« 幻想的なブナ林を歩く~米山登山~ | トップページ | ピアノレッスンNo.165『ミスター・ロンリー』 »

2018-06-13

本格珈琲豆販売店が見附市内に登場!!

見附市学びの駅ふぁみりあで3回に渡って開催されたコーヒー講座の模様は先日紹介した。

「コーヒーの新常識」春講座
「コーヒーの新常識」春講座2回目
「コーヒーの新常識」春講座3回目

その時に講師をされていた斎藤悦美さんが自宅にコーヒー豆販売所を開かれたとのことなのでお邪魔してきた。
Img_1478
お店は住宅街にあり齋藤さんのご自宅の玄関脇にある。目立つのぼりが立っているので近くまで行くとすぐわかるだろう。

Img_1479
お店の名前は『珈琲味覚研究所』というマニアックなもの。店内には生豆やストレート焙煎豆、ブレンド豆などたくさんの種類が並んでいる。今まで見附市内で焙煎豆を購入できるところがなかったので、私としては本当にうれしい。

Img_1480
なんと、購入前に試飲させてもらえる。

Img_1481
齋藤さん自身が目の前でドリップしてくださるのを見るだけでもとても価値がある。

Img_1477
テーブルにはスイーツが置かれている。「クッキーやチョコレートなどをいただく時に苦めの珈琲を飲むのがとてもおいしいから」とおっしゃっていた。

Img_1476
長年UCCで仕事をしてこられた齋藤さんの好みは「酸味を感じないすっきりとした苦み」だそうで、焙煎する際にそのように調整されるとのこと。

Img_1484
この日購入したのは「浪漫珈琲ブレンド」と「マイルドアメリカンブレンド」。

Img_1486
焙煎は少量で行うよりもたくさんの豆を一度に焙煎する方がおいしくなる。このブレンド豆の焙煎はUCCに依頼してハイロースト、シティロースト、フルシティローストで焙煎したものを齋藤さんが独自にブレンドしたものだ。銘柄のブレンドでなく焙煎のブレンドというのが味の深みの秘密だそうだ。

20180613_174238
(クリックで拡大)
価格も200gで\1,100円からとリーズナブル。

Img_1482
齋藤さんに写っていただいた。コーヒーのお話がとても情熱的で楽しい。

Img_1483
お土産にコーヒーの木をいただいた。以前神戸のUCCコーヒー博物館でイベントのお土産にいただいたものを育てていたのだが、気を許したら雪にやられて失敗した経緯がある。1年中室内に置いておき、10度を下回らないように気を付けていれば元気に育ってくれるそうだ。それと直射日光が苦手なのでそれも気を付けたい。リベンジだ。

|

« 幻想的なブナ林を歩く~米山登山~ | トップページ | ピアノレッスンNo.165『ミスター・ロンリー』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

見附市界隈」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幻想的なブナ林を歩く~米山登山~ | トップページ | ピアノレッスンNo.165『ミスター・ロンリー』 »