2020-06-27

ピアノレッスンNo.205『やさしく歌って』

今回のアレンジはテーマをさらっと弾いたショートバージョンになっています。なつかしいので弾いてみました。

使用楽譜:「やさしく弾ける ポール・モーリア ピアノ・ソロ・アルバム」(kmp)

Digital Piano : ROLAND HP702
Recorder : Olympus LS-20M
Editor : PEGASYS TMPGEnc Vdeo Mastering Works 7

| | コメント (0)

ピアノレッスンNo.204『イッツ・オンリー・ア・ペーパー・ムーン』

数年前からとっても魅力的な演奏のペーパームーンの演奏が気になっていました。
https://youtu.be/QbyfFCCn3oo
今年は自分で耳コピしようかな、と思っていたところ、「若いってすばらしい」のアレンジをしていただいた林知行先生が引き受けてくださいました!
オリジナルは結構細かい音が入っていて難しいところ、ハードスイングのエッセンスを活かした私にも弾けるバージョンに生まれ変わり、さっそく練習したのが今回の演奏です。

使用楽譜:@エリーゼ版(林知行編曲)
https://www.at-elise.com/elise/JADPHA...

Digital Piano : ROLAND HP702
Recorder : Olympus LS-20M
Editor : PEGASYS TMPGEnc Vdeo Mastering Works 7

| | コメント (0)

2020-06-13

ピアノレッスンNo.203『男はつらいよ』


ここのところ古関裕而、宮川泰と日本の作曲家が続いています。引き続き今回は山本直純さんでいきましょう。寅さんでおなじみの『男はつらいよ』です。
最近公開された「お帰り寅さん」では桑田佳祐が歌っていました。この曲を聴くとお正月を思い出します。

使用楽譜:@エリーゼ版(林知行編曲)
https://www.at-elise.com/elise/JPDPHA00260/

Digital Piano : ROLAND HP702
Recorder : Olympus LS-20M
Editor : PEGASYS TMPGEnc Vdeo Mastering Works 7

| | コメント (0)

2020-05-29

ピアノレッスンNo.202『若いってすばらしい』

昨年末の新日フィルジルベスターコンサートを聴きに行ったときにアンコールで演奏されたのを聴いて「ピアノで弾いてみたい!」って強く思ったのが始まりです。
その時に書いたブログがこちら

2019年大晦日、スターウォーズとジルベスターコンサート
http://guiter.cocolog-nifty.com/bare/2019/12/post-882f2c.html

宮川彬良さんがお父さんが作曲したヒット曲をアレンジ・演奏しているわけですが、YouTubeで探してみるとほとんど同じアレンジをオオサカ・シオン・ウインド・オーケストラを指揮して演奏しているものを見つけました。
自分でピアノに起こすのは無理かなあなどと思っていました、最近お気に入りのアレンジャーである林知行さんのブログにコメントでリクエストしてみたところ、快く引き受けていただけました!

@エリーゼで公開された楽譜を練習し、やっとなんとか公開できるまでに練習で来たという経緯です。

林先生、どうもありがとうございました。楽しいひと時でした。

使用楽譜:@エリーゼ版(林知行編曲)
https://www.at-elise.com/elise/JPDPHA00640/

Digital Piano : ROLAND HP702
Recorder : Olympus LS-20M
Editor : PEGASYS TMPGEnc Vdeo Mastering Works 7

| | コメント (0)

ピアノレッスンNo.201『東京オリンピックマーチ』

2020年東京オリンピックにちなんで昨年末から密かに練習していました。
日本のマーチの中では最も好きな曲で、聴いていると晴れやかな気持ちになります。
オリンピックの開催は延期になりましたが、NHKの朝ドラ「エール」で作曲者の古関裕而がモデルになっておりグッドタイミングでした。
私の技術の未熟さからテンポはかなりゆっくりですが原曲の持ち味は出せたのではないかと思います。


使用楽譜:@エリーゼ版(林知行編曲)
https://www.at-elise.com/elise/JPDPHA00597/


Digital Piano : ROLAND HP702
Recorder : Olympus LS-20M
Editor : PEGASYS TMPGEnc Vdeo Mastering Works 7

| | コメント (0)

2020-04-10

『時間術大全』読了

時間の使い方に関する本。ベストセラーの「アウトプット大全」にならってか「時間術大全」と題されているが、「大全」というように網羅を優先して書かれているわけではない。現代が「MAKE TIME」であるから「時間を作ろう」が直訳となり、こちらの方が本の趣旨をよく表していると思う。
Img_20200410_153258641_hdr
2人の共著になっていて、一人は元Google社員、一人が元YouTube社員。どちらも「元」だが、それは最後に明らかにされるように、時間を大切なものに割り当てていくと人生も大切なものに割り当てていくという生き方に変わっていくから。
Googleのジェイクが作家に、YouTubeのジョンがセイリングに生きがいを見つけていった。

ではどのような内容なのかというと4つのステップに分かれている。
1.ハイライト:毎日「最重要事項」を選ぶ。
2.レーザー:「気を散らすもの」を撃退する。
3.チャージ:体を使って「脳を充電する」。
4.チューニング:システムを調整、改善する。

つまり、毎日「今日、最も大切なやりたいことは何だろう?」と考え、そのための時間を作ることを最優先とする。
そしてその最優先の時間を有意義に過ごすための障害となるものを極力排除する。たとえばスマホの通知でついそちらに気を取られるのであれば、スマホからそのようなアプリを削除する。またはメールチェックは一日に一度決めた時間だけ行うなど、かなり大胆な方法を提案している。
次に大切な時間に最大限のエネルギーを発揮できるよう心身を磨いていく。最近よく耳にする、十分な睡眠や散歩など、生活習慣に関するものも多数紹介されている。
最後にフィードバックだ。合計86の戦術が紹介されているが、一つずつでいいので小さく試してうまくいったかどうかを確かめる。うまくいったものは習慣として自分のものにしていく。

いろいろ戦術は紹介されているが、まずは毎日「ハイライト」を決めて、それを実行することに全力を注ぐ、という生活スタイルを自分のものにしていきたい。本を読み進めながら実践しているが、心理的な安心感がうまれてきた。これだけでもこの本を読んだ価値があると思った。

| | コメント (0)

2020-04-05

ピアノレッスンNo.200『青春の輝き』


カーペンターズの名曲、前から弾きたかったのですが、3月はレッスンもお休みだったのでゆっくりと練習しました。キュンとするようないい曲です。

使用楽譜:「ポピュラーピアノ名曲全集2」ドレミ出版(松山祐士編曲)

Digital Piano : ROLAND HP702
Recorder : Olympus E-PL6
Editor : PEGASYS TMPGEnc Vdeo Mastering Works 7

| | コメント (0)

2020-04-02

インドレストラン「マンダラ」のカレーとバスの旅

世の中はコロナで静まっている3連休の最終日、実は都響のプロムナードコンサートの今年度最終公演の日だったのだが、中止となった。
それで、前から食べてみたかった神保町のカレー名店「マンダラ」に行ってきた。

Img_20200322_114927679_hdr
地下鉄神保町出口、神保町交差点からさくら通りを入るとすぐ左側のビルの地下にある。

Img_20200322_111227253
店内は広めで、コンクリート打ちっぱなしの壁がちょっとおしゃれ。開店間もない時間に入ったらすでに1組の客がいて、食べ終わる頃には8割くらい埋まる感じだった。

Img_20200322_111555186
注文したのはAランチ。タンドリーチキン、シシカバブ、ナン、サフランライスにカレー(ベジタブルにした)とデザート。
タンドリーチキンはよく焼いてあり、スパイスを楽しめる。一緒に注文したグラスビールによく合う。
カレーもやはりスパイスを活かし本格的で正道派という感じ。とてもおいしい。


Hashi68map
マンダラを出て、この日の後半はバス旅を楽しむ。
まずは三田線で内幸町に行き、新橋から出発した橋63系統、小滝橋車庫行に乗り込む。

Img_20200322_121934201_hdr
この路線は新橋のビジネス街から霞が関の官庁街、国会議事堂の真ん前、永田町と、お堅いエリアを前半に走る。

Img_20200322_122346467_hdr
赤坂見附の交差点をUターン。
この後市ヶ谷駅前を通り、新宿の牛込の狭い道を通り抜ける。牛込柳町バス停で乗り換えのため下車。

Shiro61map
乗り換えたのは新宿駅西口を起点として練馬駅まで結ぶ白61系統。目白駅前行く。

Img_20200322_125409835
10分に1本ほど走っている幹線路線だ。

Img_20200322_130522663_hdr
目白通りに入り椿山荘前を通る。この写真はその向かい側の東京カテドラル。

Img_20200322_131127151_hdr
ほどなく目白駅に到着。

昨日、今日と都バスから東京の街を眺める旅を楽しんだ。歩くよりもスピーディーに、なおかつクルマを運転するよりもゆったりと街を見ることができる路線バスの旅も楽しい。

| | コメント (0)

2020-03-28

勝間式超ロジカル料理

勝間和代さんの料理本「勝間式超ロジカル料理」を読んだ。
Img_20200328_154406888_portrait
昔は勝間和代さんというと、経済関係のテレビ番組や書籍などでよく目にした。このブログでも「お金は銀行に預けるな」という本の感想を書いたのが2007年のこと。

『お金は銀行に預けるな』
http://guiter.cocolog-nifty.com/bare/2007/12/post_f640.html

最近はYouTubeのチャンネルが面白くて毎日のように見ている。

勝間和代が徹底的にマニアックな話をするYouTube
https://www.youtube.com/channel/UCWoiNwdr7EEjgs2waxe_QpA

そんな勝間さんの活動の一つがロジカルに家事を行おう。その一分野としてロジカルに料理に向き合おう、というテーマがある。
この本はその「料理」についての本。

この本の本質は「まえがき」の冒頭を見るとよくわかる。

はじめに 鍋とフライパンを手放す勇気
「今よりもずっと、かける時間もお金も手間も少なくなるし、何よりものすごくおいしく仕上がる料理法があります」

ロジカルに効率を求めて料理に向き合うと、こうなるというのだ。
結果的によく言われているような、砂糖や加工食品を避ける糖質制限食に近いものになる。それが安くおいしく簡単にできるという内容だ。

この通りに行うのは最初は難しくてもできる部分は簡単に取り入れられると思う。例えば、勝間さんの影響でシャープのホットクックを最近導入した。これがとてもいいのだ。料理を低温でじっくりと熱を加えるこの調理器具、本当に簡単においしく出来上がる。もちろんホットクックをつかわなくても同じように料理はできるけど、材料を切って、放り込んでスイッチを入れるだけで最適な温度調整をしてくれるので、その間は別な仕事ができることを思うと、かけがえのない調理器と思う。

Img_20200328_163109848_portrait
我が家のホットクック

実際に、手洗いの方が汚れが落ちるかもしれないけどほとんどの人が洗濯機を使っている。釜炊きの方がおいしく炊けるかもしれないけどほとんどのひとが炊飯器を使っている。煮ものなどでも同じことが言えるのは道理だと思う。

この本にはそんな考え方や実際のやり方、具体的なメニューまでたくさん紹介してある。少しずつ取り入れていってみよう。

| | コメント (0)

2020-03-21

うな重と桜

久しぶりの東京。
ものすごく天気が良い3月21日(土)。うなぎと桜をテーマにぶらぶらしてきた。

Img_20200321_111422471_hdr
まずはJR市ヶ谷駅を降り、靖国通りを九段下方面へ。

Img_20200321_111504249_hdr
靖国通りは桜並木になっていて、とてもきれい。

Img_20200321_120047273_hdr
5分ほど歩いたところにうなぎ店「阿づ満や(あづまや)」がある。11時半開店となっていたが、10分ほど前に到着したところ「商い中」という看板が出ていたので中をのぞくと「どうぞいらっしゃい」と元気のいい声をかけていただいた。

Img_20200321_112517303_20200321205501
店内は落ち着いた和風だがまるでギャラリーのように数々の絵が飾られている。女将さんが説明してくださった。

Img_20200321_112632566_hdr
こちらは道路に面した東側にあるステンドグラス。
店内にはクラシック音楽が静かに流れていて「カフェ?」と思うほどだ。
カミさんは「マダム」と呼びかけられていた☺

Img_20200321_113407709
香ばしくシンプルなうな重。
居心地のよい店で食べるとおいしさ倍増だ。

Img_20200321_120254382
お店を出てちょっと歩くと長い塀が見えてくる。靖国神社だ。

Img_20200321_120840152
境内に入り、まずは本殿を囲むように整備されている散策路へ。

Img_20200321_121129150_hdr
神池庭園。

Img_20200321_121245166_hdr
庭園の周囲も桜が映えている。

Img_20200321_122710665_hdr
いよいよ拝殿で参拝。

Img_20200321_123101859_hdr
こちらは桜の標本木。気象庁が桜の開花宣言の標本としている木だ。

Img_20200321_123230767_hdr
遊就館を見学しようと思っていたのだけど、コロナウイルスのために休館中だった。

Img_20200321_123838566_hdr
気を取り直し売店へ行きお土産をゲット。

Img_20200321_125357139_hdr
田安門から境内を出るとそこは早稲田通りの開始点。ここから飯田橋、神楽坂、早稲田、高田馬場、落合、中野から上井草まで放射状に延びる道路だ。数年前に住んでいた高円寺の借家も早稲田通りが最寄りの幹線だったので親しみがある。

Img_20200321_132853704
靖国通りをさらに進み九段下へ。俎(まないた)橋で日本橋川を渡るとそこになじみの喫茶店「珈琲館専大前店」があり、立ち寄った。
夏のように暖かい日だったので、モカフロスティを注文した。

さらに靖国通りを進み、神保町の古書店街を通り、駿河台下の三省堂書店へ。数冊買い求めた。Amazonもいいけど、書店に行くと五感が刺激されるのを感じる。時々立ち寄りたいものだ。

Busmap
さて、九段下に戻り、都バス「高71系統」の始発に乗り、終点の高田馬場駅までバス旅で締めくくる。

Img_20200321_144339971_hdr
九段下を発車すると、左側にはお花見の人たちでにぎわう千鳥ヶ淵が見える。
さらに先ほど歩いた靖国神社を見ながら市ヶ谷まで靖国通りを遡る。

Img_20200321_144904406_hdr
市ヶ谷駅で神田川を渡る。

Img_20200321_145038409
そして防衛省の周りをぐるりとまわる。防衛省は高台の上に広がっている。敬礼!
女子医大を経由して明治通りに出ると、戸山公園を北上しほどなく高田馬場駅に到着。

今日は青空の広がる3連休の中日。美味しいうなぎをいただき、桜を観て、靖国神社にお参りし、神保町で書店めぐり。さらに路線バスで新宿区を縦断するという実に楽しい一日を過ごした。

| | コメント (0)

«恐ろしく垣根の高いキャッシュバック