« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019-04-29

映画『グリーンブック』と板橋仲宿散歩

池袋HUMAXシネマズで遅ればせながら「グリーンブック」を見てきた。

20190429_164016

黒人に嫌悪感を抱いていた主人公が、ひょんなことから黒人ピアニストに使える運転手になり、黒人差別の激しい南部へのツアーに同行することになる。ぶつかりながらもしだいに信頼関係が芽生えていく。
話には聞いていたけど、ラストのラストでこみ上げるものがどっと出てきた。こんなにもおなかの底から感情が湧き出てくるなんて久しぶりだった。 

 

お昼をとった後、本蓮沼までウォーキング。
池袋駅北口の地下道を渡り山手線の外側に出て平和通りを通り川越街道までまっすぐ。
その後、川越街道を渡りさらに北上して板橋区役所から中山道仲宿通りに入った。

Img_20190429_141203

あとは賑やかな仲宿商店街をさらに北上していった。

Img_20190429_141834

板橋区の名前の由来となる「板橋」を渡る。
実は、今、新聞小説で連載中の宮本輝の「灯台からの響き」の最初の舞台は、ここ板橋仲宿商店街のラーメン屋なのだ。
もう一度見ておきたかった。

ほどなく環七を横切って、スタートから1時間ちょっとで到着した。
久しぶりの東京散歩、気持ちよい汗だ。

| | コメント (0)

2019-04-23

ピアノレッスンNo.182『シャル・ウイ・ダンス?』

映画音楽シリーズ第3弾!^^;
この曲を聴いて「王様と私」を思い浮かべる人はだんだん少なくなっていくのかもしれませんね。ロジャース&ハマースタインの名曲です。
ご存知、周防監督の「Shall We ダンス?」の方が有名かもしれませんが、リチャード・ギア主演のリメーク版「Shall We Dance?」も記憶に新しいところです。
1曲で3回おいしい名曲です。

使用楽譜「やさしく弾けるピアノソロ オールディーズ・スクリーン名曲集」(KMP)

Digital Piano : KAWAI CA67
Recorder : Olympus LS-20M
Editor : PEGASYS TMPGEnc Vdeo Mastering Works 7

| | コメント (0)

2019-04-05

ピアノレッスンNo.181『今宵の君は』

映画音楽シリーズ(って、無理やりこじつけてるだけのような気がしますが)第2弾は「今宵の君は」です。1936年フレッド・アステア主演の映画『有頂天時代(Swing Time)』のために書かれた曲だそうです。
ただし私の中では学生の頃聴いていたNHKのラジオ番組「夢のハーモニー」のタイトル曲としての思い出の曲です。マントバーニ楽団の演奏が素敵でした。
https://youtu.be/xqHII0q1lPg

 

使用楽譜:Eugenie Rocherolle 編曲(ぷりんと楽譜版)

 

Digital Piano : KAWAI CA67
Recorder : Olympus LS-20M
Editor : PEGASYS TMPGEnc Vdeo Mastering Works 7

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »