« 東京散歩No.085 寺町散歩『三田・高輪・白金』 | トップページ | 東海道53次ウォーク 第10回<ホテルはつはな前~箱根宿> »

2014-12-06

東京散歩No.094 大使館めぐり『高輪・目黒』

【大崎、五反田、高輪に集まる大使館をまわる。途中にプリンスホテルなどを眺めながら、タイ、インドネシア、アイスランドなどの大使館を見ていく。各国の住人たちを見かけることが多く、外国語で書かれた広告などを探すのもおもしろい。】所要:2時間
東京山手・下町散歩(昭文社刊)より

~全119コース中112コース目~

Map094
目黒駅から出発し、高輪、御殿山を通り、大崎駅まで大使館をめぐります。

Pc061576
駅前から目黒通りを進みすぐに右手の路地に入ります。

Pc061579
コロンビア大使館。

Pc061577
その隣にはコロンビアコーヒー生産者連合会という建物があります。

Pc061580
山手線沿いに戻り花房山通りを下っていきます。この一帯は播磨三日月藩森家の上屋敷が広がっていたとのこと。

Pc061585
その一帯の中にマリ大使館はありました。マリってご存じですか?西アフリカにある国です。

Pc061588
その先の細い路地。

Pc061592
こんな電柱看板が目に入りました。この先にはタイ大使館があります。

Pc061594
タイ大使館はモダンな建物。

Pc061596
しかし、その隣に立っている公使公邸は旧浜口邸という立派な洋館でした。

Pc061597
近くにはインドネシア大使館。

Pc061599
門柱のレリーフが立派でした。

Pc061601
さらに裏手に回るとこちらも立派な洋館の公使公邸です。

Pc061603
ねむの木の庭。皇后が婚礼まで過ごされた正田家跡に作られた庭。

Pc061607
皇后が読まれた歌が植物とともに配置されています。

Pc061612
階段を上ると上に見えるのは新高輪プリンスホテル。

Pc061614
ユニセフの前を通ります。

Pc061616
アイスランド大使館。

Pc061618
ソニー歴史資料館という建物を見つけました。土曜は休館のよう。見てみたかった。

Pc061621
ブルネイ大使館。

Pc061627
八ツ山通り。左の商業ビルはできたばかりなのか、ほとんどが空いていました。

Pc061631
御殿山交差点を左折します。原美術館の案内板。

Pc061632
美術館の手前にあるのがセルビア共和国大使館。ガイドブックが作られた頃はセルビア・モンテネグロという国名(旧ユーゴスラビア)だったらしいですが、その後国民投票でモンテネグロが独立し、セルビア共和国となったとのこと。

Pc061635
住宅街の奥まったところにあったのがモリタニア・イスラミック共和国大使館。さきほどのマリと隣接している西アフリカの国です。

Pc061634
住宅街の中に普通の住宅と同じように存在します。旗と銘板がなければ大使館とは想像できませんね。

Pc061637
御殿山のマンション群が見えます。

Pc061642
原美術館。

Pc061644
公園を横切り階段を降りていくと大崎駅方面です。

Pc061648
目黒川。

Pc061649
山手線の向かい側にSONYの社名が見えます。40年ほど前、大学の実習で夏休みの間大崎駅すぐのソニー工場でテレビ生産の実習をしていた想い出があります。私の中では大崎駅はそういう駅ですが、あらためて訪れてみるとずいぶんと様変わりしていますね。ショッピングセンターやらマンションやら真新しいビルの会社やら、言われなければ大崎駅前とはわかりません。

Pc061649
ゴールの大崎駅に続くドーム型の連絡通路。未来的です。
そういえば、山手線の一番下(南)に位置する駅はイメージ的には品川駅と感じていたんですが、実は大崎駅が一番南端の駅なんですね。今回歩いてみてよくわかりました。品川から八ツ山通りを進むと目黒駅に通じていて、大崎駅はその東西ラインからさらに南にはみ出ていました。

|

« 東京散歩No.085 寺町散歩『三田・高輪・白金』 | トップページ | 東海道53次ウォーク 第10回<ホテルはつはな前~箱根宿> »

東京散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京散歩No.085 寺町散歩『三田・高輪・白金』 | トップページ | 東海道53次ウォーク 第10回<ホテルはつはな前~箱根宿> »