« 東海道53次ウォーク 第12-1回<沼津宿~原宿~(田子の浦)> | トップページ | 岳南鉄道乗ってみました。 »

2015-02-22

東海道53次ウォーク 第12-2回<(田子の浦)~原宿>

Map122_2
昨日のゴール、東田子の浦駅前から再開して吉原宿のある岳南鉄道吉原本町駅まで少し短いですが歩きます。

P2222809
マンホールの蓋がカラフル。富士山とかぐや姫をモチーフにしてありますね。竹取物語由来の地として富士市が名乗りを上げているらしいです。

P2222811
常夜灯が道中にたくさん残っていました。

P2222814
昭和放水路を渡る広沼橋から。向こうに見える橋はJR東海道線。

P2222816
春耕の道しるべ第一号。仁藤春耕という人が明治39年から5年かけて御殿場へ至る道に道標を整備したとのこと。

P2222819
静岡まで44キロの標識。静岡もまもなくだ。

P2222826
旧街道の正面に大きな煙突が見えてきました。日本製紙の煙突と思われます。日曜にもかからず煙が出ています。後ほど横を通過予定。

P2222828
毘沙門天妙法寺の門前。お祭りがあるらしく準備の人たちが行き交っていました。

P2222835
踏切を渡って海岸沿いから離れて北上します。

P2222836
さきほどの煙突の工場。日本製紙です。

P2222837
前のバス停名は大昭和前、以前は大昭和製紙だった頃の名残なのでしょう。

P2222842
富士市は工場が本当に多いですね。日曜日の今日もこんな感じであちこちから煙が立ち上っています。

P2222845
「Suzuyo」というマーク、以前東海道新幹線で大阪を何回も往復していた頃車窓からみえる「Suzuyo」がとても印象に残っていました。帰りの東京行きの車窓から見えると「ああ、もうすぐ東京だ」ってほっとしたものです。そのSuzuyoの建物の真横を通過しました。感慨深いです。

P2222853
道路は工場地帯からいったん住宅街に入ります。

P2222854
アパートの名前に「左富士」がついています。

P2222858
ここは江戸から京都に向かう際に通常は右側に見えている富士が左に見える地点で左富士と呼ばれています。

P2222860
広重の吉原宿も左富士が描かれています。

Hidarifuji
左富士と言えば、茅ヶ崎近辺でも左富士がありました。全体の位置関係はこの通りです。

P2222866
平家越えという橋を渡るとジャトコという大きな工場が左手に広がります。日産系の自動変速機メーカーのようです。

P2222869
ゴールの岳南鉄道吉原本町駅。ここからいったんJR吉原駅まで2駅戻って、JRで三島まで行き新幹線で帰路につきます。

P2222875
そのまえに商店街にあるまつかやというお店で少し休憩。

P2222873
ふじがんもという商品が名物らしいですが、メニューはいろいろありました。置くには手づくり総菜を中心とした食料品店となっており、おばあさま方が入れ替わり買い物に来ていました。私たちは手づくりのドーナツとコーヒーで足を休めましたが。


|

« 東海道53次ウォーク 第12-1回<沼津宿~原宿~(田子の浦)> | トップページ | 岳南鉄道乗ってみました。 »

東海道53次ウォーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東海道53次ウォーク 第12-1回<沼津宿~原宿~(田子の浦)> | トップページ | 岳南鉄道乗ってみました。 »