういう施設の方が醤油に親近感を覚える。またぜひ訪れてみたい。

| | コメント (0)

2019-01-09

初詣 ~水天宮~

正月を見附で過ごした後4日に東京へ。
5日に日本橋人形町の水天宮へお参りに行った。

Img_1757
水天宮は安産の神様として有名だが、数年前に大規模建て替えを行っている。立て替えてから訪れるのは初めてだ。

Img_1756
普段は赤ちゃん連れやおなかの大きな女性が目に付くけど、今日は一般的な神社のように普通の方が多くお参りしていた。
これまで健康に生きてこれたことを感謝してお参り。

Img_1752
近隣のロイヤルパークホテルでお昼をとることにした。

Img_1753
ラウンジのビュッフェでランチ。

その後、8年前に暮らしていた人形町、甘酒横丁界隈の変わったところ変わらないところを確認しながら散策した。

| | コメント (0)

2018-11-16

3度目の国立歴史民俗博物館

去る11月4日、(たぶん)3度目になる国立歴史民俗博物館を訪れた。

所在するのは千葉県佐倉市、成田の手前にあたるところで、板橋からはクルマで下道を通ってちょうど2時間ということろ。環七から水戸街道に入り、松戸からさらに分岐して鎌ケ谷方面に向かう。鎌ケ谷からはほぼ北総鉄道の線路沿いに整備された、途中からはまるで高速道路のような道を辿っていく。

Img_1609
小高い丘陵地帯に歴博はある。

Img_1612
館内は広い。縄文時代から現代までそれぞれのゾーンに分けて展示されているが、現在縄文から古代(奈良時代まで)はリニューアル中ということで、中世(平安から)からの展示となる。

Img_1613
学術的な展示ばかりでなく、生活や一般庶民の民俗にいたるまで展示しているところがよい。

Img_1619
特にジオラマは圧巻だ。

Img_1623
平安京の人々の暮らし。

Img_1627
農家の暮らし。

Img_1634
日本橋界隈。

Img_1639
そして館内のレストランで古代米おむすびセットをいただく。

Img_1641
デザートはクリームみつまめ。

来年3月中旬にリニューアルが完了するそうなので、古代をあらためて見に来たい。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧