« ピアノレッスンNo.128『史上最大の作戦のマーチ』 | トップページ | 映画『オデッセイ』 »

2016-02-08

馬高縄文館

長岡市西部丘陵地に馬高遺跡というところがあります。5000年前頃の縄文時代中期にこの一帯で大きな集落があったということで遺跡がたくさん見つかっている地域です。現在では遺跡公園になっているのですが、展示施設として馬高縄文館というところがあり、火焔土器を始めとした縄文時代のさまざまな遺跡を見ることができます。

Img_20160206_112607
遺跡公園は残念ながら積雪のため入れず。でも縄文館は開館していました。入場料\200円です。

Img_20160206_104948
この地域の特徴的な土器である火焔土器がたくさん展示されています。新潟国体の時に県立競技場の聖火台としてこのデザインが使われたのですが、2020年の東京オリンピックでも火焔土器をモチーフにした聖火台にしようと働きかけているとのこと。
神秘的な土器ですよね。

Img_20160206_105728
縄文時代の土偶には一風変わった人物のデザインが多いですが、我が家ではこれらは宇宙人だということが定説になっています。宇宙人以外の何者でもないでしょ^^
この土偶は「ミス馬高」だそうです。

また雪が解けたら竪穴住居とか見学に来たいなあ。

|

« ピアノレッスンNo.128『史上最大の作戦のマーチ』 | トップページ | 映画『オデッセイ』 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピアノレッスンNo.128『史上最大の作戦のマーチ』 | トップページ | 映画『オデッセイ』 »