« 東海道53次ウォーク 第13-1回<吉原宿~蒲原宿> | トップページ | 東京散歩No.120 私のコース『都心横断』 »

2015-03-15

東海道53次ウォーク 第13-2回<蒲原宿~由比宿>

Map132
今日は2日目。西富士宮のホテルから新蒲原駅まで戻り、ウォーキングを再開。由比宿までは5キロ弱と短いのですが、その先の興津宿までが薩捶(さった)峠を越えなければいけないので、次回に回すことにしました。

P3153004
蒲原地区の案内板。

P3153005
なまこ壁の旧家。

P3153010
宿屋。

P3153019
古い家並みがあちこちにのこっており、登録有形文化財に指定されて保存されています。

P3153024
静岡市内に入ったとはいえ、静岡まで27キロの表示。今日の目的地由比宿はあと3キロのようです。

P3153026
途中蒲原駅で小休止。

P3153028
さて、由比宿の入り口です。右がバイパスで左が東海道。

P3153032
由比本陣公園という立派な施設があり

P3153037
公園内には広重美術館がありました。五十三次の絵が全部見れるかなと思ったのですが、版画の展示は駿河地域のもの中心でした。

P3153044
こちらは同じ公園内にある交流館の展示で、由比宿街並み模型。

P3153045
かなりこまかいところまで再現しています。

P3153043
交流館のカフェでクリーム白玉をいただきました。

P3153047
公園の向かい側には正雪紺屋というお店があり染め物の手ぬぐいなどを販売していました。由井正雪の生家だとのこと。

P3153049
少し先にはおもしろ宿場館という、土産物屋とレストランのお店が。

P3153053
旧道からバイパス川に上がると「ゆい桜エビ館」という施設があり、大型バスが何台か止まっていました。駿河湾名産の桜えびのお土産物屋さんになります。

P3153054
そして観光客は本陣公園へと流れていき、この由比宿けっこう賑わっていました。

P3153059
本陣公園前の堀にはたくさんのカメが甲羅干し状態。どこかから出勤してくるのでしょう。

P3153063
由比川を割りますが、海方面を見ると、狭い範囲にJR東海道線、東名高速、国道1号線が並行して走っているのが分かります。この先薩捶峠が海にせり出しているので狭い範囲に集中しているためです。

P3153069
由比通りは「由比桜えび通り」と命名されているようです。赤い郵便ポストなども多く設置されていてレトロな懐かしさを感じさせる通りです。

P3153073
コースはいったんバイパス川に上がり、由比駅上というバス停をゴールとしました。階段を降りるとJR由比駅です。
今日は短いコースでしたが、次回は広重の絵でも有名な薩捶峠越えを楽しみたいと思います。

|

« 東海道53次ウォーク 第13-1回<吉原宿~蒲原宿> | トップページ | 東京散歩No.120 私のコース『都心横断』 »

東海道53次ウォーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東海道53次ウォーク 第13-1回<吉原宿~蒲原宿> | トップページ | 東京散歩No.120 私のコース『都心横断』 »