« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018-08-29

ピアノレッスン No.169 『レイダース・マーチ』



ちょっとピアノでは難しいかもしれなかったのですが、インディー・ジョーンズのテーマを弾いてみました。吹奏楽育ちの私としてはマーチは燃えます^^; 使用楽譜:「映画音楽名曲全集1」(松山祐士編)(ドレミ楽譜出版) Digital Piano : KAWAI CA67 Recorder : Olympus LS-20M Editor : PEGASYS TMPGEnc Vdeo Mastering Works 5


| | コメント (0)

2018-08-25

都響プロムナードコンサート

8月25日、今期3回目の都響プロムナードコンサートを聴いてきた。

Img_1575

------------------------------------------------------------
指揮:ハンス・グラーフ
ピアノ:カティア・スカナヴィ
------------------------------------------------------------
モーツァルト:交響曲第34番 ハ長調 K.338
サン=サーンス:ピアノ協奏曲第2番 ト短調
(アンコール)ショパン:ノクターン 第20番
------------------------------------------------------------
ドヴォルザーク:交響曲第8番 ト短調 op.88
------------------------------------------------------------

サン=サーンスのピアノ協奏曲はたぶん初めて聴いたと思うけど、一風変わった協奏曲に感じた。オーケストラが伴奏に徹し、ピアノが独奏曲のように演奏される。ピアノの音色がクリアに聴こえ、それも相まってさわやかに楽しめた。曲か演奏者かピアノか会場か、あるいはすべてか、新鮮な体験をした。バイオリンの透明な音色も印象的だった。

ドヴォルザークはスラヴ色にあふれた名曲。都響の安定したアンサンブルをグラーフが魅力的にまとめ、至福のひと時を過ごせた演奏だった。
私の生い立ちからチューバやトロンボーンを注目しがちなのだけど、この曲はトロンボーンとチューバは1楽章と4楽章だけ登場し、間の2楽章と3楽章はお休みしている。それだけに登場した時の低音金管楽器群の迫力が鮮烈なのだろう。
また、打楽器もティンパニーのみで、大太鼓やシンバルといった楽器は使われていないことに気づいた。「新世界より」も4楽章のシンバルのピアノでの1発がよく取り上げられることが多いように、ドヴォルザークの打楽器の使い方は特徴的だ。「新世界より」と言えばチューバもそうだ。2楽章での弱音の金管楽器コラール部分に登場するだけで、あとはフォルテッシモ部分も含めてすべてお休み。まったく使わないのではなく、効果的な部分、それも弱音の部分にチューバやシンバルを限定的に使うというのはドヴォルザークくらいではないだろうか。

Img_1576

終演後、新宿伊勢丹の「宮川本廛」でひつまぶしをいただいた。

| | コメント (4)

2018-08-17

喜多方へ漆器を求めに

お盆がひと段落した8月17日、福島県の喜多方へドライブがてら行ってきた。
喜多方と言えばラーメンが有名だけど、今回の目的は漆器カフェでの食事と漆器の買い求め。

Img_20180817_115803
喜多方駅にほど近いところにお店はある。蔵を半分に仕切って、左側がカフェ、右側が漆器展示販売所。

Img_20180817_115753
まずは「珈琲蔵 ぬりの里」へ。

Img_20180817_112904
お昼時ということもあり、注文したのは「田舎もち」。もちが3種類(あん、からみ、つゆ)、こづゆ、漬物というセットになる。

Img_20180817_112908_2
「こづゆ」というのは会津地方の郷土料理。新潟でいうとのっぺい汁と雰囲気が似ている。

Img_20180817_114600
そして「蔵コーヒー」。トラジャをベースとしたブレンドで漆器のカップでいただく。

Img_20180817_163741
そしてカップ2個。

Img_20180817_163802
喜多方の学校で給食に使われているという器を3点、2セット購入してきた。


| | コメント (2)

2018-08-11

MOS Access 2016 合格!

先月のWordに引き続き、今年3つ目のMOSとして、本日Access 2016を受けて、無事合格しました。

20180811_214750
1000点満点のところ931点。ExcelとWordは満点だったので、そこはちょっと残念。
Accessはなかなか日常で使う場面はないとは思うけど、手軽にデータベースが使える環境がいつでも手元にあるというのはうれしい。
今度はPowerPointを受ける予定。

| | コメント (0)

2018-08-08

三国山

「新潟の山歩き50選」という本を購入した。

Img_20180809_182427
いわゆる里山を中心に、本格的な登山ではないいわゆる山歩きを楽しむためのコースが紹介されている。私にぴったりの本だ。
この本のコースを中心に楽しんでいこうと思う。
第1弾として三国山を歩いてきた。


Img_1516
国道17号の三国トンネルの真上が三国峠。そこから200mほど登ると三国山の山頂となる。登山口は三国トンネルの新潟県側と群馬県側の両側にある。今回は新潟県側から。
左が現在の三国トンネル。右が建設中の新三国トンネル。

Dscn4180
現在の三国トンネルのすぐ左側に登山口がある。
今日は友達と2人での山歩きだ。

Dscn4186
三国峠までは昔からの街道筋となるため、道幅は広めで、小石がたくさん敷かれている。気温は20度ちょっとだろうか、木々の中でさわやかな空気だ。

Dscn4191
5分ほど行くと「三国権現御神水という氷柱が道の真ん中に建てられている。
道のわきに湧水があり、冷たい水が出ている。

Img_1528
30分ほどで三国峠。ここには三国神社の鳥居と社がある。社は避難小屋も兼ねているようだ。内部にはベンチが設置されている。

Img_1530
境内に「三国峠を越えた人々」という石碑があり、坂上田村麻呂とか弘法大師とかいう名前から始まっているのがおもしろい。

Dscn4200
神社から山頂に向かって上ると見晴らしがよくなる。群馬県側を見ると通いなれた国道17号の道筋がよくわかる。

Dscn4211
お花畑に出た。もう1月ほど時期が早ければニッコウキスゲがたくさん見られたと思う。

Dscn4220
苗場スキー場がよく見える。

Img_1554
登山道は神社から山頂までずっと木の階段で整備されている。このガレバも階段で上ることができるのが助かった。

Dscn4223
ゆっくり休みながら登って2時間ほどで山頂に到着。幸福の鐘を鳴らした。ちなみに、途中一人の女性とすれ違った以外は誰も会っていない。

Dscn4232
友達と。

Dscn4233
帰りのガレバ階段。まるで雲の上のじゅうたんという感じだ。

Dscn4236
または、スキーのジャンプ台を下りているようなイメージ。

Img_1566
下りる途中のお花畑の休憩スペースでランチ休憩。一人で上るときとは違って、友達がすべて用意してくれている。2台のバーナーでご飯とレトルト食品を温める。

Img_1568
左がMUJIのキーマカレー、右が中村屋の麻婆豆腐。豪華だ^^

Img_1571
そしてお約束のドリップコーヒーをいただく。山で飲むコーヒーはどうしてこんなにおいしいのだろう。

Dscn4246
関東地方に迫っている台風の影響か、ポツリポツリと雨があたってきた。上だけ雨具を着てみる。だけど暑くてすぐに脱いでしまった。

Img_1572
下山後、神楽みつまたの「街道の湯」の露天風呂で汗を流し、石打の喫茶店「邪宗門」へ。
アイスコーヒーと

Img_1573
チーズケーキ、ブルーベリーのせ。

なかなか手軽なコースで楽しめた。でも4段階ランクのうち一番難易度が低い☆ひとつとなっていたのだが、結構疲れたのは事実。無理をせず全50コース制覇したい。

| | コメント (0)

2018-08-07

N響ほっとコンサート

8月5日、NHKホールで「N響ほっとコンサート」を聴いてきた。

20180803_183417

Img_20180805_140231
もしかしたらNHKホールに入るのは初めてかもしれない。少なくとも思い出せない。
この日は相変わらず熱い夏の一日で、ホールの裏手の代々木公園では「スリランカフェスティバル」がにぎやかだった。

Img_20180805_140750
<トロンボーン>
開演前のホワイエでは「楽器体験工房」というイベントが開催されており、オーケストラのすべての楽器を体験できるようになっていた。

Img_20180805_141224
<ホルン>
どの楽器のコーナーも多くの人たちの列ができていた。

Img_20180805_141532
<チェロ>

Img_20180805_141652
<ハープ>

Img_20180805_141956

---------------------------------------------------
指揮:熊倉優
サクソフォーン:上野耕平
管弦楽:NHK交響楽団
ナビゲーター(ナレーション):加藤綾子
---------------------------------------------------
ジョン・ウィリアムズ:「スター・ウォーズ」-メイン・タイトル
ブリテン:青少年の管弦楽入門(ナレーション付き)
ミヨー:スカラムーシュ
ショスタコーヴィチ:交響曲第10番ホ短調-第2楽章
メシアン:トゥランガリラ交響曲-第5楽章「星たちの血の喜び」
(クロージング)
外山雄三:管弦楽のためのラプソディー(八木節)
---------------------------------------------------

なかなか楽しかった。大好きな曲「青少年の管弦楽入門」を聴きたいというのが、チケットを買った動機なのだが、すべての曲が楽しめた。
テレビで見慣れているN響のメンバーを生で見ることができたのもうれしい。席は前から5列目で結構迫力があった。

| | コメント (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »