« 東京散歩No.039 川辺散策『横十間川』 | トップページ | 東京散歩No.041 東京探検『四谷怪談&階段』 »

2002-06-08

東京散歩No.066 坂道めぐり『六本木・麻布』

【六本木ヒルズ、東京ミッドタウンなど進化していく六本木の街も、一方裏に入れば坂の街。道源寺坂、なだれ坂、芋洗い坂、狸坂など歴史のある坂が点在している。】所要:1.5時間
東京山手・下町散歩(昭文社刊)より

Cause066
山の手って結構坂が多いです。今日のコース六本木・麻布周辺も半端じゃない傾斜の坂があちこちにあります。初夏の日差しが強く、暑い中でしたが、坂道めぐりをしてきました。

アメリカ大使館周辺

Pict0001_2
スタートは溜池山王駅です。ここは数年前まで地下鉄の便が悪く、サントリーホールへ行く時も新橋~渋谷のバスをよく利用していました。今は銀座線も止まるし、南北線だとここと六本木一丁目駅とどちらも近いしこの辺は大変便利になりましたね。

Pict0002sPict0003s
Pict0004sPict0005s
アメリカ大使館の角は3つの坂が集まっています。溜池方面へは榎坂、虎ノ門方面へは潮見坂、ホテルオークラ方面へは霊南坂です。今日は潮見坂へ向かいましょう。 (それにしても米大使館の周りは警備員だらけで、悪いことしてなくても近づくだけで睨まれそうです。)

Pict0006
潮見坂を行くと左から虎ノ門交差点からの道とぶつかり、そこに発明会館がありますが、右手に曲がっていくとそこが急な上り勾配の江戸見坂です。江戸時代にはこの坂から江戸中が見渡せたそうです。 ホントに急ですよ。

Pict0007sPict0009s
江戸見坂の右手にはホテルオークラがあります。坂を上りきったところに江戸見坂の案内標識があります。今日の坂道めぐりはずいぶんこの標識に助けられました。港区が設置しているものですが、各坂の由来がよくわかるし、道に迷わないですみますし。

Pict0011_2
江戸見坂の坂上に「奇人・変人・名人」というプレートが掲示してある一風変わった建物があります。大倉集古館です。日本初の私立美術館です。

Pict0014
集古館の前庭にはいろいろな像があります。これは誰だろう。

Pict0015_2
集古館への入り口は重い扉を開くとあります。展示物はそれなりに面白いものが集まっています。(当然撮影禁止なので写真はないです)
 この写真は2階に上ったところにあるベランダのようなところです。向かい側にホテルオークラ本館があります。オークラのレストランとのセット入場券などがあります。

Pict0018_3
大倉集古館を出ると、先ほど米大使館から伸びていた霊南坂と交差します。そこを突き抜けると六本木通へ抜ける下り坂になります。桜坂です。ここはアークヒルズの裏手になります。

Pict0021sPict0023s
アークヒルズでお昼にすることにしました。全日空ホテルの最上階のラウンジでホテルビュッフェ(2500円)です。眺めは最高だし、いろんなものを食べれるし満足です。窓から見えるのはテレビ朝日方面の六本木再開発ビルです。

六本木の谷間

アークヒルズを出て、また坂道探検再開です。ここから六本木交差点までの一帯は大使館も多いところです。

Pict0025_2
アークヒルズをぐるりと回るように上っていく道源寺坂です。

Pict0026
道源寺坂を上り、スペイン大使館を左手に歩いていくと突き当りがスウェーデン大使館です。

Pict0029
その先にはサウジアラビア大使館。

Pict0032_2
アークヒルズの二股から上がってくる行合坂を横切り、その先を右折すると六本木通に向かってなだれ坂を降りていきます。

Pict0033
なだれ坂の途中に日本作曲家協会というビルを見つけました。レコード大賞を主催しているところですね。委員を見てみるといわゆる歌謡曲の作曲家の 集まりなんですね。

Pict0034_2
いったん六本木通に出ますがすぐに左折して急な坂を上っていきます。寄席坂です。明治時代に坂の途中に福井亭という寄席があったそうです。

Pict0036
せっかく急な寄席坂を登ったのですが、上りきったところでまた坂を下ります。丹波谷坂です。旗本の岡部丹波守の屋敷があったことが由来です。

Pict0037_2
さて、そろそろ六本木交差点が間近になってきましたが、目の前に突然空白地帯が現れました。この一角はなんなんでしょう。そしてぽつんと立っている一軒家はいったいなんなんでしょう。このすぐ後ろが六本木交差点なんですが、ここはまさに六本木の谷間のようです。

Pict0038_2
空白地帯をぐるりと回ると階段があります。ここを上るとまた繁華街で、ジャズのライブハウス「バードランド」などがあります。(最近はフラダンスのメッカになったようですけど)

アマンド裏手

六本木交差点からアマンドの角を曲がって麻布方面へ行きます。この辺のアマンド裏手辺りもくねくねとした道が多く、新しい発見があります。

Pict0039_3
芋洗坂です。この下には大江戸線が走っています。そしてまっすぐ進むと麻布十番に行くのですが、今日は寄り道しながら行きましょう。

Pict0040_2
アマンドから数十メートル下ったところにSTB139というお店があります。スイートベイジルと読みます。まだ入ったことはないのですがジャズ、クラシック、ポップスなど幅広い音楽をライブで聴きながらおいしい食事ができるという店です。ライブの分料金は高めになりますが、ぜひ行ってみたいと思います。(クラシックギターの大萩康司を狙っているのですが12月もスケジュールが合わなくて逃してしまいました)


Pict0042_3
鳥居坂沿いにある東洋英和女学院。

Pict0043_2
英和女学院の裏手にあたる於多福坂です。この辺は六本木周辺というより麻布の雰囲気がしてきます。

Pict0044_3
於多福坂から鳥居坂に戻る角にあるのがシンガポール大使館です。

Pict0045_2
鳥居坂に戻りました。この坂を下りきったところが麻布十番です。

麻布十番・元麻布

麻布というところも昔は地下鉄がなかったので、わりと独自の文化を守ってきた街ではないでしょうか。今は大江戸線と南北線と2路線が交差しています。(麻布十番駅)
 

Pict0046_2
鳥居坂を下りきった交差点をまっすぐ進むと麻布十番温泉があります。この写真では右上に白い看板が見えるところです。このようなところがどこか下町風でもありますよね。

Pict0047_2
さて、アザブジュバンの賑やかな商店街を通り過ぎると左手に七面坂があります。

Pict0049_3
七面坂を上りきったところを右折すると大黒坂です。坂の途中に麻布七福神(大黒天)がある大法寺があります。

Pict0053_3
大黒坂を登ると右手に暗闇坂、左手に一本松坂、まっすぐに狸坂が集合する四つ角があります。狸坂は人を化かすたぬきが出たところだそうです。

Pict0054_3
港区はこのような教会が突然現れることが多いです。外国人が多いことも要因でしょう。

Pict0055_2
狸坂の途中右手に突如現れたストリート。どんな人が住んでいるのでしょう。

Pict0056_2
こちらは狐坂。人を化かしたかどうかはわかりませんが、狸とか狐とか暗闇とか昔はそうとう寂しいところだったのでしょうね。(今でも夜はたぶん一人で歩くのはさみしいと思いますけど)

 さて、コースは六本木駅まで続くのですが、カメラの電池もなくなったし、この先はめぼしい坂道もありませんので、このへんで終わりにしたいと思います。

|

« 東京散歩No.039 川辺散策『横十間川』 | トップページ | 東京散歩No.041 東京探検『四谷怪談&階段』 »

東京散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京散歩No.039 川辺散策『横十間川』 | トップページ | 東京散歩No.041 東京探検『四谷怪談&階段』 »