カテゴリー「モノ」の14件の記事

2017-04-24

スマホ車載ホルダー『Zeuste』

私が乗っているダイハツミラはカーナビをつけていないので、ドライブに出るときはスマホをカーナビとして使っています。
以前はサンワサプライのホルダーを使っていました。

・iPhone カーナビ化
http://guiter.cocolog-nifty.com/bare/2014/03/iphone-6cec.html

ところが最近、吸盤の吸着力が落ちてしばしば落下するようになりました。水で洗うと吸着力が復活するとのことなのですが、一時的に回復してもすぐに落ちてしまい、もう寿命と判断。

そこで新しい車載ホルダーを購入したのがこれです。

Zeuste 車載ホルダー エアコン吹き出し口取り付け 横幅調節可 360度回転可(ブラック+Grey)
Amazonで\999で購入しました。

Img_8502

結構作りはしっかりしています。スマホが当たる面はラバー加工されているのと、ボタンを押すと固定バーが横に開くのですが、ゆっくりと押している間だけ開く動作になるのには驚きました。高級感さえ感じます。

Img_8503

なんといっても特徴は、空調吹き出し口などのダクトに固定するしくみです。今までのが吸盤で吸着力に寿命がきたので、今回はこのタイプにしてみたのです。

Img_8504

ミラのダクトに装着したところ。装着部分のダクト部品の厚みによりレバーを左右どちらか適切な方向に倒すとクリップで挟んで固定されます。

Img_8505

こんな感じ。冷たい空気や暖かい空気が当たりますが、スマホ直接ではないので大丈夫ではないでしょうか。(使ってみないとわかりませんが)

Img_8506
今まではダッシュボードの上に取り付けていたのでやや視界を妨げていたのですが、位置がかなり下がったのでその点も良いです。
あと2年位はこのミラに乗るつもりなので、その間は活躍してくれそうです。

| | コメント (0)

2015-03-02

電子ピアノ買い替えました

長年使ってきた電子ピアノ Roland KR-575の調子がおかしく意図せずリバーブが大きくかかったりという現象が出始めたので買い替えることにしました。

P2282893
それで先日納品されたのがKAWAI CA67。Rolandから比べると奥行きが少し短いサイズです。鍵盤の置くに各種操作ボタンなどがならんでいたのが、このピアノは鍵盤の左端にコンパクトにまとめられ、その分奥行きが短いというわけです。

P2282895
KAWAIの電子ピアノ。今までRolandしか使ったことがないのでもちろん初めてのメーカーです。色はローズウッド。

P2282897
鍵盤の左端にまとめられた操作ボタン。機能の数ではKR-575にかないませんが、本質的な機能は十数年の差もあり、こちらの方が充実しています。

P2282898
私の必須機能は、音色が好みであること、または好みの音色が作れることはもちろんですが、あとはメトロノーム機能が使いやすいこと。ポップス系のリズムが充実していることです。

P2282901
もちろん鍵盤のタッチの好みも必須ですね。もともとRolandは軽めのタッチでしたので、最近の生ピアノに近いタッチを追求したものはそれなりに重く感じますね。このCA67も最初は「重い!」と感じました。でもこの木製鍵盤、慣れると心地よく感じます。

P2282906
本体下面には各種端子群があります。これは左からデバイス用USB端子、ヘッドホン端子(標準プラグ用)、ヘッドホン端子(ミニプラグ用)。その右にはヘッドホン用フック。

P2282907
さらに奥にはライン入力、ライン出力、PC接続用USB端子、MIDI入出力端子が並んでいます。感心したのは私がよく使うライン出力にボリュームつまみがついていること。前のRolandだと固定出力レベルで、PCに取り込んだ後に音量を適正に調整する必要がありましたが、今回はレベルを上げて出力することにより調整不要となります。

P2282894
実はショップに注文したのは1月中旬で、前の機種のCA65だったのです。注文後に連絡があり、製造中止になったこと、2月下旬まで待てば後継機が出るので、同じ価格でよければ後継機を納品できることが連絡されました。これは願ったりです。結果的に現在の販売価格より2万円ほど安く新機種を手に入れることができました。

音色の追求や、まだ使っていない機能の活用など、これから少しずつ楽しんで行きたいと思います。

| | コメント (0)

2015-02-20

ウッドコーンスピーカー SX-WD30

昨年末パイオニアのネットワークCDレシーバーXC-HM82を導入していろいろと音楽を楽しんでいるのですが、スピーカーが以前のオンキョーのもの。時折店頭でデモをやっているビクターのウッドコーンオーディオの音が気になっていて、今回スピーカーも入れ替えました。

購入したのはJVC SX-WD30。

P2202719
かなり小型のブックシェルフ型です。

P2202722
ユニットは9㎝フルレンジというもの。もちろんウッドコーンスピーカーです。

P2202725
奥行きがかなりあるのですが、バスレフのダクトが後ろに空いています。9㎝なのにかなり低音は出ます。

P2202726
サランネットを取り付けるとこんな感じ

P2202721
高域から低域まで解像感が高い音という感想です。聴いていてとても楽しい。低音ははらわたに響くような音はもちろん望めませんが、ふだん小音量で聴く分にはとてもバランスよく低域が伸びます。
価格はペアで23,000円。素晴らしいスピーカーだと思います。

| | コメント (0)

2014-12-28

ネットワークCDレシーバー パイオニア XC-HM82

パイオニアのネットワークCDレシーバー『XC-HM82』を購入しました。

Pc282343

今まで使っていたONKYOのCDレシーバーFR-V77の買い替えです。発売前から気になっていて銀座のパイオニアショールームまで発売前の現物を確認しにいったりしていました。

レシーバーなので、音源ソースの取得とアンプが一体になったオーディオ装置です。ミニコンポの本体のみと言ってしまえばはやいかもしれません。

Pc282348


以下のレビューは価格.comに投稿したレビューに加筆したものです。

■対応ソース
実にたくさんのソースに対応していて、本気の大きな魅力の一つだと思います。CD再生、FM/AM受信、アナログライン入力(RCA端子2系統+前面ミニピンジャック)、光デジタル入力というレガシーソースを確実に押さえた上で、USB端子からのiOS機器またはUSBメモリ、CDメディア上のファイル、DLNAクライアント、インターネットラジオ、BlueTooth再生、AirPlay再生まで、これ1台ですべて事足りてしまう感じです。
ただ、入力ソースはすばらしいのですが、出力端子がスピーカーだけというのは驚きました。アナログのライン出力は今時だれも使わないのでしょうか。

Pc282355


■音質
残念ながら私は音質について語れるほどの感性は持ち合わせていないので、判断できる範囲で書きます。
スピーカーは以前のONKYOのものをそのまま使っていますのでFR-V77に比較してということになりますが、満足できる音質、音量です。高音、低音それぞれ微調整できるほか、Classic,Jazzなどプリセットされた音色を選ぶこともできます。
ハイレゾ音源は持ち合わせていないのでこれからの楽しみとします。

■ディスプレイの再生中表示
本機のもう一つの魅力はディスプレイの表示情報だと思います。日本語を含めた曲名やアーティスト名の表示とアルバムアートの表示はリビングで音楽を聴くときに楽しさを増幅させてくれます。黒バックに太い白文字も大変読みやすく、申し分ありません。

Pc282352


■インターネットラジオ
vTunerを介したネットラジオを聴くことができます。以前からPCでよく聴いていたクラシック局OTTAVAもvTunerで扱っていたのがうれしい。さっそくFavoriteに登録してすぐに受信できるようにしました。また、RADIKOとらじるらじるについては当然直接受信することはできませんが、vTunerの自分のサイト(機器毎にアクセスコードがあり、各種設定を行えます)でURLを登録することにより独自に追加する機能を使って、少なくともNHK-FMについて受信することができるようになりました。(でも電波放送で聴くことができるのであんまり意味はないんですが)

Pc282354


■USBメモリ再生
DLNA再生だとジャンルやアーティスト毎の選択で局を選ぶことになるのですが、DLNAサーバ側の仕様により使い勝手が違ってきます。また私はNASを用意していないので、PCを起動していなければ再生することができないというのが難点です。
その点USBメモリ再生だと、自分でフォルダ構成を作ることができるので、曲選択をすごくやりやすくすることができるのが魅力です。例えば基本的にはクラシックやジャズなどのジャンルで第1階層のフォルダを作成しますが、好きなアーティスト(たくさんファイルを持っている)はそれと同じ階層にアーティスト名で階層を作るというようなことが簡単にできます。また、通常はアルバム毎に最終フォルダを分けますが、あえて複数のアルバムを同一フォルダにまとめるなども行えます。

Pc282347

もちろんDLNAサーバでもジャンル設定や再生リスト機能で使いやすい構成にすることはできますが、手軽さという面で今のところUSBメモリ直接再生を選んでいます。
USBメモリ直接再生でもディスプレイにはアルバム情報やアルバムアートなどが表示されます。(ただし、アルバムアート表示はmp3およびDSDファイルのみとなります)
下の前面端子部の写真はSanDiskのコンパクト型USBメモリ(32GB)がささっている状態です。

Pc282345


■BlueTooth再生
PCはノート型を使っていて固定スピーカーは置いていません。なのでスピーカーで聴きたいときはライン出力端子からFR-V77のライン入力へ接続していました。当然有線なのでPCを置く位置は限られていました。
本機はBlueTooth接続に対応していますので、コードを接続せずともBlueTooth経由でPCのサウンドを本機で再生することが簡単にできるようになったのがすごくうれしいです。
PCにはBlueToothが内蔵されていなかったので、PLANEX Bluetooth USBアダプターを購入して本機とペアリングしました。ペアリングさえしておけば、本機の入力をBlueToothに切り替えれば即時にPC(Windows7)のサウンド出力がそちらに切り替わります。音質はまったく問題ありません。(本来はUSB DAC機能を使えればより高音質になるのでしょうが、私にはこれで十分です。)
なのでPCを起動しているときは本機で音楽ファイルやネットラジオを聴くよりも、PCでメディアプレーヤーやiTunesで再生したり、ブラウザでネットラジオを再生してBlueTooth経由で本機で聴くという形の方が使いやすいと感じます。

Pc282351


■その他
リモコンは反応がにぶい(0.5秒ほどタイムラグがあります)ことを除けば操作性はいいです。機械が苦手な妻も使いこなしているようです。
iPhoneでのControlAppでの操作は使いやすく快適です。本体のディスプレイを見ないと操作結果がわからないものがあるので欲を言えばその辺を改善してもらえるとうれしい。(例えば再生中のボリュームとかプリセットサウンド切り替えとか)
また、スタンドは本来iPhone、iPod、iPad用のようですが、写真のようにCDジャケットを載せるとCD再生が楽しくなります。

Pc282344

発売してから2ヶ月が経とうとしているのにほとんどのショップで在庫なしの状態とはどういうことなのでしょうか。それほど爆発的に売れているということではないようですし、これが不可解です。ヨドバシには豊富に在庫があるようですし。私はAmazonに出店しているお店に在庫(1台のみ!)があったのでそこで買いました。

Pc282346


■総評
私としてはとてもいい買い物をしたと思います。Pioneer製品は数十年前にカセットレシーバーを買って以来ですが、センスの良さを感じるのは当時と同じ印象でした。他メーカのネットワークCDレシーバーと本格的に比較したわけではありませんが、今のところは少なくとも機能的にはもっとも魅力がある製品なのではないでしょうか。

| | コメント (0)

2014-03-02

iPhone カーナビ化

勝浦へのドライブはレンタカーを借りて行ってきたのですが、今まではレンタカーを借りるときはカーナビをオプションでつけていました。

昨年末に携帯をiPhoneにしたこともあり、今回はiPhoneのカーナビアプリでトライしてみました。

Img_4980

こんな感じです。

用意したのは以下の通り。

・カーナビアプリ:MapFan+(無料)
 MapFanは以前から使用していたのですが、カーナビとしても優秀なソフトだということが判明。しかも無料で使えるようです。(電波の届かないところでも使えるようにあらかじめ地図データをダウンロードしておいてオフライン地図として使うためには有料となります)

・ダッシュボードへの固定スタンド:サンワダイレクト iPhone5s スマートフォン 車載ホルダー 簡単取り外し オートホールド機能 200-CAR012(\1,980)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B007X3CY9M/ref=oh_details_o00_s00_i01?ie=UTF8&psc=1
ダッシュボードへの固定部がゲル状になっていて、ざらざらの表面でもしっかり固定されました。

・USB電源:iBUFFALO 【クルマのシガーソケットから充電できる 超小型USBシガーチャージャー(\754)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B006GVCTLA/ref=oh_details_o00_s00_i00?ie=UTF8&psc=1
シガーソケットからUSB電源を供給できるアダプタです。

これでOK! 運転の間中、ずっとナビゲートしてくれました。

このアプリ、本当に無料でいいんだろうか、と心配になるくらいよく働いてくれました。

| | コメント (0)

2012-06-15

自動改札恐怖克服グッズ

最近購入したものでプチヒットのすぐれものを紹介します。

41eknsgxtl

駅の改札やコンビニでピッ!iPhone対応 非接触型ICカード読取りエラー防止シート
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B005OP3008/ref=oh_details_o00_s00_i00

この写真のグレーのやつがそれです。想定している用途としてはおサイフケータイ機能のないiPhoneなどの裏にSuicaやPasmoとともに貼り付けて、おサイフケータイのような使い方を実現させるというもの。普通に貼り付けただけではiPhoneに内蔵されているICなどが微弱な読み取り電波を乱してしまうので、このシートでカード側とiPhone側を遮断して安定して動作させるという働きをします。

私はiPhoneは持っていないし、所有しているケータイはそもそもおサイフケータイ機能が入っているのでそんなめんどくさいことはしなくてすむんですが・・・

通勤定期をPasmo定期にしていて、普段は財布にそれを忍ばせていて改札は財布をかざすという使い方をしています。ところがこれがナイーブなんです。わりとすんなりと認識してくれる機械は少数派、ほとんどが少し立ち止まってじっくり読み取らせないとバサッとゲートがしまってしまいます。

いろいろと試してみたのですが、どうも財布に入れているコインが悪さをしているらしいという結果に。でもこのスタイル、便利なのでいつもおそるおそる改札を通っていたのです。

そこにこのシートの存在を知り、さっそくAmazonで\980で購入しました。

効果はてきめん! いっさいエラーは発生せず、かざすと一瞬で認識してくれます。ものすごい効果でびっくりました。
モノはただの薄っぺらいカードなんですが、同じような悩みの人がいたらおすすめです。

| | コメント (0)

2011-12-11

このスマートな掃除機

掃除機を買い換えました。今年はコンパクトな住居に移ったこともあり、取り回しの楽な掃除機を物色していたのですが、Electrolux製のエルゴラピード・プラスというのを購入しました。

20111211_01_2

一般的な掃除機でなく充電式のスティック型掃除機です。上の写真は充電スタンドにセットした状態で、上に持ち上げればそのまま使用することができます。コードレスなので、思い立ったときに手軽に掃除できるのでとても機動性が高いです。

20111211_02
もう一つの特徴は"2 in 1"とメーカーが読んでいる仕組みですが、本体部分が簡単に外れるようになっていて、外すとそのままハンディー掃除機として使えます。

ヨーロッパの製品らしくとてもデザインが小粋ですね。私は洗面所の洗濯機の横のスペースに置いたのですがリビングの一角に置いておくのがもっともふさわしいと思います。

20111211_03
運転中もヘッド部分でランプが点灯し、暗いところを掃除するときにも埃がよく見えるしくみが楽しい。

基本的な性能ですが、我が家の使い方としては吸い取り性能は不満なし、充電時間4時間で20~30分ほど使えます。サイクロン式でゴミ捨ても簡単です。

ルンバが賑わう掃除機界ですが、この製品もマンション用あるいはサブ用として、デザインに優れたとても使い勝手のよい掃除機として十分エポックメイキングなものだと思います。

| | コメント (0)

2008-01-13

AUのINFOBAR2

PCのモバイル通信環境をAUに乗り換えたのに伴い音声端末もAUにしています。ウィルコムの前もAUだったので古巣に戻ったという感じです。

基本料金は「誰でも割」というやつがあるのでプランSSとの組み合わせ1800円で済みます。安くなったものだと思います。

機種はau Design projectのINFOBAR2にしました。鳥取三洋製。

20080113au04

色は4色の中からNISHIKIGOIを選択。以前乗っていた真っ赤なGOLFを彷彿とさせたからです。今まではシルバーとかブラックとか無難な色しか使っていなかったので赤い携帯なんて持つとちょっとドキドキしますね。

この機種、外見に似合わず最新の機能はほとんど装備していて、ワンセグ、おサイフケータイ、デジタルFM、有機EL液晶をはじめとしてなんでもそろっています。私はワンセグは見ないしおサイフケータイも使う予定はないのですが、「いつでも使える」という満足感は得られます。

一番うれしかったのは以前使っていたW43T(だったかな?)に比べて操作の反応がとてもきびきびしていることです。機能豊富よりもこういうところが長く使う上では一番大事。

デザインケータイとうたっているだけあって、待ち受け画面などにもこだわりが感じられ、持っていることが楽しくなるケータイです。

| | コメント (0)

2007-09-16

最近我が家に入った2つの家電

最近我が家の2つの大型家電が壊れた。ひとつは洗濯機、ひとつは冷蔵庫。

東芝製洗濯機はちょうど10年くらい使っていたものだけど、脱水時に洗濯槽のバランスが悪くガタガタと騒音をまき散らしていたのが、ついに動かなくなってしまった。

三菱製冷蔵庫は12年前に購入したもの。ここ数年コンプレッサーの音がうるさいなとは思っていたのだが、最近冷えが悪くなってきて、先週の朝、まったく冷えなくなりコンプレッサーの音がまったくしなくなっていた。

家電10年寿命説というのがあるけれど本当だ。これがメーカーの陰謀だとすればものすごい技術力ということになり感服する。

新しい洗濯機はこれだ。三洋の話題のAQUA。
http://www.sanyo.co.jp/aqua/aq2000/

「アクアループ」「エアウォッシュ」という2つのキーワードが特徴の製品だ。

20070916kaden01

エアウォッシュはいろいろな媒体で取り上げられているのでご存じの方は多いだろうと思う。水洗いできないような革製品やシルクなどをオゾンで脱臭・除菌するという機能だ。残念ながらまだ使っていないけどこの製品の最大のウリである。

アクアループもオゾンの働きを利用したものだが、洗濯で使う水を風呂水や前回のすすぎ水を利用することにより大幅に節水するという機能だ。特に風呂水を使うと洗いからすすぎまですべての工程で再利用水を利用できることになる。

こいつは図体がでかいのが玉に瑕だ。今度引っ越すことがあれば、洗濯機がおけるかというのが重要なポイントになりそう(笑)

お次は冷蔵庫。日立の「たっぷりビッグすみずみクール」というキャッチフレーズの430Lタイプの片開きドアのものだ。
http://kadenfan.hitachi.co.jp/rei/lineup/r-s43wm/index.html

20070916kaden02

前に使っていたものは三菱製だけど購入した頃は自動で氷ができたり冷凍庫が中段に配置されていたりと 、その便利さによろこんだことを覚えている。

今回の日立製のはそれらは当たり前としてキャッチフレーズにあるように庫内が明るくひろびろしているのにびっくりした。

そして10年の年月を感じさせたのが音の静かさだ。前のはコンプレッサーが働くたびに「ブーン」といううなり声を上げていたのに比べて耳をそばだてなければ動いているのかどうかわからないほど静かだ。しかもH18年省エネ大賞を受賞したという消費電力の低さが特徴だ。唯一音がうるさいのは自動製氷機の氷の落下音かな、かなり大きな音がしてびっくりする。

そのほか最近の冷蔵庫としてはあたりまえなのだろうけど、野菜の鮮度を落とさない工夫だとか野菜庫や冷凍庫が可動棚により収納効率が良くなっている点など時代の進化を感じさせる。

| | コメント (2)

2007-06-27

三洋ボイスレコーダー Xacti

ピアノのレッスン記録として演奏したMP3ファイルをアップしているが、演奏をどうやって録音しようかなということでいろいろ調べてみた。

楽器の録音といえばマイクで音を拾うというのがまず思い浮かぶ。だけど使用するマイクや機材などをそれなりのものに揃えないといい結果が得られないだろうことは想像に難くない。それと我が家はマンションなので大きな音を出すわけにはいかないのでこれは難しいのではないかと思った。

ならと、ピアノは電子ピアノなのでヘッドホン端子がついている。そこからライン経由で直接音を拾ったらどうかと考えた。

録音機器は持っていなかったので新たに購入することにした。専用の高級機器はまずパス。そんなにたいそうな演奏でもないのでまずは記録できるというレベルでいい。かといってラジカセレベルではこころもとないし図体が大きい。ウォークマンなどで録音機能がついているものもなかなか見つからなかった。

ヨドバシをうろうろしているとボイスレコーダーコーナーが目にとまった。ボイスレコーダーの主な用途はもちろん会話や語学練習など生の声を録音することだ。だけどカタログを見てみるとマイク端子にコードを接続することによりCDなどから直接取り込むこともできると書いてあった。

それで選んだのがこの三洋のXacti ICR-PS285SRMだ。

20070625zacti01

ボイスレコーダーなのでスタイルや操作体系は録音しやすさを第一に作られている。また、通常の録音はMP3形式ファイルとなるが、音楽録音用にPCM録音モードがついておりWAV形式のファイルで記録することもできる。

20070625zacti02

本体最上部に内蔵マイクが付いているが、チルト式になっている。

20070625zacti03

電源は三洋おとくいの充電型電池エネループが使われている。

20070625zacti04

本体に直接伸縮式のUSB端子が付いていて、PCに直接挿入する。(延長コードも付属している) PCへのファイル転送はエクスプローラーからファイルコピーで行う。また充電もUSB端子経由で行われる。

ピアノの録音はピアノのヘッドホン端子からXactiの外部マイク端子にミニピンジャックコードで接続し、Xactiの録音モードをマイクから外部端子に切り替えることで可能になる。録音レベルは手動で調整することも可能だが自動コントロールにまかせている。けっこうきれいにとれていると思うがどうだろう。リバーブなど音楽用の機能はないがピアノ側で調整すればそれを忠実に録音してくれるのでOKだ。

ボイスレコーダーを入手したことでボイスレコーダー本来の用途である声の録音を活用するという使い方も考えている。音の記録はデジカメの画像記録と同じようにいろいろと活用できそうだ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧