フォト

1行紹介

音楽好きな中年プログラマ

自己紹介文

 このblog「禿山の一夜」は私のメインページ「guiter's 東京散歩」の日記コーナーとして2004年2月に開始しましたが、今は本家の方は廃止しこちらが私のメインとなっています。さらに2007年7月からmixiの日記に同じ内容を投稿してきました(2012年11月にmixi退会)。

 どうして「禿山の一夜」なのでしょう。ご存じのようにムソルグスキーの管弦楽曲のタイトルです。そしてそのパクリです。(笑)

 この曲との最初の出会いは中学の時の器楽部で演奏した時です。その後この曲はお気に入りの一曲となりました。パソコン黎明期の頃タモリのCMで有名な富士通のFM-7というパソコン(当時はマイコンといってましたが)のPSG機能で禿山の一夜を演奏させたりしたこともありました。

 でもホントの理由は(現実の私をご存じの方のご推察通り)私の容姿にぴったりだからです。上の写真を見ればわかりますね。

 このblogではピアノ演奏と東京散歩を中心に、私の興味の向くままにいろいろ書いていきたいと思います。

興味のあること

●東京散歩  メインページhttp://www5.plala.or.jp/guiterのほうでやっていた企画ですが、ページを作成するのにとても手間がかかるので、最近はこのブログにに乗っけています。最初はガイドブックに載っているコースを巡っていたのですが、今はウォーキングと組み合わせて時折テーマを自分で作って歩きます。 ●クラシックギター  高校生の頃からやっています。20代の頃と40代のころに2回ほど先生について教わり発表活動も行ったことがあるのですが、極度の緊張症もあり今は休止しています。現在はピアノを始めています。 ●音楽  小学生(鼓笛隊)、中学生(器楽、ブラスバンド)、高校生(吹奏楽)、大学生(ビッグバンド)、社会人(ギター)と続けてきた音楽は私の礎になっています。  クラシック音楽はもちろん大好きですが、聴く方はジャズ、ボサノバも大好きです。心を揺り動かすこだわりの分野としては「マーチ」「イギリス音楽」などがあります。 ●プログラミング  もともとが趣味のパソコンからBASICにはまり、TurboPASCALでプログラミングの世界に目覚めました。職業となってしまいましたが、引退した今はまたわくわくする趣味としてつきあっています。  仕事ではともかく、趣味としてはTurboPACALの流れからDELPHIを愛用してきたのですが、今はすっかりMicrosoft系に浸かっています。VisualBASIC(.NET)が一番すきですかねぇ(軟弱?)。 ●システムトレード  その昔カブドットコム証券のお客様広場という掲示板で自作システムを公開していろいろ論議したり公開実験を行ったりしていました。そのシステムは発展を続けましたが2006年相場は横ばいになり有効に機能しませんでした。現在は日経225先物について6種類のルールによりトレードを行っています。  今、一番の問題は発注に関するミスです。これをなくすための自動発注の構築が目下の課題です。