カテゴリー「パソコン・インターネット」の70件の記事

2017-05-27

『プログラミング超入門』無事終了

学習人材バンクの自主講座として開催した『プログラミング超入門』
http://guiter.cocolog-nifty.com/bare/2017/04/post-5f3d.html

予定の3回を無事終了した。

受講者は小学6年生の双子の二人と、年配の男性お一人の計3名。

Img_8836

6年生の二人はパソコンやタブレットなどに興味津々で、課題のプログラムを水が染み込むように吸収し、自分たちでさらなる工夫を盛り込む余裕さえあった。小学生恐るべしと感じた。
年配の方はお孫さんが大きくなったら自分でプログラミングを教えたいとのことで申し込まれたとのこと。とても熱心に取り組まれており、3週に渡ってScratchの操作やプログラムの考え方を確実に身につけられていった。

人数は3人ということで定員10名に比べて少なかったが、プログラミングという内容を教えるにあたって一人ひとりの進度を見極めながら講義を進められたのでかえって良かったと感じている。

これをきっかけに、3名ともさらにプログラミングの奥に分け入ってくれるとうれしい。

秋にも同じ内容で開催しようかな。

| | コメント (0)

2017-05-26

TOSHIBA daynabook AZ55/VGSD のSSD換装

現在の使用PCは東芝のノートPC(dynabook AZ55/VGSD)だ。

Img_8848
使い始めて1年になるが、その性能、使い勝手、コストパフォーマンスにとても満足している。
CPU: Core i7-6500U 2.5GHz
Memory: 8GB
Storage:256GB SSD
Disk:Blu-Ray Drive
この性能で10万円そこそこという価格は破格と言っていい。本体もとてもスリムで持ち運ぶのもそれほど苦にならない。

しかし、ただひとつ不満点があった。StorageはSSDなのだが256GBしかない。買い換える前は512GBのSSDを使っていたので、換装すればいいかなとおもっていたのだが、ディスク交換用の蓋がついていなく、狭い容量で1年間我慢していた。(256GBのSDカードを常に指していたのだが、不安定で使いにくかった)

Img_8849
東芝に確認したところ、東芝のメンテナンスサービスで有料で対応してくれるということだった。
しかし、先日ネットを見ていたところ、ひとつ前の機種だが、裏蓋を開いてHDDを交換したという記事を見つけた。写真を確認したところ、筐体は同様な形だったので、AZ55でも分解はできるかなと思い、ネジをすべて外し、裏蓋を外すことに成功。

Img_8850
バッテリーもネジを外して取り外す方式になっている。こういうタイプは初めて見た。

Img_8852
これが裏蓋全体を外したAZ55の内部。右上に2.5インチベイがあるがドライブは装着されていなかった。あれ?SSDはどこにあるのだろうと基板上を確認していくと・・・

Img_8853
左下のところにSAMSUN MZ_NLN5120と書かれた部品がある。そうかこれがM.2(エムドットツー)と言われるSSDデバイスなのか。初めて自分の目で見た。ネットで探したところ、同じシリーズで512GBの中古が1万円ほどで売り出していたので早速注文した。

Img_8855
換装したあとにWindowsを新規インストールする方法も考えたが、ディスクのクローンを作成する形にすることとした。SANWA製のSATA接続USB器を持っていたが、これに台のSATA機器を接続することによりクローンを作成できる機能がついている。ただし、M.2をSATA端子に接続する必要があるため、AMAZONでM.2→SATAアダプターを2個購入した。1枚690円。

Img_8860
このように接続し、コピーボタンを押すと30分ほどでクローンが完了。

Img_8861
AZ55に512GBのSSDを取り付けて電源を入れるとエラー画面となった。たぶん、Windows10のシャットダウンが完全コールドシャットダウンでなく、起動時間を短縮するためにハード状態などを保存しておいたせいかと想像する。再起動で問題なく立ち上がった。

Img_8863
「ディスクの管理」で確認すると、Cドライブ領域の後ろにリカバリ領域があり、その後ろに未使用の256GBの領域ができている。Cドライブ容量を大きくしたかったが、パーティションツールを使う必要があったのと、リカバリ領域を移動させるとメーカ方式のリカバリがうまくいかなくなる可能性があるため、パーティションはこのままにし、Dドライブとして空き領域を使うこととした。

非常に快適だ。

| | コメント (0)

2017-04-21

『プログラミング超入門』 開催!

見附市にUターンして、自分のパソコンスキルで地域に貢献したいという思いを持っていました。ご近所や知り合いの方々に個別サポートをするのは喜んでくださるのでとてもやりがいがあるのですが、もう少し面的に広がりを持った形を模索していました。

昨年、市役所に相談に行ったところ、「学習人材バンク」に登録したらどうかというお話をいただき、早速登録した。しかし、登録したからと行って何かすぐに依頼がくるわけでもなし。
人材バンクでは自主講座というものを企画でき、開催されることになれば、会場手配やら受講生募集やら、広報やらを市役所の方で行ってくれるとのこと。今年の講座募集の案内をいただき、思いついたのがプログラミングの楽しみを普及させたいということでした。

日本古代史ビューア『麻呂』を作ったときの毎日のワクワク感を多くの人にも味わってもらいたいと思ったのです。書店に行きプログラミング関連のコーナーをブラブラ見ていると子供向けの本が何冊かあるのに気が付きました。なんでも2020年から小学校でもプログラミング教育が始まるとのこと。

「これだ」と思いました。それで企画書を書き提出したのが「プログラミング超入門」。
Scratch(スクラッチ)というアプリを使うことにより、ブロックを組み立てることでプログラミングができるのです。これを小学生から年配の方まで、興味のある方どなたにも教えられます。

いよいよ募集が開始されました。これが作っていただいたパンフレット。市内の公共施設などに置いてあります。

Panf

また、本日の折込ではいっていた見附市のミニコミ誌「チャンネルゼロ」にも掲載されていました。

Zero

10名定員なのですが、応募者が少なければ中止もありえるとのこと。たくさんの方が応募してくれるといいなあ。

| | コメント (0)

2017-03-07

古代史ビューア『麻呂』

 昨年から古代日本史の講座を受講しています。見附市の学びの駅ふぁみりあで月2回開催されている連続講座で、もう数年間も続いている息の長い講座です。

 講師の関根先生は長岡市でまちの駅「古事記COM」を主宰されていて、長年個人で研究を行われています。その研究スタイルは、通説にとらわれず徹底的に原典を分析する形です。
 この講座でも日本史講座には珍しくパソコン持ち込みを推奨していて、先生が整備された古事記や日本書紀などの原典をテキストファイルに落としたものをエディタで検索していくことで、ある事実や人物を浮かび上がらせていく手法をとっています。

 昨年末、ひょんなことから私が元プログラマだったことが話題になり、もっと使いやすいソフトを作ることができないかやってみることになりました。その結果、3月3日にリリースしたのが「古代史ビューア『麻呂』Ver.1.0」です。

Maro
 これが『麻呂』の画面です。上部にタブが並んでいますが、古事記、日本書紀、続日本紀、養老令、懐風藻、萬葉集といった名前が並んでいます。これらをクリックすることにより、各文献を切り替えながら閲覧できます。

Customsearch
 画面右上には検索関連の操作部があります。検索する文字列は正規表現をサポートしていますので、同じ人物でも出現箇所によって表記が変わっているものなどは、それに応じた表現をいれれば同一人物として検索できます。また、黄色い長方形に縦線が並んでいる部分がありますが、その語句が文書中のどこに出現しているのかをビジュアルに示しています。続日本紀などは年代順に記述されていますので、特定の語句が頻出する時期、まったく使われない時期などがすぐにわかり、その語句に関する時期による扱われ方の変遷などを読み取る助けになります。
 そして、講座で取り上げる語句を関根先生があらかじめテーマ毎にまとめて登録しておいたものが「カスタム語句」という画面になります。上の画面でいうと「石上麻呂の事績」というテーマで、関連する人物や物、地名などが適切な正規表現で登録してあり、これらを実際に検索しながら講座を聴いたり、あるいは今後はWebや書籍などで発表された場合、それらを読みながら検索したりすることにより、自分で確かめながら歴史を解き明かしていくことができるようになります。


About
 ちなみに、3月3日がVersion1のリリース日なのですが、先生の重要な研究テーマ「石上(いそのかみ)麻呂」の亡くなった日にあたります。

| | コメント (0)

2016-09-20

1992年の記録「DOS/V導入記」【長文】

 PC遍歴で過去の記録を漁っていたところ、1992年に始めてDOS/V機を揃えた時の記録を友人宛にまとめた文章がありました。かなり長いですが、記録として載せておきたいと思います。

ここから====================================================

 楽しい連休を過ごしましたか。私は訳あってこの連休はWinMasterを
触れませんでした。
 さて、98からDOS/Vへの乗り換え記録を書いてみました。よろしければ
読んで下さい。(少し長くなりましたけど)

============================================================================

DOS/V導入の記録

【1992年 年末】 ~DOS/Vへの目覚め~

 DOS/Vという言葉はいままで雑誌やネットではたびたび目にしてきたが、別の
世界の話という感じでしか接していなかった。自分にとって今の98環境は仕事とも
連動しており、手放すなんていうことは考えもしなかったのだ。過去にはMACに一
時期移ったこともあったが結局自宅で仕事の延長ができない不便さに負けて98に(
EPSONに)戻ってしまった。
 新潟の実家に帰省した時、同じくパソコン好きの弟がパソコン雑誌であるDOS/
Vマガジンを持ってきていた。何気なくぱらぱらと読み始めたのだが何となく魅かれ
てくるものを感じてきた。そして弟といろいろ話をしているうちに、もういてもたっ
てもいられないような気持ちになってきたのだ。
 魅かれたことは、第1に安く高性能マシンを手にいれることができる、第2に98
とは違うまったく新しい世界(自分にとって)がそこに存在する、第3にその新しい
世界はなにか混沌としており自分の中にいる悪いムシが騒ぎだした、というようなと
ころである。

【1993年 年始】 ~DOS/V乗り換えの決意~

 気持ちは刻一刻と高まってきて、仕事始めの飲み会での恒例の「今年の抱負」では
「今年中にIBM互換機に乗り換えます」なんて言ってしまった。でも気持ちは「今
年中」なんてもんじゃなくて「すぐにでも」というのが本音であった。

【1月~2月】 ~情報収集~

 さっそく情報収集を始めた。まず雑誌あさり。ASCIIとか読んでいても、もう
98関係の記事はじゃまもの以外のなにものでもなくなった。書店で探すとDOS/
V専門誌っていうのは結構あるものだ。月刊誌のDOS/Vマガジン、SUPER 
ASCII、PC WAVE、POWER USERを始めとして、単発ものでは次
から次へと出てくる。
 最初のうちは片っ端から買っては読みあさっていたが、だんだん内容を吟味するよ
うになってきた。(小遣いももたなくなってきたので) 結局月刊誌としてDOS/
VマガジンとSUPER ASCIIは必読、他は内容を見てできるだけ立ち読みで
すませることとした。
 また、私が入っている日経MIXとASCIIネットでもIBM互換機関連の会議
がありさっそく参加してさまざまな情報を得た。

【2月下旬】 ~構想~
 その結果だいたいの構成案と予算を考えた。まずCPUは486DX-33Mもし
くはDX2-66Mでメモリは8M~16M、FDDは3.5インチの3モード対応
(98とのデータ互換をとるため)とできれば5インチ付き、HDは200M以上、
ケースはミニタワーというのがだいたいの構成である。ディスプレイはできれば17
インチが欲しかったがたぶん私のラックには入らないだろうから15インチでがまん
しよう。
 予算は以上の構成で40万円以下に抑えたい。
 さらに周辺機器及びソフト購入費用として20万円を出そう。これはプリンタは今
のHG800は速くて快適なのだが24ドットフォントなので最近のものを見てしま
うと物足りない。大量に印字するのは年賀状くらいのものだから、印字速度は二の次
として安くて解像度が高くさらにカラー印字もできる熱転写あたりに買い替えたい。
 また、是非ゲームも大々的に楽しみたいのでサウンドボードは必ず買う。できれば
マルチメディアアップグレードキットを購入してCD-ROMも一緒に揃えてしまお
うか。
 それと、今手元にある98ソフトの活用と職場の98環境とのリンクを図るために
トムキャットのVIRTUAL98も検討したい。
 全部一度に揃えられるとは考えられないが、現在の98環境の買い取りを20万円
と想定して、プラス40万円を大蔵大臣にお願いしDOS/V環境を立ちあげること
としたい。

【3月10日(水)】 ~98環境の買い取り~

 Sofmapで買い取りをしてもらうことにした。理由はいままで何回か買い取り
してもらっていて安心だし、移動買い取りというサービスがあり、自宅まで取りにき
てくれるためである。電話したら土日は1カ月先まで予約でいっぱいということなの
で、平日で一番早い3月10日(水)にした。6時に来てもらうことで予約して、当
日は2時間年休!
 予定では20万円だったが、箱がなかったり保証書がなかったりしたものがあった
ので結局188000円だった。まあいいか。

  ・PC-9801ES2+3Mメモリ+40M内蔵HDD   \8,5000
  ・ディスプレイ   三菱XC-1498C                  \2,3000
  ・プリンタ     EPSON HG-800              \2,5000
  ・ハードディスク  ICM FT240DB        \4,7000
  ・イメージスキャナ EPSON GT-100V      \  5000
  ・サウンドボード  SNE サウンドオーケストラV    \  2000
  ・5インチFDD  アクセル FDC-55N       \  1000

 もちろん、新しい環境へ移すべきファイル(ツールやデータ)はFDにコピーした
。媒体はとりあえず5インチFDの2HCフォーマット(512バイト/セクタ)に
しておいた。

【3月11日(木)】 ~飯山電機マシンの発注~

 98環境を手放したことでいよいよIBM互換機の発注だ。今月号のDOS/Vマ
ガジンの広告でめぼしいものをチェックしておいたが、コストパフォーマンスで見る
と飯山電機(IDEXON)の66Mマシンがダントツに思えた。486DX2-6
6M、キャッシュ256MB、メモリ16MB、HD200MB、ミディアムタワー
ケース、IBM-DOS/Vとウインドウズとマウス付属、さらに15インチのイン
テリジェントタイプモニタ込みで39,8000円! まさにぴったりだ。
 さっそく電話で発注した。しかし、バックオーダーが出ている状態であり納品は3
月下旬となる予定だという。まあいいか!

【3月15日(月)】 ~Quattro Pro for Windows~

 ボーランドから来ていたQuattroの割引販売の期限が3月末だ。定価980
00円が25000円で購入できるという。スプレッドシートはあんまり好きではな
いが、Quattroはおもしろそうだ。noteという概念、オブジェクト指向の
操作体系、充実したプレゼンテーション機能、どれをとっても新しい。プライベート
データベースはこいつでやってみようか。新しもの好きのムシが騒ぎだし、気がつい
ていたら電話で発注していた。支払はクレジットカード。
  ☆ソフトウェア Quattro Pro for Windows      \2,5000      ソフト 計 \2,5000
  ★ハードウェア                      ハード計 \     0

【3月27日(土)】 ~待ちきれない~

 もうすぐマシンがくるはずだ、ということでプリンタなどをそろえておこう。4時
に仕事を終えた後さっと秋葉原へ。
 プリンタはEPSONのAP700にきめてある。最近マッハジェットという最新
型のインクジェットプリンタが発売になったが、AP700の方がカラー印字ができ
る、コンパクトである、安い、の理由でこれにした。
 だいたい値段は調べておいたがやはりステップが一番安く5,1000円だった。
ところがこの日秋葉原でステップへ行くと4,6800円に下がっていた。もちろん
買った。まだマシンは来ていないのだから別に今日急いで買う必要はなかったのだが
、買った。
 あと基本ソフトとしてエディタと日本語入力FEPが必携であるが、98で使って
いたVzとWX2+のDOS/V版をやはりステップで購入した。あとでわかったこ
とであるがVzは差分ファイルをダウンロードすればDOS/V版を作れるとのこと
だった。でも3600円だし、いいや。
  ☆ソフトウェア Vz EDITOR for DOS/V          \  3590
          WX2+ VER2.5 for DOS/V        \  6290      ソフト 計 \3,4880
  ★ハードウェア  EPSON AP700                  \4,6800
          プリンタケーブル                   \  1980      ハード計 \4,8780

【3月28日(日)】 ~待ちきれない その2~

 昨日秋葉原でプリンタなどを買ったばかりなのに今日もまた秋葉原である。今日は
ゲームソフトを買いにきた。お目当てはゴルフゲームのLINKS386 PROと
ヘリコプターシミュレーションのCOMANCHE MAXMUM OVER KI
LL(コマンチ)だ。いろいろな店を回ったがSofmapが一番安いので買った。
はやくこい、マシン!
 Sofmapに行った時、店の広報誌であるソフマップタイムズをもらってきたが
、家に帰って読んでいたらVLバスマシンが結構安く出ている。う~ん。
  ☆ソフトウェア LINKS 386 PRO                \  6600
          COMANCHE MAXMUM OVER KILL    \  8300      ソフト 計 \4,9780
  ★ハードウェア                               \     0      ハード計 \4,8780

【3月30日(火)】 ~キャンセル~

 Sofmapのマシン(SusTeen WinMaster)に気持ちが移って
しまった。飯山電機のマシンが月末であるにもかかわらずまだなにも連絡がないので
キャンセルしてしまおう。
 飯山電機(長野市)へ電話をかけてまずどうなっているのかと聞いてみた。ディス
プレイの現地(台湾)生産がまにあわなくて遅れている。本体のみであればすぐにで
も納品できるがディスプレイは4月中旬になりそうだとのこと。本体だけあっても何
もできないのでとりあえずキャンセルすると告げて飯山電機とはお別れした。

【3月31日(水)】 ~SusTeenマシン購入~

 6時に仕事が終わったらそそくさと秋葉原へ。Sofmap(8時までやっている
)13号店へ行きSusTeenのWinMaster33VLBを購入した。ディ
スプレイはMAGの15インチMX15HLだ。これにメモリを8Mにするためにプ
ラス4Mと日本語WINDOWSとDDDを一緒に購入した。DOS/VはDR D
OS/Vが付属しているので当面はこいつでやってみることにする。トータルで40
万円予算通りだ。
  WinMaster33VLBの主要スペック
   ・i486DX 33MH
   ・外部キャッシュ64MB
   ・メモリ4MB(+4MBを追加購入)
   ・3.5インチFDD(1.44MB)1基(5インチはなし)
   ・170MB ハードディスク
   ・ミニタワーケース
   ・グラフィックスはS3の86C805チップ使用のSVGA(VLバス)
   ・IDEインタフェースはVLバス対応のディスクキャッシュ制御ボード
   ・シリアルマウス DR-DOS/V付属
 当初のもくろみからするとCPUがDX2-66Mでない、HDが200Mより少
し足りない、FDDが1.44M対応の3.5インチ1基、とスペックとしては落ち
ているが、思い切ってVLバスマシンにしてみた。
 けど今回も納品は1週間~2週間ほどかかるという。

  ☆ソフトウェア  日本語 WINDOWS 3.0           \ 1,7980
          DDD Ver2.0                   \   3700     ソフト 計 \10,4760
  ★ハードウェア SusTeen WinMaster 33 VLB     \25,8000
          Memory(45ns) 4MB             \ 2,6000
          MAG MX15HL                   \ 8,8000     ハード計 \42,0780

【4月3日(土)】 ~WINTER CHARANGE~

 今日も秋葉原。昨日雑誌でSUMMER CHANRANGEというオリンピック
種目のシミュレーションゲームの紹介をしているのを読んでその一つ前に発売されて
いる冬季オリンピックのゲームであるWINTER CHARANGEを欲しくなっ
た。
 滑降やジャンプなどの各種スキー競技からボブスレーやバイアスロンに至るまでの
10種類の競技を行うゲームである。買ってしまった。
  ☆ソフトウェア  WINTER CHARANGE              \   6000     ソフト 計 \11,0760
  ★ハードウェア                              \      0     ハード計 \42,0780

【4月4月7日(水)】 ~UltraSound~

 今日は水曜日残業なしだ。もちろん秋葉原へ直行。ここのところの目的はUltr
aSoundである。IBM互換機でのサウンドボードといえばサウンドブラスター
が標準であるが、こいつはFM音源がメインで、効果音をPCM音源で出す。今の9
8MATEがこの流れを汲んでいる。
 ところが最近雑誌で時々紹介されているのがFM音源でなくすべてサンプリングP
CM音源(32CHステレオ)で音を出し、しかも価格も安いというUltraSo
undである。こういうのに弱い。FM音源は嫌いなのだ。
 以前、Sofmapに置いてあるのを見たが2~3日後にいったらもうなかった。
その後必ず確認するのだがなかなか入ってこない。店の人にきいても現地でも品薄な
ため次回の予定はわからないという。買って置けばよかった。
 ところが今日Sofmap10号店にいったら5個ほど積んであった。買った。
  ☆ソフトウェア                               \      0     ソフト 計 \11,0760
  ★ハードウェア Advanced Gravis UltraSound   \ 2,8000     ハード計 \44,8780

【4月8日(木)】 ~不在通知~

 今日家に帰ったらペリカン便の不在通知が入っていて、Sofmapから荷物が来
ているそうである。やった! 
 今週末は妹の結婚式のため金曜は年休をとり新潟に帰る予定だ。明日電話してみよ
う。
【4月9日(金)】 ~到着!?~

 ペリカン便に電話したら午後になるという。お昼には新潟に発たなければいけない
といったら、一応来てくれるという。
 出発しようと玄関に行ったところで配達のおじさんが来た。まにあった!
 ところが届いたのはMAGのディスプレイの1箱である。この中にパソコン本体も
入っているとは思えない。「これ一つですか?」とおじさんに聞いてしまった。
 とりあえずそのままにして、新潟に発った。

【4月14日(水)】 ~催促~

 Sofmapに電話してみた。
 「ディスプレイだけ届いたんですが」
 「本体の方は昨日発送しました。WINDOWSが入るのが遅れてそれを待って発
送しましたので遅れました。」
 とのこと。
 WINDOWSなんて後でもいいから早く送ってくれればよかったのに!
 まあ言っていることが本当なら早ければ今日、遅くても明日には届くはずだ。今日
も早く帰ろう。
 来ていなかった。

【4月15日(木)】 ~今度こそ~

 家は共働きなので昼間は誰もいない。
 夕方ペリカン便から電話があって昼間来たけど持ち帰ったそうだ。夜は配達してく
れないそうなので土曜日に持ってきてくれるようたのんだ。土曜日だ!
 しかし、クロネコヤマトなら夜でも配達してくれるのに日通はだめだな。輸送は絶
対クロネコヤマトだ。

【4月16日(金)】 ~JOY PAD~

 雑誌なんかで記事を見るとゲームをやるのにジョイスティックをよく使っているよ
うである。一つ買ってみようか。明日は待望の納品日だし。
 ということで6時に仕事を終え例のごとく秋葉原へ直行した。中央線にのれば35
分で秋葉原駅前に立てる。通勤路線の東西線では日本橋で銀座線乗換で末広町までで
40分だ。末広町周辺にはDOS/Vショップが集まってるのでこの経路もよく利用
する。
 さて、スパンキーに行ったらジョイスティックがたくさんおいてある。しかも他の
店より安い。いろいろ考えた末にUltraSoundと同じGRAVICE製のJ
OY PADを購入した。3500円。どうせUltraSoundのジョイスティ
ックポートにつなげるので同じメーカの方が安心できる。それに安い。それにファミ
コンのようなパッド式であり大げさでなく手軽だと思ったからだ。
 中にはFDが同梱されており、さまざまなユーティリティとゲームが一つ入ってい
た。また、レジストレーションカードを送ると10種類のゲームの内一つを5ドルで
送ってくれるという。F15 STRIKE EAGLE(フライトシミュレータ)
を注文した。
  ☆ソフトウェア                               \      0     ソフト 計 \11,0760
  ★ハードウェア Advanced Gravis Joy Pad      \   3500     ハード計 \45,2280

【4月17日(土)】 ~セットアップ開始~

 9:30頃届いた。今度こそ本当だ。

□UltraSoundカードの実装
 さっそくセットアップ開始だ。まずUltraSoundを空きスロットに差す。
マニュアルによれば雑音を避けるためにディスプレイカードとは一番離れた位置に差
せとある。本体の蓋をあけてみる。UltraSoundはフルサイズのカードなの
でヒートシンクやHDドライブベイなどのじゃまにならずに差せるところは一つのス
ロットしかない、さいわいなことにそこはマニュアル通りディスプレイカードから一
番遠いスロットだったのでそこに差した。もちろんポートアドレスとゲームポートの
有効/無効のジャンパ設定は事前に行っておいた。
 ちなみに一番下の二つのスロットがVESAローカルバスであり、すでにS3-8
6C605チップの載ったディスプレイカード(ACTIX社製)とIDEキャッシ
ュコントロールカードDC4030(PROMISE社製)がささっている。
 残りの6スロットがISA専用スロットであるが、すべて16ビット対応となって
いる。一番上はシリアルポート二つとパラレル二つを出すIOカードが入っている。
従って、これから増設できるのはすでに入れたUltraSoundを除いてISA
対応カード4枚ということとなり十分である。
 入れる可能性があるとすれば、SCSIカード、スキャナIFカードくらいかな。
それを入れてもあと二つ余裕があるから十分だ。

□ケーブル接続
 蓋を閉めてから各ケーブルを接続する。ディスプレイからディスプレイカードのコ
ネクタに、キーボードをキーボードコネクタに、マウスをシリアルポート1にプリン
タをパラレルポート1に、ちなみにこれらのポートには名前は一切書いてない。
 さらにモデムケーブルを差すところで迷ってしまった。私が使っているオムロンの
モデムには、IBM機では98とオスメスが逆なので専用のケーブルを使えと書いて
あり、両機種用のケーブルが付属している。だから、予め今まで使っていた98用の
ケーブルからIBM用のケーブルに替えて待っていたのだが、どこに刺さるのだろう。
 付属の紙切れ(ちなみに日本語で書いてあるのはこの紙切れだけ)には二つのシリ
アルポートと二つのパラレルポートのコネクタの位置関係が書いてあった。それによ
るとたすきがけの位置関係に配置されている。シリアルポート2と思われるコネクタ
にIBM用モデムケーブルを差そうとしたらオスメスが逆で入らない。おかしいなあ
と思いつつ98用のケーブルに戻して差してみたら見事入った。
 あと、UltraSoundカードにJOY PADを接続し、とサウンド出力か
らステレオの入力端子へ接続した。これはステレオミニプラグとRCAプラグの変換
ケーブルを予めオーディオショップで買っておいたものだ。

□ディスクのパーティション設定
 これでセッティングはすべて済んだのでさっそく電源ケーブルを接続してパワーオ
ンだ。ハードディスクはどのような状態で出荷されているのかわからないが取りあえ
ずHDから立ちあげてみよう。スイッチオン。パイロットランプが一瞬点灯して消え
てしまった! しかし連動コンセントから取っているディスプレイは電源が入ってい
る。おかしい。すぐに電源スイッチを戻して。少し時間をおいてまた入れてみた。こ
んどはちゃんと電源が入った。一抹の不安を残しながらそのまま続行した。
 案の定HDにはDR-DOS/Vがすでにインストールしてあり見事に立ち上がっ
てきた。さっそくDIRコマンドを実行してみる。うん、結構速いじゃないか。
 HD170MBが1パーティションとなっている。これでもいいのだが、DR-D
OSのディスク圧縮ツールDiskMax(これは最近日本語版が発売されたSup
erStorのOEM)を使いたかったので、圧縮を使わないピュアなパーティショ
ンを残すために、パーティションを切り直すこととした。たとえばWINDOWSの
恒久スワップファイルなどはDOSを通さずディスクを直接アクセスするために非圧
縮領域は必要となる。
 ディスクの内容を見てみるとマウスドライバなども入っているこれは付属のロジテ
ック製マウスのドライバだと思うがFDは付いてきていなかったようなのでこいつは
FDにバックアップをとっておこう。
 パーティションの設定はFDISKコマンドで行うことは雑誌で読んでいたのでさ
っそく実行してみる。まず既存の領域を解放する。次に基本領域を確保する。これを
160MBとって非圧縮領域を10MBとすることとした。この確保のときに物理フ
ォーマットも一緒にやっているようだ。次に拡張領域として残りの10MBを確保し
てドライブ番号を割り振る。もちろん基本領域にはシステムを転送して「活動領域」
という設定にしてやる。
 次にDR-DOS/Vのフロッピー(IBMの世界ではディスケットというらしい
)からブートしてセットアップを開始した。ここでメニュー方式で各種設定を行うの
だがディスクの圧縮を「行う」としてセットアップを実行した。インストール終了後
にハードディスクの容量を見てみると160MBであるはずのCドライブが約300
MBとなっている!

□モデムを認識しない
 さて、次にWINDOWSのセットアップに移っても良かったのだが、とりあえず
DOS環境を少し整えておこう。以下の事項である。
 ・98から移行する各種ツールやデータのインストール
 ・WX2+のインストール
 ・Vzエディタのインストール
 ・通信環境(WTERM)の整備
 すべて順調に進んでいったが通信環境だけがだめだ。WTERMがモデムを認識し
ないのだ。いろいろ調べてみたがわからない。気にかかったのはさっきのモデムケー
ブルの件である。
 IOカードのマニュアルを読んでみた。英語なので苦労する。そして本体の蓋を開
けてIOカードから出ているフラットケーブルが本当にその端子に行っているのか確
認してみた。やはり逆だった。私がシリアルポート2だと思ってケーブルを差したコ
ネクタは実はパラレルポート2だったのだ。本当のシリアルポート2はマウスを差し
てあるシリアルポート1と同じ9ピンDSUBコネクタに行っていた。つまり唯一の
日本語解説紙きれには嘘が書いてあったことになる。悪いことに98用RS232C
のプラグはIBMのパラレルポートにそのまま刺さってしまうので余計に混乱してし
まった。
 とにかく今持っているモデムケーブルは25ピンなので9ピンコネクタに差すには
変換プラグが必要だ。

□UltraSound
 UltraSoundのインストールを行った。インストールの途中からガイダン
スが音声で案内される。英語なのでわからない。インストール後デモソフトを起動し
た。う~んいい音だ。これで速くゲームがしてみたい。

 今日はこれでおしまい。今日はといっても朝届いてからずっと作業を行って、今は
翌朝の5時だ。WINDOWSは明日に残しておいて取りあえず今日はこれまでとし
よう。

【4月18日(日)】 ~WINDOWSとDDD~

 昨日に引き続きインストール作業を行った。

□WINDOWS
 IBM製の日本語WINDOWS3.0をインストールした。特にトラブルもなく
言われる通りにフロッピーを入れ換えていけばOKだ。
 インストール後に起動してみたがやはり640×480では狭い。DDDのお世話
になろう。

□DDD
 DDDはディスプレイカードに付属している英語版WINDOWS用の高解像度表
示ドライバを日本語版WINDOWSでも動くようにするドライバだ。今回の購入の際にこの最新バージョンであるVer2.0も一緒に買ったのでこれをインストールする。しかし、本体に付属のディスクの中にもDDD Ver2.0というのがあって、日本語の紙きれに付属のディスクを使ってくれと一言書いてあった。
 う~ん、せっかく正式版を買ったのに無駄になるのかなあ。と思いダメもとと思い。購入したDDDをインストールすることとした。
 いったんWINDOWSを標準モードで立ち上げて、そのなかからインストーラを起動するようになっている。その中で英語版ドライバを選択する部分があるのだが、ここでSusTeen付属のACTIXボードのドライバを選択できないのだ。いろいろやってみたけどよくわからない。
 そこで付属ディスクのDDDをインストールすることとした。こちらは手動インストールだがドキュメント通りに行ってみたが今度はWINDOWSが起動しない。すぐにDOSのコマンドラインに戻ってしまう。
 よくわからないからWINDOWS関係をすべて削除してWINDOWのインストールから再度やり直すこととした。今度は付属のDDDを始めから使ったが、そのディスク中のDRIVERというディレクトリに各種ドライバが入っていた。今まではカード付属の原本ディスクからインストーラでWINDOWS用ドライバを引っ張り出していたのだが、今度はこのディスク中のドライバを使ってみることとした。
 結果はオーライ。見事1024×768ドットの日本語WINDOWSが立ち上がった。非常に快適である。何が悪かったのだろうか。そういえばDDDのREADME.DOCにドライバはたいていの場合UNEXPANDしなければ使えないと書いてあったが、これが原因だったのだろうか。あとで究明してみよう。

□LINKS 386 PRO
 いよいよゲームだ。LINKS386はSVGAモードで画面を使うが、そのインタフェースをVESA標準インタフェースというのを使っているので、そのためのドライバがボードに付属しているはずだとマニュアルに書いてある。いろいろと探したがVGA_BIOS.EXEというプログラムを動かしたらVESAインタフェースと認識してくれた。このゲームにはこのためのテストプログラムが入っておりインストールから試験までゲームを動かすためのグラフィックス環境の構築を行える。
 それでおもむろにゲームを起動した。表示された。しかし、ときどき画面にちらつきがでる4~5秒おきであるが結構気になる。あとで原因を調べる必要がある。まあとりあえずはゲームは出来る。
 サウンドはSundBlasterの設定は拒否された。内蔵ブザーの設定しか受け付けないのだ。UltraSoundはSBOSというソフトでSundBlasterとの互換をとっているため完全な互換性はまだとれていないとの話であるが、まずひっかかってしまった。こいつもあとから調べよう。たしかUltraSoundのマニュアルにLINKS386の場合はどうたらと書いてあった気がしたので。

□WINTER CHARANGE
 こいつは問題なくインストールと起動が出来た。ただしUltraSoundのSBOSを起動する際にオプションの3番を指定する必要がある。これ以外だとWINTER CHARANGEから音源ドライバがないとおこられてしまう。

□コマンチ
 こいつが一番問題だ。結果からいうと起動しない。いろいろと試してみたけど症状は変わらない。ディスクの圧縮が問題なのかなあ。DR-DOS自体が問題なのかなあ。今度圧縮を解いてやってみる必要があるなあ。IBM-DOSを買わなきゃいけないんだろうか。

□Quattro Pro for Windows
 Quattroのインストールは非常にスムーズにいった。こいつにはWX2+WINも付属しているのでWINDOWS上での日本語入力もWX2+でばっちりだ。

 ああ、つかれた。

【4月20日(火)】 ~Sofmapサポート~

 Sofmapで購入したDOS/VマシンのサポートはDOS/Vサポートというところで受け付けると言われていたので電話してみた。もちろんシリアルポート2の件である。自分で確認した内容が正しくて同梱の説明書がまちがっているということを発売元から正式に確認したかったからである。
 ところがこんな発言しか返ってこなかった。
 「IBM互換機ではそんなことは自分で確認するのがあたりまえですよ」
 「もし気に入らないのなら本体を送り返してください。業者に説明書通りに直させ
ますから」
 全然話にならない。そんなことを言っているのではなくてなにがいったい正しいの
か、少なくとも発売元でつけた説明書(紙きれ)が間違っているかもしれないので確
認をしたいと言っているだけなのに。Sofmap全体に対しては良い印象を持って
いるのだが、このDOS/Vサポートはいただけない。以降ここはたよりにしないよ
うにしよう。(ただし利用すべきときはしなければいけないが)

 と悪口をいいつつまた仕事の返りにSofmapへ寄り、モデムケーブルの9ピン
~25ピン変換コネクタを買った。
 またLAOXコンピュータ館でMICAT/Vというソフトを買った。これはCA
PTAIN通信用エミュレータソフトのDOS/V版である。(実はCAPTAIN
にも加入している)
 実はこいつでまた問題が発生した。
  ☆ソフトウェア  MICAT/V                      \   3680     ソフト 計 \11,4440
  ★ハードウェア 9PIN-25PIN CONNECTOR         \   1500     ハード計 \45,3780

【4月21日(水)】 ~通信環境~

 昨日買った変換プラグを介してモデムを接続したところ見事通信可能状態となった
。しかしMICAT/Vは相変わらず認識してくれない。まいった。考えられるのは
シリアルポートの番号だろう。WTERMや秀TERMは必ずシリアルポート番号を
設定するようになっているが、MICAT/Vにはそれがない。もしシリアルポート
1固定で作られているのならマウスを2番につなげなくてなならない。通常マウスは
1番で使うと依然雑誌の記事で読んだことがある。これは問題ではないのか。とりあ
えずモデムをマウスがつながっているポート1に接続してMICAT/Vを起動した
ら動いた。
 しかし、この場合また他の問題が出てくる。9ピン~25ピン変換コネクタが横幅
が広く、となりのプリンタケーブルのプラグとぶつかりあってどちらかをはずさない
と差せないのである。今はとりあえずプリンタケーブルは外してある。
 今度発売元(シンフォニー)に確認してみよう。

□NiftyServe
 長い間ネットにはアクセスできなかったがこれでやっと環境が整ったので久しぶり
に日経MIXやASCIIネットに入ってみた。だいぶ未読メッセージがたまってい
る。
 また、DOS/V関連ではもっとも情報が多いと言われるNiftyServeに
オンラインサインアップした。これにはもう一つ理由があって、UltraSoun
dのパッチやエミュレータの最新版などが随時CompuServeにアップロード
されているとのことなのでこれを手にいれたいということもありNiftyに入るこ
とにした。
 ここには弟やOさん、N、Sなど知っている人が多数いる。

【4月26日(月)】 ~シンフォニー~

 MICAT/Vのポート番号の件でシンフォニーに電話をした。回答は以下の通り

 「確かに1番ポートしか対応していない。MOUSEを2番ポートにして動きませ
んか。もし動いたらその環境で使ってください。もしだめなようだったらもう一度電
話をください。開発担当の方に相談してみますから。」
 ここもあまりいい態度とはいえなかった。Sofmapもそうだが誠意が感じられ
ないのだ。単なる苦情受付係的な応対である。頭にくる。

【4月27日(火)】 ~DISPS3~

 DOS/Vの特徴的なものにV-TEXTと呼ばれるDOS画面の拡張仕様がある
。グラフィックドライバにS3社のチップを使用しているもの専用のV-TEXTド
ライバがDISPS3.EXEである。雑誌の付録FDに入っていたものをインスト
ールして起動してみた。
 800×600の画面でDOS画面が表示された。が、遅い。まるでパソコン通信
をしながら画面を見ているようだ。う~ん、何なんだろう。もともとDR-DOS/
Vはスクロールが遅いようだがこれはちょっと異常だ。

【4月28日(水)】 ~故障~

 一番最初に電源を入れた時にうまく電源が入らなかったと書いたが、実は先週末か
ら時々再現している。それも一番最初に電源を入れる時だけで4~5分するとなにご
ともなかったように正常に稼働し始める。
 したくないが、しかたないのでまたSofmapのDOS/Vサポートへ電話した。
この間と同じ担当者のようだ。
 「本体をこちらまで送ってください。場合によっては新品と交換しますから。」
 こんなことしか答えられないのならわざわざ専門の人を置く必要もないだろう。

【4月29日(木)】 ~最悪~

 さあ、きょうから連休だ。おもいっきりマシンをいじるぞ。と、電源スイッチを押
すとランプがすぐ消えてしまう例の現象だ。しばらく頑張ってみた。しかし1時間た
ってもなにも状況は進展しない。あ~~~ おれの連休はどうなるんだ!
 腹をくくって日通に電話をして発送の準備。悲惨だ。

【5月2日(日)】 ~新品~

 Sofmapに電話してみた。故障の回答は以下の通り。
 「われわれでは原因がわからないので、アメリカのSusTeenに送り返す必要
  がある。替わり新品と交換という形にしてもらいたい。」
 まあ連休中はあきらめているしなんでもいいですよ。
 けどハードディスクの中にはバックアップをとってないデータが入っており、なん
とか取り出せないかと言ったらどうしても無理だという。始めからそんなことはして
あげようという気さえないんだろうけどね。

【5月3日(月)】 ~DR-DOS/V~

 NiftyのFIBMPROにDR-DOSの会議室があったので過去の全メッセ
ージをダウンロードし、すべて読んでみた。とてもためになった。特にDISPS3
が遅いという現象はDR-DOS/VのEMSドライバであるEMM386.SYS
に問題があるとのこと。これを使わないか、他のドライバ(QEMM386等)に置
き換えれば問題なくなるとのことという情報はありがたかった。またディジタルリサ
ーチ純正のV-TEXTドライバもアップロードされているとのことなのでこれも使
ってみなくては。
 あとコマンチも他の人は動いているようなので、これは私の環境に問題があるのだ
ろう。マシンが届いたら今度は何か書き込みをしてみよう。

============================================================================

 というわけで、本日(5月4日現在)自宅で職場から持ってきた98noteでこ
の日記を書いています。この続きはまたいずれ。

| | コメント (0)

私のPC遍歴 DOS/V時代~現在

■1993年(38歳) Sofmap DOS/V機

ここでいよいよ9801とは決別していわゆるIBM互換機、DOS/V機に移りました。この辺の経緯は長い文章にまとめてあったものが今回の写真発掘で見つかりましたので、この後の記事で公開します。
最初に手に入れたのはSofmapが企画制作(実際はアメリカから輸入していたみたい)していたDOS/V機です。

Img_0004_2

DOS/V機で一番やりたかったのがGravis Ultrasoundというサウンドカードで遊ぶことです。今までの9801ではPSGとかFM音源とかお仕着せの音色しか出せませんでしたが、Ultrasoundではソフトで音色データをロードすることによりサンプリングされた音色を再生することが可能でした。その辺の顛末はこの後の記事の当時の文章に詳しく載っています。

・1992年の記録「DOS/V導入記」【長文】
http://guiter.cocolog-nifty.com/bare/2016/09/1992dosv-3cc7.html

■1994年(39歳) Gateway2000

Sofmap機を1年で手放して購入したのがGateway2000というマシンです。巨大なタワー型ケースに高性能を詰め込んだマシンでした。

Dscf0385_2

拡張ドライブには光媒体やサウンド関係のコントローラなど、いろいろ入っています。

Dscf0384_2

このキーボードはすごくしっかりしていて、ずいぶんと使わせてもらいました。本体にもモニタにもキーボードにも(マウスパッドにも)Gatewayというロゴが誇らしげに刻印されています。
上に乗っているプリンタはHPのインクジェット機だと思います。前面給紙が当時としては斬新でした。隣にはスキャナも置いてありますね。

■2002年(47歳) SONY VAIO

実はGateway2000の後にFUJITSUのFMVシリーズを購入しているはずなのですが写真が出てきませんでした。記憶も定かではありません。
そして次に購入したのがSONYのVAIO。型番は忘れましたが、ミュージックPCというようなタイトルで発売されたと思います。

Dscf0500_2

ミニタワー型の本体には普通のPCとは少し違うしかけがしてあります。まず音楽MDドライブが内蔵されていて、MDの再生や録音が行えました。それと内部の一番底の部分にはアナログオーディオアンプが内蔵されており、モニタの両側においてあるこれもセットのブックシェルフ型スピーカーを直接ドライブして音を鳴らしていました。
上に乗っているプリンタはHPの複合機です。今でこそほとんどの家庭用プリンタが複合機になっていますが、当時はHP製が先駆的だったと思います。


■2003年(48歳) 自作タワー機

この頃私は門前仲町に暮らしていました。秋葉原もすぐに行くことができ、あれこれと部品を物色して組み立てたのがこの1台です。

P1010581_2

外見上は特にここと言って見るところがないですが、たぶんCPUの性能を上げたくて組み直したのだと思います。


■2004年(49歳) 自作ベアボーンキューブ型

こちらはいわゆるキューブ型と言われるケースに身を包んだ高性能マシンです。

P1010791_2

モニタは15インチなのですが解像度がUXGA(1600×1200)というもので、細かい表示が行えるもののとても目が疲れました。

P1020141_2

キーボードに注目。これはPFUのHappy Hacking Keyboard小型でとても手になじみプログラミングなどで文字を連打するにはとても使いやすいものでした。
こちらに記事を書いています。
・Happy Hacking Keyboard
http://guiter.cocolog-nifty.com/bare/2004/03/happy_hacking_k.html

■2005年(50歳) NEC LavieGRX Type L

この頃になるとモバイル通信のインフラも整ってきて、リーズナブルに外出先から実用的な通信を行えるようになってきました。それで主に帰省時にもインターネットがしたいという思いからPCを高性能かつ持ち運びが容易なもの、という基準で選んでこのNEC機にしました。

Dscf3520

これには少し苦い思い出があり、NECダイレクトによるカスタマイズ注文だったのですが、注文した後よく確認してみるとDVDコンボドライブだったことに気がつきました。DVDの書き込みも行いたかったのでNECにすぐに連絡すると発注後の変更は受けられないとのこと。がっくりきたことを覚えています。マシン自体はとてもスマートで高性能。2Kgほどの重量がありましたが、結構持ち運んでいました。
AUのモバイル環境についてはこちらに記事を書いています。
・AUのPacketWINシングルサービス導入
http://guiter.cocolog-nifty.com/bare/2008/01/aupacketwin_843e.html

■2006年(51歳) EPSON DIRECT Endeavor Pro4000

自宅のワークスペースもこんなにグレードアップして、それに合わせてそろえたマシンがEPSON DIRECT Endeavor Pro4000です。ずっしりと重いタワー型でワークテーブルの下に配置しました。

Scff0679_2

モニターはナナオ(EIZO)製。モニタの両脇にはBOSEのスピーカーを置き、当時としてはめずらしかったUSBサウンドプロセッサー(ONKYO製)で鳴らしていました。

Scff0669_2

このマシンも結構使いましたが、最後にはかなりファンの音がうるさくなりました。今思えば単にほこりがたまっていただけだと思うのですが、この頃はそれを理由にマシンの入れ替えを考えていました。

■2008年(53歳) FUJITSU FMV-BIBLO MGB75

このノートはPro4000と平行して、外出用に購入したものです。

Fmvbiblo_mgb75_2

FUJITSUのビジネス向けスタンダードノートでこれといった特色がないのが使いやすかった。OSはVistaですね。

■2010年(55歳) 自作巨大ケース機

Pro4000の騒音を契機に入れ替えを考え始めたわけですが、そのファンの騒音を極限まで抑えた高性能機にしたくて、自作することにしました。それがこの底面に巨大な3つのファンを備えた巨大ケース機です。

Dscf8250_2

ケースが巨大な割にドライブはSSDで見えないところにちょこんと取り付けてある。あとバックアップ用にHDDも入れていましたが。


Dscf8254_2

ケースの上部には空気を排出するためのファンがあり、底面の3つのファンで吸い込んだ冷たい空気を上部から排出するという空冷でした。高性能CPUや GPUを取り付けていても熱でファンがフル回転すると言うことがなく、非常にゆっくりした回転でとても静かでした。
詳細はこちらで記事にしています。
・新PC乗り換え計画~準備編~
http://guiter.cocolog-nifty.com/bare/2010/05/pc-68ca.html
・新PC乗り換え計画~購入編~
http://guiter.cocolog-nifty.com/bare/2010/05/pc-9987.html
・新PC乗り換え計画~組み立て編~
http://guiter.cocolog-nifty.com/bare/2010/05/pc-14d4.html
・新PC乗り換え計画《最終回》~使い心地編~
http://guiter.cocolog-nifty.com/bare/2010/05/pc-e54a.html

■2011年(56歳) Faithのノート

そんな満足感にあふれる自作高性能超静粛マシンでしたが、環境の変化から手放してまたノートにすることとしました。
考えたのは性能と画面解像度に妥協しないこと。それで選んだのがパソコンショップのFaithが販売していたノートPCです。

Img_0085

1920×1080という解像度。Core i7、SSD搭載という構成。ただしWindowsは付属せず。自分でパッケージを持っていたのでそれをインストールします。SSDも当初搭載されていたHDDを自分で換装したのでWindowsインストールは最初から行う必要がありました。
これは5年ほど毎日毎日使いました。非常によく働いてくれてOSも、7(64bit)→7(32bit)→8(32bit)→7(32bit)→10(32bit)と何回となく入れ替えました。

■2016年(61歳) TOSHIBA dynabook AZ55/VGSD

いよいよ現在使っているマシンにたどり着きました。今年の春、Faithのノートが突然起動しなくなりお手上げ。それで購入したのがこのTOSHIBAのノートです。

Img_20160917_141534_2

条件としてはCore i7、1920×1080の解像度、SSD、Blulayドライブ内蔵で探しました。10万円は超えましたがそれでも破格の価格でこのTOSHIBA機を入手。快適に使っています。

以上で私のPC遍歴は終了です。自分の記録として一度まとめておきたかったので、気持ちがすっとしました。あまたのPCたちに感謝します。

| | コメント (0)

私のPC遍歴 黎明期~PC98時代

先日の記事で自分の自動車遍歴をたどってみましたが、今度はPC遍歴をたどってみたいと思います。
写真が残っているものはそれを優先して載せましたが、残っていないものは検索してカタログなどの画像を見付けてきました。

■1981年(26歳) NEC PC-6001

ごく初期のマイコンと言われていた頃は、雑誌「RAM」に連載された記事でワンボードマイコンを自作したりしていましたが、パーソナルコンピュータ(パソコン)と呼ばれるようになってから最初に購入したのが、NECのPC-6001でした。

Pc6001

「パピコン」という愛称で販売されており、コンピュータというものを個人の楽しみに使えるように価格も安く抑えられ、PSGによる3重和音が出せる機能など、魅力的でした。電源を入れるとBASICインタプリタが起動し、BASIC言語のプログラムで何かさせるという形の初期のものです。
でしたが、次のFM-7が出たため、1年もたたずに友達に売却。

■1981年(26歳) 富士通 FM-7

タモリがCMキャラクターとして起用された富士通のFM-7を購入。秋葉原の九十九電機で購入し、本体とモニターの大きな段ボールを両手に持って、調布の独身寮まで持ち帰ったことを覚えています。楽しみのためならどんな苦労もいとわないんだな、と自分で感心しました。

Fm7

この機種の特徴としてはCPUがモトローラの6801というものを使っていていたこと。それと拡張ボードを刺すスロットがあり、Z80ボードを刺すことによりCP/MなどほかのOSも動かすことができます。また、メモリ空間が表と裏と2面持っていて、応用によってはいろいろ遊べました。
この機種にはいろいろ楽しんだ思い出があります。その一つがサウンド機能を使って、バッハやムソルグスキーの曲を演奏させ、しかもそれが雑誌Oh!FM(ソフトバンクが雑誌を出版していたんですよ)に掲載されたのが今でも誇らしかったりします。外部記憶装置も当初はカセットテープだったのですが、5インチフロッピー装置や23MB(230ではないです!)のハードディスク装置を接続したのもこの機種です。また、モデムを接続してパソコン通信と呼ばれるものをこの頃開始しました。なので、私のパソコン経験の礎を気づいてくれた忘れられない1台なんです。

※その演奏はこちらの記事で聴くことができます。

FM-7が奏でるバッハ&ムソルグスキー
http://guiter.cocolog-nifty.com/bare/2008/05/fm7_207a.html

■1984年(29歳) SONY SMC-777

次の購入したのがSONYが一般向けパソコン分野に始めて投入した機種、SMC-777です。

Smc777

3.5インチのFDDを内蔵していたことが一番大きな特徴でしょうか。でも思い出としてはAppleⅡで人気のゲーム「チョップリフター」が遊べたことです。ヘリコプターで救助するというアクションゲームなのですが、当時は高価なAppleⅡ(または互換機)でしか遊べず、それが移植された国産PCということで楽しみました。
でも、1年ほどで手放すことに。

■1985年(30歳) CANON V20(MSX機)

30歳といえば結婚した年(笑)。PCについても軟弱路線になり、新婚生活にゲームで潤いを!と思ったわけではないですがいろいろなゲームをカートリッジを入れ替えるだけで遊べるMSX機を購入しました。

Img_0006_2

数あるゲームの中で一番楽しいという思い出が残っているのがコナミの「けっきょく南極大冒険」でした。頭にプロペラを付けたペンギン君がスケーターズワルツの曲にのって何曲を滑走していくというゲームで、二人で楽しみました。この写真に写っているようにジョイスティックも接続することができました。テレビ(14型!)の上に乗っているのが(タオルが掛けてありますが)V20です。

■1986年(31歳) Apple Macintosh(128MB)

で、次に購入したのが、当時発売されたばかりのMacintoshです。今で言うMacですね。職場ではPC-98系をいろいろ使っていたので、その反動のような感じで少し高かったのですがMacintoshを購入したと思います。

Macintosh_128k_transparency

そのGUIは革新的でした。スティーブジョブズの伝記映画などを見ると、この前のLisaやこのMacintoshに莫大な開発費をかけていたことが描かれていますが、当時としては画期的な操作性は一度自分の手の内にしてみたかった。
だけど、ソフトをロードするのにフロッピーをとっかえひっかえ時間をかけて読み込ませたり、本体メモリの制約か、動作が遅かったりで、少し時期が早かったような気がします。

■1987年(32歳) NEC PC-9801UV2

Macintoshを手放して自宅用意したのがいよいよ9801シリーズです。職場ではずっと使っていたものの自宅にまでやっと侵入してきました。3.5インチFDDを内蔵しているコンパクトなデスクトップ機、PC-9801UV2です。

Pc9801uv2_2

残念ながら当時の写真は残っていなかったのでカタログ画像を探してきました。98シリーズ躍進の原動力となったVMシリーズの3.5インチFDD版という位置づけです。

■1989年(34歳) EPSON PC286

次に入手したのがEPSONが発売したばかりの98互換機です。EPSONは9801を「国民機」と呼んで、みんながその資産を享受すべきというスタンスでIBM互換機ならぬ98互換機を開発したのでした。その第一弾がPC286。買いました。

Img_0007

購入後にEPSONがROMを入れ替えるアナウンスをして、新潟市のサービスセンターまで来るまで持って行って交換してもらった記憶があります。覚えている限りでは特に問題なく使えていたように思います。

■1992年(37歳) NEC PC-9801ES2

そして、なぜかまたNEC機に戻りました。PC-9801ES2です。CPUが80386+V30を搭載していてかなりパワーアップしています。

Img_0003_2

内蔵FDDは3.5インチ。写真を見ると外付けで5インチFDD装置をつないでいますね。HDDを内蔵していたかどうか記憶に定かではありません。上に乗っているのがたぶんEPSONのドットインパクト式プリンタです。たしかVP-800だと思います。

ここまで見てきてかなり短いスパンで買い換えているのがわかります。車の買い換え時の下取りではありませんが、買い換えの時はたいていソフマップの買い取りサービスを利用していました。

(続く)

| | コメント (0)

2016-01-14

ADSL導入

東京の自宅のネット回線はフレッツ+ASAHIネットなのですが、生活拠点を新潟に移すにあたり、こちらでもモバイルだけでなくインフラとしてのインターネット回線が必要になりました。

今までの状況はというと、加入電話(アナログ)といういたってシンプルな昔ながらの形態です。

まずは光を検討してみたのですが、一軒家であることもあり、月額5~7千円とどうしても金額がはってしまいます。しばらくはこちらと東京都の二重生活であること、この家はそう遠くない時期に建て替えも考えていることを考えると、コストを優先させたいところです。

次に検討したのがADSL。価格.comで検索するといくつかの会社で導入することができる模様。その中でTCOMのパーソナル50(S)年割サービスを申し込みました。下り50M/上り3Mで月額2,850円という内容です。実際の速度は下り10~20M/上り1~2Mといったところですので、十分実用に耐えています。もちろんNTTの加入電話はあいかわらず1,500円ほどかかりますが、価格.com経由の特典で1年後にキャッシュバックがあり、それを加味すると最初の1年は電話+ネットで月額3,500円程度です。1年以降は1,000円ほど上がるので年割り更新時に次をどうするかまた検討します。そのときの状況がどうなっているかわかりませんからね。

Img_20160114_164632
写真の電話機のこちらにある白いやつがADSLモデムです。このたびはこいつの導入に合わせてWiFi環境も整備しました。手前のアンテナが3本たっているやつが無線ルータでASUSのRT-AC68U。

いろいろなレビューを見てみると電波の飛びがずば抜けていいということなので選びました。Amazonで1万5千円ほど。自宅裏の別棟の車庫の自動車の中でもスマホのWiFiが接続できましたので確かにビームフォーミング機能内蔵のこいつは電波をしっかり飛ばしてくれるようです。設置場所は玄関ホールなのですが2階の4部屋とも安定して接続できました。
ただひとつ不具合があって、USB端子が2.0と3.0の両方ついているのですが、3.0の方にUSB3.0外付けHDDを接続するととたんに不安定になります。HDDアクセスもWiFiも両方だめ。USB2.0端子につなぎ替えると安定するので、USB3.0とWiFiと何か干渉するのかもしれません。ASUSにそこまで対応を求めるのはめんどくさいので今はUSB2.0に接続してNASおよびメディアサーバとして使っています。(写真には写っていませんが一つ下の段にHDDを設置しています。)

光がもっとリーズナブルに導入できるといいんだけどな。

| | コメント (2)

2015-12-18

スマホでUSEN

最近、Apple MusicやPlay Music、Amazon Prime Musicなどが参入してきて、定額で音楽聞き放題というサービスの話をよく聞くようになってきました。

それらには実際に加入していないので使い心地はわからないのですが、私がお気に入りのサービスは「スマホでUSEN」です。USENと言えば有線放送の老舗ですが、このサービスも有線放送と同様の内容をスマホ(やタブレット)で聴けるサービスです。料金は月額\490(税別)。

他のサービスが主にアルバム単位で聴くことが基本でそれにプレイリストやラジオ的な配信リストをのっけているという感じなのに対して、スマホでUSENはアルバムを選択というようなことが一切できなく、あくまでも有線放送のチャンネルを選択して放送を聴くというイメージです。

肝心のチャンネル数は1,000チャンネル以上。音楽ジャンルではジャズ、クラシック、JPOPから民謡などもあり、網羅しています。変わり種としてはトーク/バラエティや語学といったジャンルもあります。

Image1

これが私のお気に入りリストの一部。クラシックギターや吹奏楽やイージーリスニング、クラシックまでいろんなチャンネルを登録してそのときの気分で聴いています。

「このアーティストを聴きたい」「このアルバムを聴きたい」ということで選択するサービスと違い、「この朝のさわやかな気分にあったBGMを流したい」「寝る前にくつろぎたい」「モーツアルトを聴きたい」「マーチを聴きたい」などといった形でチャネルを選択することになります。どんな曲を流しているのかはもちろんあらかじめ見ることができるし、そこまで確認しなくとも「おまかせ!」という感じで聞き始めることが多いですね。

そんな中でハッとするような曲に出会うことがよくあります。そんなときはすぐにアルバム情報を表示することができるので、CDを買うなり、他の配信サービスでそのアルバムを聴くなりということができます。

自宅のオーディオはPioneerのXC-HM82なのですが、スマホやタブレットで再生する音楽をこいつで聴くにはBlueToothかAppleAirPlayが便利。特にAirPlayの場合にはアルバム情報がコンポの画面に表示されるのがナイスです。

Image

昨日はいろいろチャンネルを物色していたところ「冷え性に悩む女性のための音楽~クラシック編~」というものに遭遇。なんでも東京理科大の検証実験を行った結果、リラックスして血流がよくなるという効果があるという曲を集めているそうな。ショパンやモーツアルト、バッハといった曲が目立ちますが初めて聞くような作曲家の曲も。暖房の効いたリビングでこういうチャンネルを聴きながら本を読んだりしているととてもリラックスします。

| | コメント (2)

2015-12-14

SoftBank iPhone卒業とMVNOデビュー

今までのモバイル環境はSoftBank契約のiPhone5c、Wi-Fi版iPad mini(初代)を使っていましが、SoftBank契約が2年目の更新を迎えるに当たって環境を見直すこととしました。

iPhoneにこだわりがあるわけではないので、狙いはあくまでもリーズナブルにモバイル環境を利用できるようにすること。

<従来の環境で良かったこと>
・一括0円でiPhoneを入手したので月々サポートも含めて毎月3,700円ほどで利用できていた。
・SoftBankの回線品質はわりと良かった。(速度で不満を感じたことはなく、つながらないといったこともなかった)
・7GBというデータ容量は十分すぎる。たまに実家に戻るようなときにテザリング用途で使用する保険と思えばちょうどよい容量。

<従来の環境での不満>
・電話料金が30秒20円と高い。(楽天でんわでしのいでいた)
・実家に戻ってYouTubeなどを見ているとすぐに3日制限に引っかかってしまい使い物にならない。(現在は3日制限の条件がかなり緩和された模様。)

今度SoftBankを使い始めて2年を迎えるわけですが、月々サポートが終了したり、契約時のキャンペーンでホワイトプランやらテザリングやらの割引も終了するので、毎月の支払いが7千円を超え倍になってしまう。これはやってられない、ということでMVNO+SIMフリー端末に乗り換えることとしました。

■HUAWEI(ファーウェイ) P8lite
この端末を購入しました。

Image1_2

ファーウェイは中国のメーカーですが、日本向けにはさまざまな端末を供給している実績があり、大丈夫と判断しました。価格は28,000円ほど。安いです。これでIPS液晶のHD画面。大きさは5インチながらごらんのように薄くて軽いスタイリッシュな本体なので胸ポケットに入れておいても苦になりません。iPhone5Cよりも大きいですが、薄い分持ちやすいですね。動作もきびきびと操作できまったく問題なし。バッテリーも普通に使ってたっぷり1日は持ちます。待ち受けだけで持ち歩いている分には2~3日は大丈夫なのではないでしょうか。

■BIGLOBE LTE SIMカード
MVNOはたくさんあるのでどこにしようか迷うところです。今回の条件としてはスマホとタブレットとデータを分け合えて使えるよう2枚のSIMカードを使えること。あとはデータの繰越ができること、3日制限がないことなどが求める条件でした。これで絞り込むとBIGLOBEが上がってきたわけです。音声対応SIM+データSIMを使って毎月6Mの容量。これで2,350円です。通話料金はSoftBankと同じ30秒20円ですが、これも楽天でんわ、またはBIGLOBEでんわというのもあり、こちらは30秒10円の料金にオプションとして650円を定額払うと1200円分通話できるというサービスも利用することができます。
データ通信速度ですが、時間によりかなり変動します。昼間や深夜など空いているときは60Mbpsほど出ることもありますし、お昼休みや夜間などは1Mbpsでないこともあります。各種レビューサイトを見てみると、BIGLOBEは現在は夏に回線増強を行っており、それまでのダメダメだった状況が大幅に改善され、現在ではかなり上位のレベルを保っているようです。先日も増強したというアナウンスがあったので、しばらくは大丈夫なのではないでしょうか。
加入するときにキャンペーンをやっており、半年間継続して加入していると1万円のキャッシュバックが受けられるようです。音声SIMのしばり期間は1年間なので、少なくとも1年間はこの環境で行きたいと思います。

■キャリアメールについて
BIGLOBEにはいわゆるキャリアメールと言われるアドレスはありません。提供されるアドレスはbiglobe.ne.jpで一般アドレス。携帯時代からの流れで、メールはプッシュ通知されるのが普通になり、あと、迷惑メール対策でキャリアメール以外はフィルタで外されてしまうことが多いという違いがあります。
とりあえず、BIGLOBEメールをいわゆる携帯アドレスとしてみたのですが、プッシュ通知がうまくいかずポップのタイミングでしか受信メールを拾ってくれません。また、当然のことながらキャリアメール以外ということではじかれる相手が多かった。それで、普段PCで使用しているgmailアドレスをgoogleのGmailアプリで使用することとした。するときれいにプッシュ通知されるのでとても便利。キャリアメールフィルタはあきらめて、送りたい相手にはフィルタ解除していただくしかないかな。

また、何か気がついたら追記したいと思いますが、現在は非常に満足しています。\2350でスマホとタブレット共同で6M使えるという環境は素晴らしいですね。キャリア契約には戻れません。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧