カテゴリー「住まい・インテリア」の2件の記事

2017-11-01

冬囲い手順(メモ)

本日、庭の木の冬囲いを業者の方からやっていただいた。初めてということもあり、資材もすべて用意していただき、来年からは自分でできるようにやり方を教わった。

以下はそのメモ。

■必要な資材

・2分縄(取り出すときは内心から時計回りになるように引き出すこと)
・竹(倉庫に保管)
・くい打ち用ハンマー(木製)
・脚立(9尺(2.7m)が望ましい)
・穴あけ用棒
■手順
※縄の縛り方は「男縛り」が作業しやすい。検索すると動画などが見つかる。
各木の枝を縛る。
ヤマモモ、エゴノキ、ハナミズキなど高木

Img_0122

ツツジなど低木
Img_0124

高木は3~4本の竹で囲いを作る
竹は地面に穴をあけてから立て、頭をハンマーで打ち込んで固定する
Img_0127

道路側の低木は横に渡した竹にもたせ掛けるように各木ごとに竹を立てる
Img_0131

完成図
Img_0142

低木完成図
Img_0145

家屋側低木は各木ごとに3本で囲いを作る
Img_0146

車庫側も
Img_0147

中庭のヤマボウシ
Img_0148

■撤去の際

3~4本で作った囲いの竹の組は一番上の縄をほどかずに組としてまとめておくと来年の作業が楽。竹に「やまぼうし、とか、えごのき、とか書いておくとよい。

Image_2

 

| | コメント (0)

2017-04-19

TOTOの水ほうき水栓があまりに使いづらくて・・・

極み庵で暮らしやすい幸せな生活を送っているのですが、ただひとつ残念なところがありました。台所シンクの水栓です。下の写真を見てください。

Image_2
左が水量少なめの状態、右が水量多めの状態です。水が吐き出される方向が大きく異なっているのが分かると思います。
例えばやかんに水をいれるときにはこれから吐水する強さを想定してやかんの口を持っていかなければ確実に水がやかんの口の外側に吐き出されます。結構な心理的負担を強いられます。

Img_8271_2
これはこの水栓の売りの一つ水ほうき水流です。ご覧のようにほうき状のシャワー水流で吐水されます。シンクを洗い流すときに威力を発揮するというのですが・・・
シャワ水流を使うのは圧倒的に洗い物のときですよね。通常の丸い形状のシャワーと細長い形状のシャワーとどちらが洗いやすいかというと、面的に洗い物に水が当たる丸いシャワーに軍配が上がります。さらに、ご覧のように手前に向かってシャワー水が出るので、洗い物をすると自分の体の方に水が跳ねます。シンクの手前の部分が必ず水浸しになるのです。エプロンをしていないと衣服が濡れます。

Img_8274_2
追い打ちをかけるようにこのレバー。右側についていますね。必ず右手で操作しろと強いているのです。右側にやかんを持っていた場合や、包丁を右手で持っていて洗おうと思って水を出したい場合など、いずれも左手に持ち替えてからレバーを操作する必要があります。しかも小さなレバーはコントロールしにくい。おまけに並んでいる浄水器のレバーも横についていて、こちらは前後に回すことによって吐水するのですが、左側の通常の水栓は前後は温度調節で吐水は左右に動かす必要があります。

これはTOTOのシステムキッチンで採用されている水ほうき水栓というものなのですが、デザインの目新しさ以外は何も考えられていない製品だと思います。
TOTOのお店の方にこの形状の利点をお聞きしたらTOTOに問い合わせてくださりました。TOTOの回答としては

1.吐水口が斜め手前に傾いているのは、吐水口を上方に位置させるため。このためにパスタ鍋などの大型の容器に水を貯めるのが楽になる。
2.レバーが右側についているのは、上方に大きく向けた吐水口の構造からこちら側に配置する必要があった。

つまり、パスタ鍋のような大きなものに水を入れるのを使いやすくするためにこのような形状にし、そのために吐水方向も斜めになり、レバーも右側に回さざるを得なかったということらしいです。(お話を伺いながら、「そんなバカな」と思いましたが・・・)
しかも、多くのモニターの意見を参考に設計したということなので、皆さんパスタ鍋に水をためやすいことが最優先されるのかなあ。

Img_8389_2
ついにたまりかねて、工務店さんの協力を得て水栓を交換させてもらいました。同じTOTOの水栓ですが、ご覧のようにわりとオーソドックスな形状です。レバーも大きなものが上部についているので右手でも左手でも自由自在にコントロールできます。

Img_8391_2
吐水も少しだけ傾いていますが、勢いによって方向が大きく変わるなんてばかなことは起こりません。とても安心して吐水できます。洗い物をしても手前が濡れることはまったくなくなりました。

Img_8392_2
ご覧のように吐水部が左右にねじれるようになっているので、簡単なシンク清掃は抜き出さなくてもこれで十分まかなえます。これは結構便利です。
同じTOTOの製品とは思えないですね。システムキッチンにも最初からこれをつけておいてくれればいいのに、と思いました。

吐水口は水ほうき水栓のときより5センチくらい下がりましたがパスタ鍋へ水を入れるのは何も不自由はありません(笑)

水栓ひとつのことなのですが、今まで水を出すたびに感じていたプレッシャーがなくなり、洗い物も楽しく感じられるようになりました。良かった!

(ネット上で探すと水ほうき水栓がいいという意見の方もいらっしゃるので感じ方は人それぞれなんですね。ただ、合理的に考えて何が利点に感じるのか具体的に聞いてみたいです)

| | コメント (0)