« 東海道53次ウォーク 第10回<ホテルはつはな前~箱根宿> | トップページ | 東京散歩No.074 大使館めぐり『麻布』 »

2014-12-21

東京散歩No.082 川辺散策『目黒川』

【全長約8kmの目黒川は、世田谷、目黒、品川を通り東京湾へと流れ込んでいる。春には桜並木が川沿いを彩り、お花見散歩にぴったり。景色の変化や野鳥を眺めながら歩いて行く。】所要:1.5時間
東京山手・下町散歩(昭文社刊)より

~全119コース中113コース目~

Map082
お花見や最近ではツリーの電飾などで話題の目黒川を歩くコース。池尻大橋から権太坂下まで途中西郷山公園に立ち寄るほかはほぼ川沿いの桜並木を歩いて行く。

Pc211847
池尻大橋から目黒川は始まる。北沢川と烏山川が合流する三宿から目黒川は始まるが、ここまでは暗渠となっていて、ここから川辺が始まる。

Pc211849
水量は結構豊富だ。両岸の道路もずっと桜並木になっていて、本当は桜の季節にこそ歩きたい。

Pc211850
巨大な円形の建物が目黒川横にある。これは首都高渋谷線と中央環状線を結ぶ大橋ジャンクション。上部が天空庭園となっているらしい。

Pc211861
山手通り(と中央環状線)をくぐって今度は左岸を歩く。

Pc211862
桜植樹記念碑。最初は地元有志によって植樹されたとのこと。

Pc211866
菅刈(すげかり)公園。一部が農園のようになっている。

Pc211867
公園裏手には斜面を登る通路があるが、やはり川から離れると高台になっていくことがわかる。

Pc211868
裏手には西郷山公園。西郷隆盛の弟、西郷従道の屋敷、庭園だったことから西郷山と呼ばれている。

Pc211871
一番上まで上がると西郷邸跡の碑があり、眼下を見下ろしている。

Pc211874
たくさんの人々がくつろいでいた。けっこう眺めがいい。

Pc211878
目黒川に戻りさらに下流に歩いて行くと、長崎カステラの福砂屋東京工場がすぐ横に建っていた。

Pc211880
中目黒に近づくにつれて雰囲気がすこしオシャレになっていく。

Pc211884
中目黒駅のホーム下をくぐる。

Pc211888
目黒川船入場。川の資料館が併設されている。

Pc211891
この辺は川に鳥の姿を多く見ることができた。案内板にも「魚と野鳥がすむ目黒川」となっていて、ウソではない。

Pc211895
目黒区民センターから左岸へ渡る連絡橋の下をくぐる。

Pc211896
目黒駅近くまで来ると桜の木も本格的になってくる。

Pc211899
新橋から目黒駅方面へ権之助坂を登っていく。

Pc211901
もうすぐ目黒駅というところで「品川区」の看板が。そう目黒駅は品川区にあったのだ。

ここで、目黒川散策は終わり。やく1時間ほどのミニ散歩だった。

|

« 東海道53次ウォーク 第10回<ホテルはつはな前~箱根宿> | トップページ | 東京散歩No.074 大使館めぐり『麻布』 »

東京散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東海道53次ウォーク 第10回<ホテルはつはな前~箱根宿> | トップページ | 東京散歩No.074 大使館めぐり『麻布』 »