カテゴリー「東海道53次ウォーク」の19件の記事

2015-04-19

東海道五十三次ウォーク 静岡に到着

Map_all
五十三次ウォークも府中宿(静岡市中心部)にたどり着きました。日本橋から数えて20番目の宿、五十三次だからまだ半分まで達していないんですよね。距離としては184km。

静岡県ははやり東西に長いですね。これから藤枝、浜松と越えてやっと愛知県です。

さて、三条大橋にはいつたどり着けますのやら。

| | コメント (0)

東海道53次ウォーク 第14-2回<江尻宿~府中宿>

Map2_2
昨日のゴール地点から再開し、府中宿(静岡駅近く)まで歩きます。ほぼ、JR東海道線、静鉄清水線にそったコースです。

Img_6346
江尻というよりも清水って言わないとたいていの人はわかりませんよね。清水次郎長のいた清水港は海岸寄りの地区、街道沿いは江尻地区のようです。

Img_6348
稚児橋の橋柱には河童の像が。

Img_6353
踏切を取る電車。これは静鉄ですね。右側の2本がJR、左側は静岡鉄道静岡清水線。結構頻繁に電車が通っていました。

Img_6355
草薙一里塚跡。銀行の敷地内にあるのですが、どういうわけか大きな狸の像と並んでいます。

Img_6356
草薙神社の鳥居。神社はこの奥1kmほどのところにあります。

Img_6360
JRの線路に突き当たり、横にある地下道で渡ります。

Img_6367
いよいよ府中宿。江戸時代の駿府城の城下ですね。現在は静岡市。

Img_6368
駿府九十六町と言われ、それぞれの町名がこのような標柱として示されているそうです。

Img_6372
駿府城のお膝元に広がる府中宿の絵。

Img_6373
ここから海岸方面に行くと久能山東照宮があり、家康が祀られているとのこと。参勤交代の大名行列はみんな久能山に寄り道してお参りしたとのことで、ご苦労様です。

Img_6374
さて、静岡駅前から伸びる道との交差点で本日はゴールとします。

静岡駅から新幹線こだまで1時間半ほどかかります、東京まで。だんだん遠くなりますね。続けられるのだろうか・・・

| | コメント (0)

東海道53次ウォーク 第14-1回<由比宿~興津宿~江尻宿>

Map1
前回ゴールのJR由比駅を出発し、薩埵(さった)峠を越えて興津宿、さらに江尻宿(清水)まで歩きます。由比宿から興津宿間は静岡市のハイキングコースに設定されている風光明媚なルートです。

Img_6229
由比駅前の道路標識。薩埵峠まで3.6km。

Img_6232
駅前の急な階段を上っていくと全階のゴール地点、駅上バス停です。

Img_6237
地形沿いにカーブが続く旧街道の雰囲気がただよう道が続きます。

Img_6240
なまこ壁など江戸時代の様式がそのまま残っている小池邸。

Img_6242
その向かい側のあかりの博物館。

Img_6259
望嶽亭がある地点には一里塚跡が。峠まで1.3km地点です。

Img_6258
ここから急な上り坂となります。

Img_6263
街道の両側には夏みかんのような柑橘類がたくさん広がっています。

Img_6270
ところどころにはレールが斜面にそって設置してあります。「モノカー」という名称らいしい。

Img_6273
ハイキングコースだけあって、たくさんの人たちとすれ違いました。

Img_6277
峠の駐車場。

Img_6285
さらにその先には展望台があり、広重のあの有名な由比の崖っぷちの絵と同じ眺望の場所です。今日はあいにく霞がかかり富士山は見えませんが、眼下に広がる駿河湾、急な傾斜の薩埵峠、そのあいだをJR東海道線、国道1号線、東名高速道路が走っているのはまさに絶景です。東名はこの真下あたりでトンネルに入っていきます。

Img_6291
薩埵峠の標識。あちこちに「薩埵峠」と書いてある標識があります。

Img_6299
峠を下りたところにある墓地には貸し出し用のつえ入れが、そういえばさきほどの駐車場にもつえ入れがありました。このうえスキーのストックの再利用ですね。

Img_6303
薩埵上道を通ります。昔ながらの雰囲気の道路。

Img_6308
この地図にありますが、上道と中道と2つルートがあります。今回は上道を通りました。津波などの災害を逃れるために上道に移っていったらしいです。

Img_6310
興津川を渡る浦安橋を歩くと駿河健康ランドっていう施設がよく見えます。

Img_6314
興津の町に入ります。この町はあんこが昔から有名なところだそうです。このお店に寄りました。

Img_6315
店内で注文したのは「ずんどう焼」という小ぶりな大判焼き(今川焼き)。おぐらの他にもクリーム、ツナ、キムチ(!)とありました。今回はキムチはちょっと遠慮しました。とてもおいしかった。大きさ的にとても食べやすいですね。

Img_6320
JR興津駅。オレンジ色のラインが印象的。駅前の喫茶店でランチ休憩。

Img_6323
興津の町を清水に向かって歩きます。

Img_6327
ほどなく清見寺という大きなお寺があり、斜面にそって庭園や建物がひろがっています。しかし、JRの線路が通っているのでごらんのように踏切を越えて境内にはいらないといけません。

Img_6331
清水市街地の少し手前の川近くにあったカフェソワカ。広々していて絵がたくさん展示されており、ピアノまでおいてあった、おちついたカフェでした。

Img_6342
市街地に入り清水駅前からの通りと交差する地点で本日はゴール。

清水駅近くのホテルに1泊して、明日はここからスタートします。

| | コメント (0)

2015-03-15

東海道53次ウォーク 第13-2回<蒲原宿~由比宿>

Map132
今日は2日目。西富士宮のホテルから新蒲原駅まで戻り、ウォーキングを再開。由比宿までは5キロ弱と短いのですが、その先の興津宿までが薩捶(さった)峠を越えなければいけないので、次回に回すことにしました。

P3153004
蒲原地区の案内板。

P3153005
なまこ壁の旧家。

P3153010
宿屋。

P3153019
古い家並みがあちこちにのこっており、登録有形文化財に指定されて保存されています。

P3153024
静岡市内に入ったとはいえ、静岡まで27キロの表示。今日の目的地由比宿はあと3キロのようです。

P3153026
途中蒲原駅で小休止。

P3153028
さて、由比宿の入り口です。右がバイパスで左が東海道。

P3153032
由比本陣公園という立派な施設があり

P3153037
公園内には広重美術館がありました。五十三次の絵が全部見れるかなと思ったのですが、版画の展示は駿河地域のもの中心でした。

P3153044
こちらは同じ公園内にある交流館の展示で、由比宿街並み模型。

P3153045
かなりこまかいところまで再現しています。

P3153043
交流館のカフェでクリーム白玉をいただきました。

P3153047
公園の向かい側には正雪紺屋というお店があり染め物の手ぬぐいなどを販売していました。由井正雪の生家だとのこと。

P3153049
少し先にはおもしろ宿場館という、土産物屋とレストランのお店が。

P3153053
旧道からバイパス川に上がると「ゆい桜エビ館」という施設があり、大型バスが何台か止まっていました。駿河湾名産の桜えびのお土産物屋さんになります。

P3153054
そして観光客は本陣公園へと流れていき、この由比宿けっこう賑わっていました。

P3153059
本陣公園前の堀にはたくさんのカメが甲羅干し状態。どこかから出勤してくるのでしょう。

P3153063
由比川を割りますが、海方面を見ると、狭い範囲にJR東海道線、東名高速、国道1号線が並行して走っているのが分かります。この先薩捶峠が海にせり出しているので狭い範囲に集中しているためです。

P3153069
由比通りは「由比桜えび通り」と命名されているようです。赤い郵便ポストなども多く設置されていてレトロな懐かしさを感じさせる通りです。

P3153073
コースはいったんバイパス川に上がり、由比駅上というバス停をゴールとしました。階段を降りるとJR由比駅です。
今日は短いコースでしたが、次回は広重の絵でも有名な薩捶峠越えを楽しみたいと思います。

| | コメント (0)

2015-03-14

東海道53次ウォーク 第13-1回<吉原宿~蒲原宿>

Map131
このあたりの宿場名は「原宿」「吉原宿」「蒲原宿」と「原」がついた地名が多いですね。今回は、吉原宿を出発し、富士川を渡り蒲原宿までを1日目で、2日目は蒲原宿から由比宿までを歩きました。

P3142910
JR東海道線吉原駅で岳南鉄道に乗り2つめの吉原本町で降ります。

P3142914
富士市は旧東海道の整備にけっこう力を入れているようです。あちこちに案内板やら道標が整備されていました。

P3142915
吉原本町を降りると商店街が続きます。

P3142916
吉原本町の名物は「つけナポリタン」だそうで。食べる機会はありませんでしたが・・・

P3142921
ルートのあちこちに道標が整備されています。

P3142926
大通りから旧道に曲がるところもわかりやすく案内されています。

P3142932
おなじみマンホールの蓋シリーズ。これはダイレクトに富士山デザインですね。富士市ならではです。

P3142933
「間宿」(あいのじゅく)とは宿場と宿場の中間ほどに休憩できるような茶屋があつまった宿があったところとのことです。

P3142939
一里塚跡の標識。標識自体もかなり年代物のようです。

P3142943
富士市駅から続く商店街と交差します。ここで小休止。カフェに入ったところ、なかなかこった店内のお店でした。

P3142947
JR身延線のガードをくぐります。すぐ左が柚木(ゆのき)駅。

P3142951
そして富士川大橋。

P3142953
富士川は大きくて水量があります。江戸時代は渡し船だったが、この写真の少し上流くらいがルートだったようです。

P3142957
富士川を渡って少し上流に行くと渡し船の上がり場跡がありました。

P3142959
少しルートを外れますが、500mほどさらに上流に上がり、東名高速富士川SAまでくると道の駅「富士川楽座」があります。ここでお昼休憩。

P3142961
レストランは富士山が見渡せとても気持ちいい。駿河湾の海の幸いっぱいのお寿司「すし三昧」をいただきました。

P3142962
こちらは駿河路丼。富士山に見立てた酢飯に、贅沢に切った刺身で大満足。

P3142968
さて、富士川大橋方面まで戻り蒲原宿まであと5キロです。ここからは起伏のある道が続きます。

P3142971
先ほど渡った富士川大橋を高台から眺めつつ。

P3142978
岩淵一里塚。江戸時代から両側にそのまま残っているという貴重な一里塚。木は老衰したため植え替えられているとのことです。

P3142980
植え替えられたときに建てられた記念碑。昭和45年です。

P3142983
この辺のおうちの門の上にはシーサーが乗っていることが多かった。このエリアのブームなのだろうか。

P3142985
東名をくぐります。雲行きがあやしくなってきた。

P3142989
眼下に東名高速が見えます。このあたりから住所は富士川氏から静岡市に変わります。静岡市といっても合併でかなり広くなったようで、以前は蒲原町だったエリアで、今は静岡市清水区となっています。

P3142992
東名の頭上を橋で渡って下り坂に。広重の蒲原宿の雪景色はきっとこの坂道を描写したんではないかと勝手に想像しました。雨がけっこう強くなってきた。

P3142991
そんな坂道に焼き芋屋さんが止まっていたので2個お買い上げ。

P3142995
坂を下りきると発電所のパイプを渡ります。「富士川第2発電所」とのこと。

P3142997
最後は雨に足下がびちゃびちゃになりながらもゴールの蒲原宿にたどり着きました。新蒲原駅から今夜の宿のある西富士宮まで戻ります。

P3143000
富士駅で身延線に乗り換え。甲府行きの表示が旅愁をそそります。

P3143001
西富士宮駅に着くと、先ほどの暗く強い雨から一転雲が吹き飛び富士山頂もきれいに見える天気になりました。ホテルの部屋からも富士山が眺められ、明日のためにゆっくり風呂に入り休みます。

| | コメント (0)

2015-02-22

東海道53次ウォーク 第12-2回<(田子の浦)~原宿>

Map122_2
昨日のゴール、東田子の浦駅前から再開して吉原宿のある岳南鉄道吉原本町駅まで少し短いですが歩きます。

P2222809
マンホールの蓋がカラフル。富士山とかぐや姫をモチーフにしてありますね。竹取物語由来の地として富士市が名乗りを上げているらしいです。

P2222811
常夜灯が道中にたくさん残っていました。

P2222814
昭和放水路を渡る広沼橋から。向こうに見える橋はJR東海道線。

P2222816
春耕の道しるべ第一号。仁藤春耕という人が明治39年から5年かけて御殿場へ至る道に道標を整備したとのこと。

P2222819
静岡まで44キロの標識。静岡もまもなくだ。

P2222826
旧街道の正面に大きな煙突が見えてきました。日本製紙の煙突と思われます。日曜にもかからず煙が出ています。後ほど横を通過予定。

P2222828
毘沙門天妙法寺の門前。お祭りがあるらしく準備の人たちが行き交っていました。

P2222835
踏切を渡って海岸沿いから離れて北上します。

P2222836
さきほどの煙突の工場。日本製紙です。

P2222837
前のバス停名は大昭和前、以前は大昭和製紙だった頃の名残なのでしょう。

P2222842
富士市は工場が本当に多いですね。日曜日の今日もこんな感じであちこちから煙が立ち上っています。

P2222845
「Suzuyo」というマーク、以前東海道新幹線で大阪を何回も往復していた頃車窓からみえる「Suzuyo」がとても印象に残っていました。帰りの東京行きの車窓から見えると「ああ、もうすぐ東京だ」ってほっとしたものです。そのSuzuyoの建物の真横を通過しました。感慨深いです。

P2222853
道路は工場地帯からいったん住宅街に入ります。

P2222854
アパートの名前に「左富士」がついています。

P2222858
ここは江戸から京都に向かう際に通常は右側に見えている富士が左に見える地点で左富士と呼ばれています。

P2222860
広重の吉原宿も左富士が描かれています。

Hidarifuji
左富士と言えば、茅ヶ崎近辺でも左富士がありました。全体の位置関係はこの通りです。

P2222866
平家越えという橋を渡るとジャトコという大きな工場が左手に広がります。日産系の自動変速機メーカーのようです。

P2222869
ゴールの岳南鉄道吉原本町駅。ここからいったんJR吉原駅まで2駅戻って、JRで三島まで行き新幹線で帰路につきます。

P2222875
そのまえに商店街にあるまつかやというお店で少し休憩。

P2222873
ふじがんもという商品が名物らしいですが、メニューはいろいろありました。置くには手づくり総菜を中心とした食料品店となっており、おばあさま方が入れ替わり買い物に来ていました。私たちは手づくりのドーナツとコーヒーで足を休めましたが。


| | コメント (0)

東海道53次ウォーク 第12-1回<沼津宿~原宿~(田子の浦)>

Map121
2015年2月21日~22日、沼津宿から原宿を経て吉原宿まで歩きました。2日間に分割し、初日は原宿を越えた東田子の浦駅まで、2日目に残りの吉原宿までです。コースは駿河湾にそってほぼ直線が延々と続く道。ひたすら歩きました。

P2212733
沼津駅前からのさんさん通りと御成橋通りが交差するところからウォーキング再開。

P2212735
当時の痕跡はほとんど残って折らず、標柱がいくつかありました。

P2212736
この通りに入ったらあとはひたすらまっすぐ。

P2212742
右手には愛鷹山とその向こうに富士山が見えるはずなのですが、今日は雲が多く富士山は雲に隠れているようです。

P2212741
先ほどの御成橋通りと合流。

P2212743
「わすれ物の店」って何なんでしょう。

P2212749
新中川を渡る間門橋から海岸方面を見ると千本松原が広がっているのが見えます。

P2212753
左、千本街道、右、旧東海道。千本街道は千本松原沿いに海岸に近い道路でほぼ並行して田子の浦まで続きます。

P2212757
松長一里塚跡

P2212763
ちょうどお昼時で休憩に立ち寄った、JR片浜駅前のショッピングセンター。ここのバーミアンでランチを取って後半へ。

P2212768
道路はまっすぐなのですが、JR東海道線はぐっと海岸寄りに寄ってきて、踏切で交差。それにしても愛鷹山はよく見えます。富士山以上にこのあたりのランドマーク地形といってもいいかも。

P2212772
原宿に到着。

P2212774
原町交差点には原町交番と旧東海道の案内板。

P2212777
高嶋酒造という酒蔵が街道沿いにあります。富士のおいしい水で美味しいお酒ができるのでしょうか。

P2212795
街道はJR東海道に近づいてすぐ隣を電車が通り過ぎます。

P2212798
そしていったん踏切を渡り海側に行きます。

P2212799
ほどなく沼津市から富士市へ。

P2212805
そして東田子の浦駅の入り口。今日はここまでです。

P2212806
東田子の浦駅。なかなかシックな駅舎。

P2212807
両隣の駅が原(宿)、吉原(宿)と宿の名前の駅にはさまれた東田子の浦駅でした。

本日はいったん沼津まで3駅もどり、ホテルに一泊して明日はここから再開します。

| | コメント (0)

2015-01-25

東海道53次ウォーク 第11-2回<三島宿~沼津宿>

Map112
昨日に引き続き、本日は三嶋大社前から沼津まで歩きます。昨日がきつかったので、本日は約6キロの道のりで終了の予定。

P1252578
三嶋大社前から歩き始めます。

P1252581
歩道には宿場町らしいデザインの街灯。

P1252584
伊豆箱根鉄道の三島広小路駅脇の踏切を渡るとき、ふと見ると大きな富士が青空に映えていました。昨日は雲に阻まれていた頂上も今日はきれいに見えます。

P1252589
家の切れ間から時折有志を魅せてくれる富士。

P1252592
宝池寺に復元されていた一里塚。

P1252595
そして後ろを振り返るとまた富士。

P1252606
こうなったら富士山の写真オンパレードということで、黄瀬川を渡るときに大きくそびえる富士。

P1252608
その橋の上から富士を見ていたら川面に自分たちの影が・・・ とてもいい天気です。

P1252625
沼津市内に入ります。川郭通りは狩野川にそうように短い区間1号線をショートカットしています。

P1252631
そして通横丁の交差点で本日のコースはゴール。沼津駅前から続く道路です。

P1252638
せっかくなのでそのまま沼津港まで足を伸ばし、ショッピングのお寿司をいただきました。とても賑やかですね。

沼津駅までバスで戻り新幹線で帰京。次回は2月末の予定。

| | コメント (0)

東海道53次ウォーク 第11-1回<箱根宿~三島宿>

Map111_2
先月箱根まで登ったので今度は三島まで標高800mを下ります。上りより下りの方が体に対する負担が大きいといいますから、気をつけて歩きます。

P1242427
前回のゴール箱根町港から出発。

P1242428
三島宿まで14.5kmとのこと。結構下る必要があります。

P1242434
まずは箱根峠まで登ります。

P1242441
箱根峠の周辺は笹が生い茂っています。

P1242448
かなり急な階段を上って国道1号に合流。

P1242453
箱根新道の箱根峠IC付近からゴルフ場方面に分岐すると箱根峠の最高点です。

P1242456
箱根峠は神奈川県と静岡県の境界。長い神奈川県を経ていよいよもっと長い静岡県に入ります。標高846m。

P1242457
箱根峠から三島までは西坂と言います。こちらも各所で石畳が整備してあります。

P1242462
いよいよ静岡県。

P1242466
「是より江戸二十五里 是より京都百里」

P1242470
まるで笹のトンネル。

P1242482
簡易トイレがあり、利用させてもらいました。中はきれいに整備されていて、トイレットペーパーも予備まで置いてありました。

P1242485
時折眺望が開けます。遠くに太平洋まで望めます。雲の切れ間から差し込む日の柱が神々しい。

P1242490
函南町から三島市へ。

P1242498
楽しみにしていた竹屋という茶屋。つい最近店を裾野市へ移転したとのこと。鰻を食べさせてくれるとのことだったので残念。

P1242502
少し歩くと山中城址公園の駐車場に売店があり、ここで昼食をとることにしました。

P1242508
観光案内所も兼ねているようで、さまざまな写真やら地図が貼ってあり、パンフレットも置いてありました。

P1242506
で、山菜入り天玉うどんで体を温めます。

P1242507
寒ざらし団子。焼いてあり表面はぱりっとしています。味噌だれと抹茶(きなこ?)でしょうか。

P1242511
再開してしばらく歩くと通行止めの看板が。本来は国道をショートカットする形で降りていくのですが、国道のバイパス工事を行っているため迂回しないといけないようです。

P1242518
日本一の吊り橋建築中、とのこと。国道のバイパスが吊り橋になるのでしょうか。

P1242533
集落の家屋の軒先には「軒下の美術館」と表示してある家がたくさんありました。これは富士山の写真を展示してあります。鉢植えを展示していたりおもしろいですね。

P1242537
また、畑に野菜がたくさん栽培されているのが目につきます。これはキャベツですが、あとは大根など。地名に「~新田」とついているので、開拓されたのでしょう。

P1242549
8キロほど歩いたあたりでカフェがありました。疲れた足を癒やしたい。

P1242547
店内はクルマ関係のディスプレイなどがあるオシャレな空間。フレッシュジュースをいただきました。

P1242556
初音ヶ原石畳公園。もう山道の下りでさんざん石畳を歩いてきた足にはきつい。「もうやめて!」という感じ。石のない端の方を歩きました。

P1242559
途中に錦田一里塚。道の両側に立派な塚があります。当時のままだそうで、整備されたにしろ、こんなにきれいな一里塚は素晴らしいです。当時の旅人も一里塚を通るたびに「進んでるんだなあ」と感慨があったのではないかと思います。

P1242563
久しぶりに鉄道を渡ります。東海道線。三島駅は近い。

P1242567
大場川を渡る新町橋。

P1242569
本日のゴール三嶋大社です。16キロの下り、かなり足にきました。

P1242575
せっかくなので大社に拝殿。行列ができていました。

本日は市内のホテルで1泊し、明日は沼津宿まで歩く予定。

| | コメント (0)

2014-12-14

東海道53次ウォーク 第10回<ホテルはつはな前~箱根宿>

Map
東海道歩きもいよいよ前半のメインイベント、箱根越えです。標高差約400メートルを約4時間で上る計画ですが・・・は

Pc131655
新宿から小田急ロマンスカーで箱根湯本へ。土曜の午前中ということもあり、当日特急券を購入したのですが、ほぼ満席でした。カミさんとは離れた席にて1時間半で箱根湯本着。

Pc131663
箱根旧街道経由のバスで約15分、前回のゴール地点、ホテルはつはな前で下車。いよいよ箱根越え開始です。

Pc131667
10分ほど歩くと大きな赤い鳥居が。箱根大天狗山神社らしいです。鳥居には天使のような像が乗っかっています。幼神の神様と書かれていました。

Pc131673
その神社のあるのが女転し(おんなごろし)坂という急坂。この写真でもその急さがわかるでしょうか。

Pc131669
そんな急坂をけっこう自転車で上っている方がいます。たいしたものです。

Pc131679
いよいよ旧道メインの道のりが始まります。

Pc131684
この石畳は江戸時代のものがそのまま残されているとのことです。

Pc131686
斜面に伸びた長いパイプ。たぶん畑宿発電所への水路だと思われます。

Pc131692
沢を木橋で渡ります。

Pc131694
石畳の説明があちこちに掲示してあります。排水を考慮して作られているとのこと。

Pc131700
旧道から県道に合流するとそこは畑宿。

Pc131704
畑宿は寄木細工の街。あちこちに施設やお店があります。

Pc131710
畑宿の一里塚。当時のものそのままではなく、なるべく忠実に復元されたものだそうです。道路の両側に塚があり、これは右手のもみ。左手にはけやきの塚があります。

Pc131712
このあたり、旧東海道、県道732号、国道1号(箱根新道)の3本が交錯しています。これは箱根新道の上を旧道が歩道橋のように渡っている部分で橋の上も石畳が復元されていました。

Pc131718
県道沿いを歩くことも多いのですが、30分に1本のバスがけっこう通り過ぎます。

Pc131726
県道からまた旧街道に分岐する階段。七曲がりと呼ばれている道路を旧道はショートカットするように登っていきます。

Pc131732
七曲がりを過ぎると見晴茶屋に到着。ここでお昼を取ります。

Pc131742
見晴茶屋とはよく言ったもので、小田原の市街地までよく見渡せます。海も見えました。

Pc131745
名物とろろそば。

Pc131744
みそでんがく。

Pc131747
店内はまきストーブが焚かれていました。

Pc131761
またウォーキング(というよりトレッキング)再開。県道沿いを歩くコースも歩道部分が石畳風に、また横は石垣風に整備されています。

Pc131769
有名な甘酒茶屋に到着。

Pc131771
ここはもう観光スポットという感じで、クルマでの観光客もたくさんいて大混雑です。

Pc131773
名物の甘酒。

Pc131774
あべかわ餅。

Pc131784
甘酒茶屋から芦ノ湖まではわりと整備が行き届いた道が続きます。ここも県道から旧道への入り口ですが、テレビなどで見覚えがあります。

Pc131788
石畳の道は足を置くところを常に見ていないと危ないので気を使います。また、石なので当然足に負担がかかってきますね。

Pc131796
いよいよ芦ノ湖が見えてきました。ピークは越えましたのであとは湖畔までの下りです。

Pc131805
元箱根交差点にでました。都会だ!!!

Pc131812
芦ノ湖の向こう側にはきれいに富士山が見えました。

Pc131818
箱根町の杉並木。ここもよくテレビ番組で紹介されます。

Pc131825
そして箱根関所。

Pc131828
東洋大学とか城西大学とかの上りがそびえています。このへんは箱根駅伝の折り返し地帯ですからね。

Pc131830
本日のゴール、箱根町港、バスターミナルに到着です。
約15,000歩、10kmのトレッキングでした。

今日はこのまま強羅まで行き温泉で足を癒やし、明朝帰京の予定です。

| | コメント (4)