« 先入観 | トップページ | 白い巨塔 »

2004-03-28

総額表示と消費税

 昨日ヨドバシへ買い物に行って、価格の表示がいわゆる総額表示になっているのに気が付きました。消費税の存在を隠して税率アップの環境を整えるためのやつです。

 いろいろと買い物をしたのですが、総額表示の感想としては「わかりやすくて結構いいな」というものでした。今までは価格を見て頭の中で消費税を加算していくら払わなければいけないのかを考える必要がありましたが、総額表示では価格を見たらそれが支払額なので非常にストレートでわかりやすいです。
 おまけに税込み価格でポイント計算されるので得な感じがしますしね。

 消費税については世の中反対の意見が大多数だと思いますが私は条件付きで賛成です。条件というのは、所得税を下げるのはもちろん、健康保険や年金の原資ももすべて消費税からまかなうということです。所得税はともかく、健康保険や年金はかなり不平等だと感じているからです。何も買い物をしないという人はいないと思いますので、消費税で平等に税金を取り、保険や年金の不払いなどの不平等をなくしてほしいと思っています。

|

« 先入観 | トップページ | 白い巨塔 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、夏川です。
均衡を図るには、ある程度もてる者から多めに「むしる」ことも必要かなとも思うのであります。

投稿: 夏川 | 2004-04-01 19:17

こんにちは、コメントありがとうございます。
確かに不均衡感があるとうまくいきませんね。所得額に応じた税率と消費税率をうまくバランスをとらないといけないと思います。

投稿: 禿山の一夜 | 2004-04-01 22:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先入観 | トップページ | 白い巨塔 »