« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018-11-25

都響プロムナードコンサート No.380

三連休の最終日、日曜日。
サントリーホールで都響プロムナードコンサートを聴いてきた。

Img_20181125_132330
カラヤン広場もクリスマス気分。

Img_20181125_132155
13時20分にオープニングオルゴールが奏でられ会場。

Img_1688

-------------------------------------------------
指揮:ミヒャエル・ザンデルリンク
管弦楽:東京都交響楽団
-------------------------------------------------
ウェーバー:歌劇『オイリアンテ』序曲 op.81
ヒンデミット:ウェーバーの主題による交響的変容
-------------------------------------------------
ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調 op.92
-------------------------------------------------

前半はウェーバーつながりの2曲。ユニークな構成だ。
ベートーヴェンも聴いていて感じたのだけど、いつもの都響とはまるで響きが違っていたようだ。何か室内楽のような。もちろん編成は少し小編成なのだけど、それにしてもクリアな落ち着いた響きだ。
配置もコントラバスを左に、第2バイオリンを右に置く古典的な並び方。

心地よいベト7を楽しめた。

Img_20181125_132341
外では赤坂蚤の市を開催中。ティーカップを2客購入して帰った。

| | コメント (0)

大洗めんたいパーク

三連休の中日、茨城県大洗町の「かねふくめんたいパーク」へ行ってきた。

Img_20181124_112947
東京から国道6号水戸街道をひたすら進み、水戸の手前を海の方に行くと大洗町はある。

Img_20181124_113150
ここを訪れるのは昨年に引き続き2度目。
Img_20181124_113202
目的はうまいめんたいおにぎりを食べたかったから(笑)
Img_20181124_113442
それでチョイスしたのが、明太子と紅鮭のミックスおにぎり、明太子おにぎり、それにミルクソフトクリームとめんたいソフトクリーム。
Img_20181124_114220
おにぎりの具は信じられないほどたっぷりと詰まっている。ご飯の量もかなり多く、これ1個でおなかいっぱいだ。
Img_20181124_113710
窓の外を見ると大洗から苫小牧に向かうフェリー「さんふらわあ」が停泊している。

帰りは常磐道で帰ったら東京まで2時間弱でついてしまった。

| | コメント (0)

2018-11-23

ヴェニス・バロック・オーケストラ

3連休の初日の今日、ヴェニス・バロック・オーケストラの演奏を聴いてきた。

Img_20181123_212656

会場のアニェッリホールとはイタリア文化会館の地下にある。
Img_20181123_142642
千鳥ヶ淵、靖国神社の前のほど近く、インド大使館や二松学舎大学などの並びにイタリア文化会館ビルはある。
Img_20181123_142716
とてもデザインチックで「イタリア!」という雰囲気があふれる外観だ。
Img_20181123_143614
地下2階まで降りるとアニェッリホールがある。小ホールという広さだけど、壁やステージの背景などにくいばかりのセンスあるデザインだ。椅子も普通のホールの椅子とはまるで違いスマート。
Img_20181123_212710
肝心の演奏だけど、メンバーの気さくな感じがヴィヴァルディの曲にマッチする。
ソプラノリコーダーの演奏は素晴らしかった。
「ごしきひわ」のやるせない鳴き声は少々やりすぎの感じもしたけど(笑)
Img_20181123_132029
コンサートの前、神保町で降り、珈琲館専大前本店で昼食をとった。ミックスサンドとフレンチプレスコーヒー。

| | コメント (0)

2018-11-16

紅葉の海谷渓谷・海谷高地

(たぶん)今年最後の山歩きとして、 11月8日、糸魚川にある海谷渓谷に行ってきた。

Dscn4530
糸魚川から海川沿いに30分ほど走ったところにあるのが海谷三渓パーク。

Dscn4532
クルマも60台ほど駐車でき、キャンプ設備もある。

Img_1644
ダイハツミラ号は大人二人を載せて見附から3時間半、とてもよく走る。

Dscn4535
ここから登山の始まり。

Dscn4536
標識によると海谷渓谷まで1時間。目的地は海谷高地だけど、違うのか。

Dscn4542
すぐに展望台があり、海谷渓谷を一望できる。今日は友達と二人で歩いた。
Img_1650pano
パノラマ写真(クリックで拡大)

Img_1650
こちでは映画「楢山節考」のロケが行われたそうだ。

Dscn4549
海谷という名前のようにはるか昔は海底だったという。

Dscn4551
ブナ林。

Dscn4556
真っ赤な紅葉は陽に生える。

Dscn4557
渓谷という名の通り、険しい崖沿いが多い。ここも足元をちょっとすべらせると谷底に真っ逆さま。ロープがなければ無理だ。

Dscn4562
11時くらいの日差し。

Dscn4568
小さな沢に橋がかけられている。もともと海谷高地にあるデンカの発電所のために整備した道らしい。

Img_1657
美しい。

Dscn4578
足元が濡れており落ち葉もたくさんあり、ところによっては細く、とても怖い。

Dscn4587
梯子が架けてあるところも何か所かある。

Dscn4593
登山開始から沢に向かって降りてきた感じだったが、いよいよここで沢を渡る。

Dscn4598
昔は両岸にロープが渡されており、滑車をすべらせて渡ったらしいが、今は岩場を伝って渡る。

Img_1673
ところどころペンキで矢印が書いてあるが、落ち着いてあるかないとすぐあらぬ方向に進み立ち往生してしまう。

Dscn4600
流木などもあり、かなり難儀だ。とても疲れた。

Dscn4609
疲れ果てて沢を渡ったら海谷高地まで上りだ。

Img_1678
七曲り。ゴールは近い。

Dscn4613
眼下に海谷高地が見えてきた。

Dscn4615
これが発電所設備。取水口か。

Dscn4616
海谷高地。ケショウヤナギが群生していることから「越後の上高地」と呼ばれているそうだ。

Dscn4618
昼食は塩ラーメン。白菜、きのこ、ハム、卵入りの豪華なラーメン!

Dscn4622
デザートはおしるこにきんつばというあずきづくし(笑)

Dscn4629
さて、下山だ。

Dscn4637
午後になると日差しが谷底近くまで差し込んできた。

無事下山。とにかく沢渡りが疲れた。足元も危険なところが多かったし、標高差はないが、私にとってはとても難易度の高いコースだった。
でもきれいな紅葉を堪能できたコースでもあった。

| | コメント (0)

3度目の国立歴史民俗博物館

去る11月4日、(たぶん)3度目になる国立歴史民俗博物館を訪れた。

所在するのは千葉県佐倉市、成田の手前にあたるところで、板橋からはクルマで下道を通ってちょうど2時間ということろ。環七から水戸街道に入り、松戸からさらに分岐して鎌ケ谷方面に向かう。鎌ケ谷からはほぼ北総鉄道の線路沿いに整備された、途中からはまるで高速道路のような道を辿っていく。

Img_1609
小高い丘陵地帯に歴博はある。

Img_1612
館内は広い。縄文時代から現代までそれぞれのゾーンに分けて展示されているが、現在縄文から古代(奈良時代まで)はリニューアル中ということで、中世(平安から)からの展示となる。

Img_1613
学術的な展示ばかりでなく、生活や一般庶民の民俗にいたるまで展示しているところがよい。

Img_1619
特にジオラマは圧巻だ。

Img_1623
平安京の人々の暮らし。

Img_1627
農家の暮らし。

Img_1634
日本橋界隈。

Img_1639
そして館内のレストランで古代米おむすびセットをいただく。

Img_1641
デザートはクリームみつまめ。

来年3月中旬にリニューアルが完了するそうなので、古代をあらためて見に来たい。

| | コメント (0)

ピアノレッスン No.174 『トゥナイト』~ウエストサイドストーリー~

今年はバーンスタイン生誕100年にあたるとのことで、いろいろなメディアでバーンスタインが取り上げられていました。
私が一番好きなのはこの「トゥナイト」。(同じウェストサイドストーリーの中の「サムホエアー」も負けないくらい好き)
以前も少し簡易なアレンジ版を練習したことがありますが、今回は少し背伸びしてみました。

使用楽譜:Boosey & Hawkes版(musicnotes.comで購入)

| | コメント (0)

2018-11-03

コーヒーコレクション神田錦町2018

神田錦町のテラススクエアで行われているコーヒーコレクションに行ってきた。

Img_1599

神保町からさくら通りを横切って大手町方面に歩くと学士会館のすぐ裏にテラススクエアはある。

Img_1604

全国から11/3に5店、11/3に5店が出店している。

テイスティングを申し込んだ。

Img_1608

5店のコーヒーをここに乗せてもらう。

Img_1602

それぞれが、浅炒りで焙煎してあり、コーヒー豆そのものの味を感じやすくなっている。
確かに、普段、中炒りのものを淹れているが苦みが結構強い。今日の物はほとんど苦みを感じず、酸味やフルーティーさなどをダイレクトに味わうことができた。

Img_1606

滋賀県のコーヒーショップ Yeti Fazenda COFFEE の豆を購入。

Img_1607

浅炒りもなかなかいいものだ。

| | コメント (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »