2018-11-16

紅葉の海谷渓谷・海谷高地

(たぶん)今年最後の山歩きとして、 11月8日、糸魚川にある海谷渓谷に行ってきた。

Dscn4530
糸魚川から海川沿いに30分ほど走ったところにあるのが海谷三渓パーク。

Dscn4532
クルマも60台ほど駐車でき、キャンプ設備もある。

Img_1644
ダイハツミラ号は大人二人を載せて見附から3時間半、とてもよく走る。

Dscn4535
ここから登山の始まり。

Dscn4536
標識によると海谷渓谷まで1時間。目的地は海谷高地だけど、違うのか。

Dscn4542
すぐに展望台があり、海谷渓谷を一望できる。今日は友達と二人で歩いた。

Img_1650
こちでは映画「楢山節考」のロケが行われたそうだ。

Dscn4549
海谷という名前のようにはるか昔は海底だったという。

Dscn4551
ブナ林。

Dscn4556
真っ赤な紅葉は陽に生える。

Dscn4557
渓谷という名の通り、険しい崖沿いが多い。ここも足元をちょっとすべらせると谷底に真っ逆さま。ロープがなければ無理だ。

Dscn4562
11時くらいの日差し。

Dscn4568
小さな沢に橋がかけられている。もともと海谷高地にあるデンカの発電所のために整備した道らしい。

Img_1657
美しい。

Dscn4578
足元が濡れており落ち葉もたくさんあり、ところによっては細く、とても怖い。

Dscn4587
梯子が架けてあるところも何か所かある。

Dscn4593
登山開始から沢に向かって降りてきた感じだったが、いよいよここで沢を渡る。

Dscn4598
昔は両岸にロープが渡されており、滑車をすべらせて渡ったらしいが、今は岩場を伝って渡る。

Img_1673
ところどころペンキで矢印が書いてあるが、落ち着いてあるかないとすぐあらぬ方向に進み立ち往生してしまう。

Dscn4600
流木などもあり、かなり難儀だ。とても疲れた。

Dscn4609
疲れ果てて沢を渡ったら海谷高地まで上りだ。

Img_1678
七曲り。ゴールは近い。

Dscn4613
眼下に海谷高地が見えてきた。

Dscn4615
これが発電所設備。取水口か。

Dscn4616
海谷高地。ケショウヤナギが群生していることから「越後の上高地」と呼ばれているそうだ。

Dscn4618
昼食は塩ラーメン。白菜、きのこ、ハム、卵入りの豪華なラーメン!

Dscn4622
デザートはおしるこにきんつばというあずきづくし(笑)

Dscn4629
さて、下山だ。

Dscn4637
午後になると日差しが谷底近くまで差し込んできた。

無事下山。とにかく沢渡りが疲れた。足元も危険なところが多かったし、標高差はないが、私にとってはとても難易度の高いコースだった。
でもきれいな紅葉を堪能できたコースでもあった。

| | コメント (0)

3度目の国立歴史民俗博物館

去る11月4日、(たぶん)3度目になる国立歴史民俗博物館を訪れた。

所在するのは千葉県佐倉市、成田の手前にあたるところで、板橋からはクルマで下道を通ってちょうど2時間ということろ。環七から水戸街道に入り、松戸からさらに分岐して鎌ケ谷方面に向かう。鎌ケ谷からはほぼ北総鉄道の線路沿いに整備された、途中からはまるで高速道路のような道を辿っていく。

Img_1609
小高い丘陵地帯に歴博はある。

Img_1612
館内は広い。縄文時代から現代までそれぞれのゾーンに分けて展示されているが、現在縄文から古代(奈良時代まで)はリニューアル中ということで、中世(平安から)からの展示となる。

Img_1613
学術的な展示ばかりでなく、生活や一般庶民の民俗にいたるまで展示しているところがよい。

Img_1619
特にジオラマは圧巻だ。

Img_1623
平安京の人々の暮らし。

Img_1627
農家の暮らし。

Img_1634
日本橋界隈。

Img_1639
そして館内のレストランで古代米おむすびセットをいただく。

Img_1641
デザートはクリームみつまめ。

来年3月中旬にリニューアルが完了するそうなので、古代をあらためて見に来たい。

| | コメント (0)

ピアノレッスン No.174 『トゥナイト』~ウエストサイドストーリー~

今年はバーンスタイン生誕100年にあたるとのことで、いろいろなメディアでバーンスタインが取り上げられていました。
私が一番好きなのはこの「トゥナイト」。(同じウェストサイドストーリーの中の「サムホエアー」も負けないくらい好き)
以前も少し簡易なアレンジ版を練習したことがありますが、今回は少し背伸びしてみました。

使用楽譜:Boosey & Hawkes版(musicnotes.comで購入)

| | コメント (0)

2018-11-03

コーヒーコレクション神田錦町2018

神田錦町のテラススクエアで行われているコーヒーコレクションに行ってきた。

Img_1599

神保町からさくら通りを横切って大手町方面に歩くと学士会館のすぐ裏にテラススクエアはある。

Img_1604

全国から11/3に5店、11/3に5店が出店している。

テイスティングを申し込んだ。

Img_1608

5店のコーヒーをここに乗せてもらう。

Img_1602

それぞれが、浅炒りで焙煎してあり、コーヒー豆そのものの味を感じやすくなっている。
確かに、普段、中炒りのものを淹れているが苦みが結構強い。今日の物はほとんど苦みを感じず、酸味やフルーティーさなどをダイレクトに味わうことができた。

Img_1606

滋賀県のコーヒーショップ Yeti Fazenda COFFEE の豆を購入。

Img_1607

浅炒りもなかなかいいものだ。

| | コメント (0)

2018-10-29

『懐かしのトッテツ(栃尾鉄道)』

私が小さかった頃、近所には上見附(かみみつけ)という駅があった。「トッテツ」という愛称の鉄道の駅である。家の前の通りは、朝夕は通勤通学の人たちでにぎわっていたのを覚えている。

現在は道幅も狭く人通りも少ないが、当時を懐かしく思い出す。

20181029_145520

この本は叔父が貸してくれたもので、中に叔父自身が寄稿文を寄せている。その寄稿文に係るいろいろな経緯も話してくれた。

本の構成は大きく3つに分かれており、最初が「多川昌敏のトッテツ駅めぐり」。悠久山駅から上見附駅を経由して栃尾駅まで全部で26.4km、24駅について、トッテツを勤めあげた多川さんが語っている。

これが秀逸だ。資料的にも後世まで残しておきたい貴重な内容が盛り込まれているが、何より、鉄道、駅、客、職員に対する温かい目線がちりばめられている。こんなに愛された鉄道が60年間も地元で活躍していたことを、読んでいて誇らしくなった。

次が寄稿。10名の方がトッテツの思い出を語っている。それぞれの人生の中にトッテツがどのようにかかわっていたのか、興味深い内容だ。

最後が資料集。写真や歴史がまとめられている。

| | コメント (0)

2018-10-27

MOS Word 2016 Expert 合格!

先日のExcel Expertに引き続き、今年6つ目のMOSとして、本日Word 2016 Expertを受けて、無事合格した。

20181027_204008


1000点満点のところ925点。今年の6回の中で最も低い点数だった。やはり普段使っていないWordは難しい。

しかし、合格はできた。これで今年の目標の6個のMOS試験に合格した。頑張った、俺(笑)

これでMOSマスターの資格も手に入ることになる。

| | コメント (0)

2018-10-19

ピアノレッスン No.173『いそしぎ』

この超スタンダードな曲を今まで弾いていなかったのに最近気づいて、あらためて練習してみました。 かなりゆったりめな演奏で、かみしめるように歌ったつもりです。 使用楽譜「やさしく弾けるスタンダード・ジャズ ピアノ・ソロ・アルバム」(kmp) Digital Piano : KAWAI CA67 Recorder : Olympus LS-20M Editor : PEGASYS TMPGEnc Vdeo Mastering Works 5

| | コメント (0)

ピアノレッスン No.172『恋は水色』

ポールモーリアの大ヒット曲「恋は水色」です。左手のパターンが私にとってはとても難しかったのですが、なんとか形になったのでアップします。

TBSの懐かしのドラマ「時間ですよ」で天地真理がギター片手に歌っていましたね。(今BS12トゥエルビで再放送中です)

使用楽譜:「ポピュラー・ピアノ名曲全集(1)」(松山祐士編)(ドレミ楽譜出版)

Digital Piano : KAWAI CA67
Recorder : Olympus LS-20M
Editor : PEGASYS TMPGEnc Vdeo Mastering Works 5

| | コメント (0)

2018-10-06

チェコフィル室内+アナ・ヴィドヴィチ

銀座のヤマハホールで、チェコ・フィルハーモニー室内合奏団スペシャル・コンサート ~アナ・ヴィドヴィチ(ギター)を迎えて~ を聴いてきた。

Img_20181006_182808

ヤマハホールはヤマハ銀座店のビルの7階~9階にある中規模のホール。

Img_1589

大好きなアナ・ヴィドヴィチが出るということで楽しみにしていた。

------------------------------------------------------------
チェコ・フィルハーモニー室内合奏団(弦楽合奏)
アナ・ヴィドヴィチ(ギター)
------------------------------------------------------------
J.S.バッハ/G線上のアリア(弦楽合奏)
F.タレガ/アルハンブラの思い出(ギターソロ)
A.ヴィヴァルティ/マンドリン協奏曲ハ長調(ギター&弦楽合奏)
(アンコール)D.スカルラッティ/ソナタニ短調K.1/L.306(ギターソロ)
O.レスピーギ/リュートのための古い舞曲とアリア第3集(弦楽合奏)
------------------------------------------------------------
J.パッヘルベル/3声のカノンとジグニ長調よりカノン(弦楽合奏)
G.プッチーニ/菊の花(弦楽合奏)
B.バルトーク/ルーマニア民族舞曲(弦楽合奏)
I.アルベニス/スペインの歌より第1曲前奏曲(アストゥリアス)(ギターソロ)
A.ヴィヴァルディ/室内協奏曲ニ長調(ギター&弦楽合奏)
(アンコール)マイヤーズ/カヴァティーナ(ギターソロ)
(アンコール)ボッケリーニ/ギター五重奏曲第4番よりファンダンゴ(ギター&弦楽合奏)
------------------------------------------------------------

Img_1591

特に前半は超有名な曲ばかりで楽しめた。(知らない曲が楽しめないということではないけど)

合奏団のメンバーはみんな楽しそうに演奏する。聴いている方も楽しくなる。ここは大事だね。
ヴィドヴィチは相変わらず美音。ただし曲目がアルハンブラとアストゥリアスってどういうこと! いつまでたってもギターの認識ってこんなものだろうか。
ヴィドヴィチ自身も、アンコールではスカルラッティのソナタ、カヴァティーナを弾き、こちらの方がメインの曲目というような感じで熱演していた。

全体にはとっても良かった。

Img_1592

コンサートが終了して外に出ると銀座通りは歩行者天国。この通りの店舗は私の知っている銀座と様変わりしてしまった。以前は高級でももっと人間臭かった。現在の銀座通りは冷たさばかり感じて訪れたいとは思えない。
通りを歩いている人たちは半分くらいは外国人観光客だろうか。

Img_20181006_165014

有楽町の交通会館に行き、地下の甘味処おかめに。おはぎとおにぎりとおでんの定食を味わった。ほっとする。

| | コメント (0)

2018-09-28

ピアノレッスン No.171『イパネマの娘』



この曲は異なったアレンジで3回目の録音になります。やっぱりこの雰囲気は弾いていて気持ちいいです。 今回は新潟市在住のピアニスト中村浩さんのアレンジによるものです。 使用楽譜「Jazz Piano New」(中村音楽工房) https://xn--fiq069aridkqgp3c7y0i.com/sheet/subscription%20j.php

| | コメント (0)

«MOS Excel 2016 Expert 合格!